2017年08月28日

ナイツ&マジックの9話『Force & Justice』の感想

みなさんこんばんは。

今回は、ナイツ&マジックの9話である『Force & Justice』の感想を書こうと思います。

9話でついに、エルネスティ・エチェバルリアたちが作った機体を、盗んだ国が判明しましたね。

その名も、ジャロウデク王国。

ジャロウデク王国は、盗んだフレメヴィーラ王国の技術を使い、次々と国を征服していきます。

やっぱり、エルネスティの頭脳が作ったシルエットナイトは、それだけ強い力を持っているということなんですね。さすがエル君!

それにしても、ジャロウデク王国の空を飛ぶ船は何なのでしょうか。あれもどこかの国から盗んだ技術なのでしょうか。それとも、自国で開発をしたもの?どちらにしても、あれは他の国からしたらかなり脅威でしょうね。エルネスティ並みの頭脳を持った人間がいるのかもしれませんね。

それから、今回のイカルガの戦闘力は素晴らしかったです。もうあれですね、最強過ぎて、作品内のパワーバランス的に大丈夫か?と心配になるくらいに強いです。あんな機体を操縦できるなんて、エルネスティがとても羨ましい!!

それに、デザインもすごく格好良いですね。まさにメカ好きが作った、自分だけの機体ってだけありますね。もう、世界最強の機体なのではないでしょうか。イカルガだけで、あの空飛ぶ船すら制圧できそうですね。

ちなみに、今回出てきた、クシェペルカ王国のエレオノーラ・ミランダ・クシェペルカは、すごく・・・すごーく好みです。

こんなに可愛い王女様なら、結婚したくなる気持ちもわかりますね。こういうキャラクターはとても大事なので、大事に大事に扱ってもらいたいです。

ところで、他の国のシルエットナイトがたくさん出てきた回ではあったのですけど、一つ疑問ができてしまいました。

たしか、シルエットナイトの心臓を作るには、アルヴの民の技術が必要なのですよね。(エルネスティは技術を自分で習得してしまいましたけど。)だとしたら、他の国にもアルヴの民と似たような種族が、またはアルヴの民がいて、心臓を作ってもらっているのでしょうか。そこのところが前々から気になっていました。

もし、アルヴの民がフレメヴィーラ王国だけにしか存在しないとなると、シルエットナイトの心臓は、フレメヴィーラ王国が他の国に渡しているとしか考えられませんからね。

こういった疑問点というのは、原作を読んでいたら解消できるものなのでしょうか。

まあ、作品というのは、こういった謎があるから面白いというのもありますけどね。

ところで、ステファニア・セラーティは、今度はいつ出てくるのでしょうね。実は結構好みなので、出てくるのを楽しみにしていたり、していたり、していたり・・・なんでもありません。

ではでは、今回はこの辺で♪

あ!ちなみに、ディートリヒ・クーニッツの戦いも良かったですよ♪

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

双星の陰陽師の12巻を読んだ感想。

みなさんこんばんは。

今回は、双星の陰陽師の12巻を読んだ感想を書こうと思います。

12巻が発売されたのは7月で、結構時間が経ってはいますけど、読んでいただければ嬉しいです♪

12巻は、御前試合がメインの話となっていて、十二天将から、そうでない者の戦いまでも描かれています。

また、午前は女子の部、午後は男子の部と分かれています。

つまり、女子と男子が戦うということはないということなんですね。とても健全です(*´ω`*)

僕はこの巻を読んでいて、やはり十二天将とその他の人とでは力の差がかなりあると感じました。やはり十二天将というのは、名だけではないということなんですね。強いからこそ、十二天将になれたのでしょうね。

さてさて、御前試合の内容に入っていきますが、今回の御前試合で僕が気になった戦いと言えば、音海繭良(おとみまゆら) 対 御幣島すばる(みてじますばる)の戦いですね。

正直なところを言いますと、繭良なんて十二天将相手に手も足も出ないのではないかと思っていました。それ程までに十二天将とは実力差がありますし、なにより繭良は修行を始めてからあまり時間が経っていませんから。

しかし、すばるに傷一つ付けることはできなかったものの、繭良はよくやったと思いますね。さすが天若清弦(あまわかせいげん)の娘。

しかも、この戦いによって、すばるは繭良を弟子にすることを決めますね。それだけ繭良に素質があるということなのでしょう。いやー、これから繭良はどれだけ強くなっていくんだろう。それもワクワクしてきますね♪

このままだと、化野紅緒(あだしのべにお)ではなく繭良と結婚した方が強い子供が生まれるのではないかとさえ思えてしまいますね。ただ、紅緒には秘密がありますから、双星の陰陽師に選ばれた理由は、力だけではないのでしょうけど。

さてさて、実はもう一つ気になった戦いがあったんです。

その戦いはもちろん、この作品の主人公である焔魔堂ろくろ(えんまどうろくろ) 対 水度坂勘久郎(みとさかかんくろう)の戦い。

正直なところ、ろくろがここまで強くなっているとは思いもしませんでした。

12巻の最後まで読んだ感じだと、このままろくろが優勢なまま続いて、ろくろが勝つとすると、本当に勘久郎は焔魔堂家に入るのでしょうか。そうなると、焔魔堂家は一気に最強になってしまいますね(笑)。

まあ、勘久郎は力を隠しているようですし、まだまだわかりませんけど。

ところで、焼きおはぎマンというのは・・・すごいですね・・・。ビックリです・・・。

いえ、引いているわけではないんですよ?ただ、ろくろはそれで良いのかなーって思っただけです。

だけど、焼きおはぎマンを式神呪装するとかなり強いですね。もう最強です!勘久郎は十二天将でも上の方の強さなのに、もうボロボロ。やっぱりろくろは強いんですね。

まだ勘久郎は本気を出していないみたいですけど、次巻ではどうなるのでしょうか。とても楽しみです♪

ではでは、今回はこの辺で♪続きを読む
posted by ちょっとオタクなプー at 19:46| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONSのエンディングについて。

みなさんこんばんは。

そして、とってもとってもお久しぶりです。

今回は、テレビアニメ『BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS』のエンディングについて語ろうと思います。

実は僕、今期のBORUTOのエンディングがすごく好きなんです。

何と言いますか、歌と映像がとても合っていると言いますか。

中でも一番好きなところは、サビに入る前の、涙を流していたサラダが何かを決意して、写輪眼になる場面ですね。

この場面、すごく格好良いと思いませんか?初めて見たとき驚きましたから。

歌と、写輪眼になる場面がとても合っていて、このエンディングを考えた人はすごいと思いましたね。大好きになり過ぎて、もう何回見たことやら(笑)。

また、その後の戦っている場面も大好きで、とても良くできたエンディングだと思うんです。

写輪眼で戦うサラダの姿は、とても格好良いし、チョウチョウの戦っている姿もとても格好良いです。

ちなみに残念ながら、BORUTOの原作は読んでおりません。単行本を買おうとは思っています。

アニメを見るまで、BORUTOなんて大した作品ではないだろうと僕は思っていたんです。だけど今では、毎週欠かさず見る程に大好きな作品になってきました。

本当に岸本先生って、いつまで僕をワクワクさせてくれるのでしょうね。もちろん、描いているのは他の人だと知ってはいますけど、ルーツはNARUTOですからね。

実は今日、BORUTOの映画をTSUTAYAで借りて見たんです。とても面白かったですね。テレビ放送版のBORUTOと少々イメージが違いましたけど、キャラクターも声優も同じ感じで、楽しんで最後まで見ることができました。

やっぱり僕はNARUTOが大好きで、BORUTOも大好きなんだなと思いましたね。

ではでは、今回はこの辺で♪

長い間ブログをお休みしていてごめんなさい。
posted by ちょっとオタクなプー at 19:33| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする