2017年01月03日

魔法科高校の劣等生

みなさんこんばんは。

今回は、魔法科高校の劣等生について書こうと思います。

実は、去年から少しずつ読んでいまして、いまは16巻を読んでいます。

最初は「アニメも見たし、ライトノベルは読まなくても良いかな」と思っていました。しかし、実際に読んでみると、止まらなくなるくらいに面白いのです。

ただ、内容は時々とても難しくて、意味がわからなくなるときもあります。だけども、それでも面白いものは面白いのですね。魔法科高校の劣等生は、僕の大好きなライトノベルの一つとなりました。

ところで、この作品のアニメ第二期はいつ始まるのでしょうか。もう、楽しみで楽しみで、第一期も何度も見てしまいます。

そういえば今年の夏に映画が放映されるらしいですね。

今回は完全オリジナルらしいですね。16巻までに九亜という登場人物なんて出てきていませんし。

名前から察すると、「九」の文字が入っているということは・・・。う〜ん、僕の考えすぎでしょうか。

そういえば、この作品では、九の文字を持った登場人物は他にもいますもんね。

魔法科高校の劣等生は、数字に結構意味を持たせている部分が大きいと思います。というか、そんなことはこの作品を知っている人ならみんなご存知ですよね。

僕はこの作品で一番好きな男のキャラクターは、主人公である司波達也です。

とても若いのに才能に溢れていて、それなのに努力を怠らない。おまけにかなり強い。

こんなに最高の人物が、モテないはずはないですよね。というか実際にモテますよね。

ああ、僕も生まれ変わるなら、達也のような人間になりたいです(笑)。

そして、僕がこの作品の中で一番好きな女性のキャラクターは、七草真由美ですね。

だって、すごく可愛くないですか?

彼女の魅力は、時々人をからかおうとする、小悪魔的なところでしょうか。

確か15巻の彼女は、とても可愛らしく描かれていましたね(笑)。

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪
posted by ちょっとオタクなプー at 17:36| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 59巻 感想

みなさんこんばんは。

今回は、FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の59巻の感想を書こうと思います。

59巻では、ルーシィVSブランディッシュを見ることができますね。

そういえば、57巻くらいでも一度、この二人は戦っていましたよね。

今回はどちらが勝つのかなーと思ってみていたら、どうやらこの戦い自体が、ブランディッシュの演技だったようです。

ブランディッシュは、同じく12の一人であるマリーが近くにいることがわかったため、そのマリーから、ナツとルーシィを守るために、この演技の戦いを始めたのですね。

ブランディッシュは本当に優しいですね。そういえば初めてナツたちと会ったときも、一人も倒すことなくその場を去っていましたし。もしかすると、人を傷つけることが嫌いなのではないでしょうか。そんなことを思ってしまいます。

おまけに、ブランディッシュはとても可愛いですよね。僕の好みです(*´ω`*)

そしてそして、この巻ではナツとグレイが戦うことになってしまいましたね。

グレイはナツがENDであることを知ってしまい、それでグレイはナツを殺そうと考えてしまう。

本当に本当に、エルザがいなかったらどうなっていたのだろう・・・と思ってしまいます。

僕は、エルザがグレイとナツを止める場面が結構好きです。何だか感動的ですよね。

いまは敵が他にいるのに、仲間で争っている場合ではない。本当にその通りです。

時には争うこともあった二人だけど、結構仲良くやっていたナツとグレイが殺しあうなんて、誰も望んではいないのですから・・・。読者もみんなそうだと思います。

グレイとナツが目覚めたとき、もう戦うことはないでしょうね、きっと。エルザを悲しませたくはないから。

それにしても、グレイもナツも、かなり強くなりましたね。最初の頃と比べると、全く違うと思えるくらいに。

この二人が力を合わせれば・・・いや、フェアリーテイルのみんなが力を合わせればきっと、今回の戦いだってどうにかできる気はしますね。

あと、これだけは絶対に忘れてはいけないことがあります。

今回の59巻で、マカロフが死んでしまいましたね。

マカロフは、みんなを守るために、最強の魔法である妖精の法律(フェアリーロウ)を使い、その反動として・・・。

とても・・・とてもとてもとても・・・優しい人でした。

フェアリーテイルは、偉大な人を失ってしまいました。マカロフの死は大きすぎる・・・。

それと、今回は他にも重要な事実を知ることとなりましたね。

まさかゼレフに子供がいたとは。

そして、その子供の母親がメイビスだということにも驚きました。

いや、母親がメイビスだということは、確実には描かれていませんね。しかし、ゼレフの子供を生めるとしたら、同じ不死であるメイビスしかいないということも考えることはできます。

そしてこのゼレフの子供、ラーケイドはかなり強いですね。

果たして、ラーケイドは誰が倒すのでしょうか。もしかすると、オーガストが言う通り、メイビスが母親だとするならば、メイビスが倒すのかもしれません。

我が子を母親が倒す・・・。考えただけで悲しい物語になりそうですね。

ではでは、今回はこの辺にしておきます。

みなさん、良いお年を♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:44| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

宇宙兄弟の30巻が早く読みたい!

みなさんこんばんは。

どうも、今期のアニメが終わってしまったので、暇で暇で仕方がない僕です。

さてさて、本題に入りますか。

なんと、宇宙兄弟の30巻が1月23日に発売されるらしいですね。

前回発売されたのが9月23日とのことで、実に4カ月ぶりに新刊を読むことができるのですね。

ワクワク。ワクワク。ワクワク。

29巻のラストで確か、主人公の南波六太が危機的な状況のところで終わってしまいましたよね。

僕はそれを読んだとき、「これからどうなるの!?」「ここで終わりなの!?」と思っていたと思います。

実は僕は、モーニングは読んではいないのですけど、単行本なら全巻持っています。まあ、ほぼすべて電子書籍なのですけどね。

僕の30巻の希望としては、ロシアの宇宙飛行士として月に来ていた南波日々人に、六太が助けられるというのがあります。

しかし、それは結構難しいですよね。なぜなら、ロシア側が月に行くという情報もきっと、全世界に流れると予想できるし、こんなに早くに日々人が月まで行けるはずがないと思えますからね。

だけどもしも当たっていたら、それはそれで嬉しいですけどね。

ああ、30巻はどうなってしまうのでしょうか。どちらにしてもここで終わる六太ではないと思います。きっと、何かしらラッキーなことがあって、助かるのではないかと思います。というか、信じています。

それに、せっかく伊東せりかと良い感じになってきたのに、ここで終わりなんて悲しすぎますからね。

ああ、早く読みたい。読みたい。

1月は何かと楽しみが多いので、早く来年になってもらいたいですね(笑)。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:59| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする