2016年01月20日

東京レイヴンズ 14巻 EMPEROR.ADVENT 感想 その1。

みなさんこんばんは。そして、お久しぶりです。

今回は、東京レイヴンズの14巻『EMPEROR.ADVENT』の感想をお届けしようと思います。

読んだ方はわかると思うのですが、14巻の1ページ目には、カラーの絵が載っています。

最初、夏目の後ろにいる人が、誰だかわかりませんでした。

いや、もちろん、大友先生であろうという予測はしていたのです。だけど、後ろ姿だったため、少々わかりづらかったです。

そして僕は、この人物が誰であるかは、物語を読めばわかると思っていました。

もしかすると、14巻では、大友先生は出ないのではないか。この人物は、大友先生ではないのではないか。などと考えていました。

だけど、その予測とは反し、ちゃんと、大友先生は最後の方に出てきました。とりあえずそこで、この人物が大友先生だとわかりました。

それでは、少々前置きが長くなりましたが、本編の話しをしたいと思います。

物語は、相馬多軌子の過去からスタートします。

この過去の話では、大連寺至道と倉橋源司が出てきます。

二人はどうやら、多軌子に会いに来ていたみたいです。そして、この時点で既に、神降ろしは計画されていたものだと思えます。

また、大連寺至道もいることから、既に大連寺至道は、倉橋源司とは共謀関係にあることもわかります。

というか、大連寺至道は、相馬の傍系(ぼうけい)なのだから、倉橋源司と組んでいたとしてもおかしくはないですよね。

そして場面は変わり、「彼」や「彼女」など、誰の会話かよくわからない話が続きます。

だけどもこの場面は、泰山府君と、相馬秋乃の会話。それに、とても重要な場面だと僕は思います。

そして、その場面は、秋乃は夢の中で起きたものだと解釈し、あまり記憶には残らなかったみたいですね。

そこから、目覚めた秋乃は、多軌子と出会い、現状を知ります。

どうやら秋乃は、禹歩を使った後、意識を失い、多軌子たちの隠れ家?に連れていかれたみたいですね。そして、秋乃が意識を失ってから、既に一晩が経っています。

つまり、その日は既に3月1日。天゙地府祭(てんちゅうちふさい)が明後日にまで迫っていました。

秋乃はそれから、夜叉丸と多軌子に連れられ、春虎の養父である、土御門鷹寛と、千鶴との再会を果たします。

だけどもどうやら、その中には、土御門泰純はいないらしく、別の場所に監禁をされているとのこと。

そして、鷹寛と千鶴の額には、鈴鹿と同じ、×印が描かれています。

僕はこの場面で、少し矛盾点があるのではないかと感じました。

作中では、「完全に呪力が封じられているのだろう」と書かれていますが、その前の場面では、夜叉丸が鷹寛に向かい、秋乃のことについて「君なら『視』ればわかるだろ」と言っています。

つまり、夜叉丸が言ったこととは、鷹寛にはまだ陰陽師としての力があるとしているようなものなのです。

また、なぜ、完全に呪力が封じられていたとしたら、この場面に矛盾点が生じるのかというと、それは十二神将の天海大善がその例です。

天海は、呪力を完全に封じられていて、そして、「視」ることすらできなくなっています。

もしこれが本当に矛盾点だとしたならば、是非、直してもらいたいです(*´ω`*)

そして、場面は変わます。

土御門夏目たちは、これからどうするかの話し合いを始めます。

この場面で、「私が悪い」や「俺が悪い」などの自分を責める台詞が、夏目たちから出てきます。

普段はそんなことを口にしないような、冬児ですら、弱気になっているのです。本当に追い詰められていることが、ここから伝わってきますね。

そこから夏目たちは、これからのことについて話し始めます。

それは、以前、倉橋京子に接触をしてきた、「月間陰陽師」の記者である、若宮里香を伝い、「月間陰陽師」をこちら側に抱き込む。それと同時に、冬児の父親であり、国会議員でもある直田公蔵を頼り、政府を動かす。という策を始める話しみたいです。

だけども、その記者とも、冬児の父親とも、連絡はなかなか取れません。

時は刻一刻と迫ってきているのに、思い通りにはいきませんね。

すると、冬児の携帯に連絡が入ります。

どうやらその相手は、冬児の母親。

冬児の母親は、直田公蔵と連絡を取り、アポも取ったみたいです。そして、母の店で、直田公蔵と会うことになります。




とりあえず、今日は感想をここまでにしておきます。

14巻は、内容が濃すぎて、どう書いていいのかわからず、読み終えてから1か月以上も経ってしまいました。

なので、少しずつですが、感想を更新していこうと思います。

今後もこのブログをよろしくお願いします。

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:40| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。の第2巻を読んだ感想。

みなさんこんばんは。

今回は、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の第2巻を読んだ感想をお届けしようと思います。

まず、感想を始める前に、このブログの読者の方に言っておくことがあります。

それは・・・戸塚・・・いえ、彩加ちゃんが超可愛い!!!!!!!!!ということを。

なんでしょうか、彩加ちゃんの可愛さ。本当に男の子なの!?というか、無意識に彩加に『ちゃん』を付けてしまう程に可愛いです。

そして僕は思いました。もし、渡航先生に実際に会うことができて、そして、一つだけお願いを聞いてもらえるとしたら、こう、お願いをしたいと。

『彩加ちゃんを実際に女の子にした物語を作って頂けないでしょうか!!』と。

実際にそれが叶ったら、僕は泣いてしまうでしょうね。もちろんその時に出る涙は、嬉し涙ですよ♪

ではでは、内容の方に入っていきたいと思います。

第2巻は、川崎沙希を中心とした物語という感じがしました。

だけども、葉山隼人を巡る男3人の熱い友情・・・?なども感じることができました(笑)。

それでは、まずは葉山の話に入ります。

葉山は、奉仕部を訪れて、とある依頼をしてきます。

それが、葉山の友人3人を罵ったチェーンメールを止めたいということ。そして、願わくば、そのことを丸く治めたいと。

だけども、そのチェーンメールを回していた可能性が高いのが、そのチェーンメールで罵られている3人の内の誰かということ。

そして、その理由を一言で表せば、『友達の友達』。つまり、葉山とその3人は友達だけども、その3人は、お互いに友達ではないということ。

つまり、こう書くとわかりやすいかもしれません。

葉山⇔Aは友達。

葉山⇔Bも友達。

葉山⇔Cも友達。

だけども、A、B、Cは友達ではなく、ただのクラスメイト。

この説明でわかっていただけましたか。

つまり、『友達の友達』ということですね。

だけどもなぜ、その『友達の友達』がそのようなチェーンメールを出すことになったのでしょうか。

それは、職場見学に近々行くこととなっていて、そして、その職場見学には、3人でしかグループが組めないということ。つまり、3人のグループを組む場合、葉山を入れて4人になるため、1人だけが仲間外れになってしまうのです。

まあ、『友達の友達』だから、こうなるのも仕方がないのかもしれませんね。

それから僕は、その『友達の友達』について、疑問に思いました。そのような関係の人って、僕は見た経験がないのですけど、実際にあるのでしょうか。

いや、よくよく思い出してみれば、同じグループの中に、お互いに会話をしていない人がいましたね。だけどもその人たちは、他のメンバーとは会話をしていました。

いま思えば笑えますね。この記事を書いていて、ようやくその人たちの考え?が理解できたかもしれません。

だけども、『友達の友達』が原因だということがわかったとしても、実際にチェーンメールを止めるにはどうしたら良いのでしょうか。

やっぱり、犯人を特定するしか、このチェーンメールを止めることができないのでしょうか。

そう考えるのは当然ですよね。だけども、八幡は違いました。

八幡は、葉山がそのグループから抜けてしまえば良いと考えたのです。

もう、このような考えができるって、渡航先生は凄すぎませんか?素直に尊敬してしまいます。

僕ならば、いくら時間を掛けても、この域には到達できそうにないです(笑)。

そして、この話は良い終わり方をしたわけですね♪

だけども、正直に、本当に正直に言ってしまえば、この物語の中心は葉山ではありません。

では、誰か?

もちろん、彩加ちゃんですよ(*´ω`*)

だって、可愛いのですもの。

では、次は川崎沙希の話ですね。

川崎は、どうやら進級してから不良になったみたいなのです。

川崎の弟の話しでは、川崎は朝の5時に帰宅をするようになったとか。

そして、川崎がそのようになったため、弟がそれを心配し、八幡の妹である、小町に相談をしていたのです。そして、その相談をしている時に、運良く奉仕部のメンバープラス彩加ちゃんが現れたため、この物語が始まりました。

まず、川崎を不良ではなくするために、アニマルセラピーなるものを雪ノ下は考案します。

つまり、『癒し』を使って、心を変化させるということでしょうか。

そして八幡は、自宅に飼っている猫を、小町に学校まで連れて来させて、そこから作戦がスタートしました。

その作戦の最中、雪ノ下は猫とジャレていました。

雪ノ下って、猫が好きなのですね。意外な一面ですね(*´ω`*)そういうギャップは僕は好きなのですよ♪

だけども、そのアニマルセラピーは失敗に終わります。

それはなぜかって?それは・・・川崎が猫アレルギーだから・・・。

まあ、作戦は失敗に終わったわけですけども、雪ノ下が可愛かったから良いですよね♪

それから、第二の作戦として、八幡や、川崎の担任である、平塚先生の力を借ります。

だけどもそれも撃沈・・・。平塚先生は、結婚のことを川崎に言われてしまい、とても落ち込んでしまいます。何だか・・・可哀想に思いました・・・。

そして話は移り、次は『エンジェル』という名の付いたお店を探すこととなります。

ちなみにそれはなぜなのかというと、その『エンジェル』という名前の付いたお店から、川崎宛に電話があったから。つまり、川崎は、『エンジェル』という名前の付いたお店で、働いている可能性が出てきたのです。

そしてまずは、千葉県内で『エンジェル』と名の付くお店を探し、近しいと判断できる店が2店見つかりました。

一つ目がメイド喫茶で、二つ目が、バー。

それで、一つ目の可能性である、メイド喫茶へと向かったわけなのですが、そこではとにかく、彩加ちゃんが可愛かったのです。

彩加ちゃんにメイド服を着させようとする材木座を、八幡が止めてくれなかったため、彩加ちゃんが八幡に怒っていたのです。

ああ、可愛い可愛い(*´ω`*)やっぱり彩加ちゃんがヒロインですよね♪

だけどもそのメイド喫茶には、川崎はいませんでした。

そこから、2つ目の可能性である、バーへと向かうことに。

バーは、どうやら高級なお店らしく、オシャレをしないと入れないのだとか。

そこで、オシャレをした八幡と、雪ノ下、由比ヶ浜が中に入り、川崎を探すことに。

そして、川崎を見つけることができました。

だけども、川崎を見つけることができたけれども、バイトを辞めさせるということはできませんでした。

そのバイトをやっている理由はもちろん、『お金』のためなのですけど、その理由を川崎は語ろうとはしません。

だけども八幡は、その理由を見抜いていました。そして、川崎に朝5時半に、『マック』というお店に来るように言いました。

そして、川崎がマックに着くと、なんと八幡の他に、雪ノ下、由比ヶ浜、小町、そして川崎の弟が来たのです。

それから八幡は、川崎がバイトをやっていた理由を示しました。

その理由とは、川崎の弟が中学三年生に進級したのを機に、塾に入ることとなった。そのため、川崎は、大学に行きたいのにも関わらず、大学に入るためには資金が掛かると考えます。そして、その資金を出すためには、兄弟に迷惑が掛かると考え、自らバイトをすることとしたのです。

その理由を知った八幡の妹である小町は、川崎が弟に迷惑を掛けるのを嫌がるように、川崎の弟だって、川崎には迷惑を掛けたくないと思っている。だから、そのことを理解してもらえると、下の子としては助かる・・・と言ったのです。

つまり、川崎は弟に迷惑を掛けたくないがために、自分を犠牲にしようとした。だけども、その事実を弟が知って、良い気分ではいられない・・・ということですね。

そして、この話は終わりです。

この話も、僕に『こういう視点もあるんだ』と考えさせてくれました。

それでは、少々長くなりましたが、今回はこの辺で終わりにしておきます。

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 22:37| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

明日発売!!♪

みなさんこんばんは。

いよいよ明日、東京レイヴンズの14巻が発売になりますね。

本当に本当に、すごく待ちましたよ。

表紙には、夏目と春虎と、多軌子が出ていますね。

確か13巻の最後では、秋乃がみんなを助けるために、禹歩で多軌子、夜叉丸、蜘蛛丸を遠くへと飛ばしたんでしたよね。間違えていたらごめんなさい。

14巻では、その続きということになりますよね。

あ、そういえば、EX3にも13巻の続きが描かれていたような。

う〜ん。やっぱり人間という生き物は、時間が経つと話を忘れてしまうみたいですね。今度また、1巻から読み返してみようかな。

あ!そうそう、今日の昼にアニメイトに寄って、14巻が売っていないか調べたのですけど、やっぱりまだ売っていませんでした。ということで、明日は改めて14巻を買いにアニメイトに行くと思います(*´ω`*)

何か特典があるのかな!?特典があると嬉しいな!!

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:08| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を読みました。

みなさんこんばんは。そして、お久しぶりです。

最近はあまり記事を更新しなくて申し訳ないです。

べ、べつに、読者の方が嫌いになったわけじゃないんだから!!(*´ω`*)

というわけで、今回は『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の第1巻を読んだ感想を書こうと思います♪

この作品は、今回初めて読んだわけなのですが、正直に言います。

おもしろい。

なんでこんなに面白い作品を、今まで読まなかったのか、不思議になるくらいに、面白かったです。

実は、この第1巻を買ったのは、3か月くらい前なのです。

それから、読むものがなくなったため、「そろそろ読んでみるか」という感じで読み始めたのが先週の金曜日。

だけど正直、読み始めて後悔しましたね。

もっと・・・もっと早くに読んでおけば良かったって。

そして、1巻を読み終えた僕は、早速アニメイトに行って、2巻目を買いました。そのくらいに面白い作品なのです。

ちなみに、アニメは1期、2期ともに見ていました。

さらに言えば、ビッグガンガンに漫画が連載されていたため、それも読んでいました。

ではでは、前置きが少々長くなりましたが、内容の方に入っていきます。

この作品はとにかく、笑える場面がとても多いです。

特に、比企谷八幡(ひきがやはちまん)の心の中で思っているところが笑えますね。

作者の渡航先生は、八幡の心情をどうしてここまで面白く描けるのでしょうか。僕は正直、「先生すごい!」と思いました。

並の作家で、同じ設定で、同じストーリーで、同じ登場人物だったとしても、ここまで面白く書けないのではないかと思います。

趣味で物書きをしている僕では、到底、先生の足元にも及びません。

この作品の文章を読んで初めて知った、作家の凄さですね。

さすが、『このライトノベルがすごい!』を連覇しただけのことはありますね。

それに、累計発行部数が500万部以上らしいですよ。

恐ろしいですわ、この作品。まあ、これだけ面白かったら、売れるのは必然だとは思いますけどね。

あ、話しが逸れてしまいました(笑)。

第1巻で一番印象的だったキャラクターは、何と言っても材木座義輝ですね(笑)。

実は僕は、アニメの最初の何話くらいか見ていないことがあって、それで材木座が急に話に出てきたものだから、この人誰なの?奉仕部の人なの?とずっと思っていたのです。

だけども、原作を読んで初めて材木座について知ることができました。

つまり、簡単に言ってしまえば、八幡のぼっち仲間ということですね。

八幡と材木座は、二人とも友達がいないため、体育ではペアを組む相手がいない。

だけども、ぼっちとぼっちでペアを組むことにより、互いを助け合っていたんですね。

確かに、ペアを組む人がいないというのは、とても寂しいです・・・。八幡と材木座の気持ちは痛いほどわかるよ。

そして、雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣よりも、ヒロインぽい男の子がいました。

その名も、戸塚彩加・・・ちゃん(*´ω`*)

え!?あんなに可愛いのに、女の子じゃなくて、男の子なの!?そのことに僕は衝撃を受けました。

八幡も、その現実を素直に受け入れることができていないようでしたね。

そりゃーそうでしょ。その辺の女の子よりも、圧倒的に可愛いのだから。

だけど、なんで彩加ちゃんは八幡にあんなに優しいのでしょうか。

1巻を読んだだけではあまりわかりませんでしたね。

もしかすると、由比ヶ浜のように、過去に何か接点があるのでしょうか。名前も覚えていましたし。

う〜ん。アニメでも、そういうのを見なかった気がするし、そもそも、彩加ちゃんは誰にでも優しいから、八幡にだけ優しくしているように見えるのかな?とも思えちゃいますね。

ああ、彩加ちゃん・・・可愛いよ・・・可愛いよ・・・女の子だったら良かったのに(*´Д`)

ではでは、彩加ちゃんの話しができたので、今回はこの辺にしておきます♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:52| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

東京レイヴンズEX3 『memories in nest』 を読んだ感想。

みなさんこんばんは。

今回は、東京レイヴンズEX3『memories in nest』を読んだ感想をお届けします♪

最初に言っておきますが、ネタバレをして、読者の方の読む気を削ぐのが嫌なので、とても簡単な感想となっています。

ではでは、早速。

まず、表紙について触れたいです。

表紙の夏目は、陰陽塾の女子の制服のようなものを着ていますが、この姿は今回の内容とは関係がありません!!

僕はこの表紙を見て、もしかすると夏目が女子だということがバレてから、女子の制服を着た夏目と春虎がデートをする話でも書いたのかな!?と思っていました。だけども、違ったみたいで・・・少し残念です。だけども、その残念な気持ちをひっくり返すくらい、内容が濃くて良かったですよ♪

今回の話では、以前にドラゴンマガジンに掲載された4話に加え、この巻オリジナルの作品が2話載っているみたいです。

ちなみに、プロローグとエピローグを加えれば、合わせて8話構成となっておりますね。

まず、プロローグでは、天馬が中心の、3度目の入学式の話です。

そして次は、記念すべきEX3の第一話、タイトルは『渋谷ランナウェイ』となります。

第一話では、鈴鹿にイジメられていた頃の、春虎と夏目の話が書かれています(笑)。

この話は本当に二人が可哀想でしたね(笑)。僕は、鈴鹿が二人に執着し過ぎだとも思いました。そして、鈴鹿の行動は、二人に恐怖を植え付けていましたよ。恐ろしい(*´Д`)

まあ、この話を簡単に言ってしまえば、鈴鹿という恐怖の存在から、必死に逃げる夏目と春虎の話です。

では次は第二話、タイトルは『夏目忍法帖』となります。

この話は、『ことニン』というクロスワードパズルを使った、ソーシャルゲームに夏目がハマってしまうお話です。

この話は本当に笑えました(笑)。夏目の真面目な性格が良くわかる話でもあるのですが、とにかく夏目が段々とおかしくなっていくんです。本当にすごかったですね(笑)。

そして、冬児の最後の言葉が印象的でした(笑)。

では、続いて第三話のタイトルは、『式神行進曲』です。

夏目が落としてしまった生徒手帳を探し、てんやわんやするお話です。

この話では、いつものメンバーである、春虎、夏目、冬児、天馬、京子が夜の陰陽塾の中で、夏目の生徒手帳を探すこととなるのですが、とにかく夏目がすごく必死でした。

夏目って本当に可愛いですね(*´ω`*)

ところで・・・あれ?いま気が付いたのですけど、今回の三話とも夏目がすごく絡んでいますね!!書いていて気が付きました。

では、第四話!タイトルは『コン! コン! コン!』です。

この話は、みんなのアイドル、コンちゃんが中心のお話となっております。

この話の感想を書いても良いのですけど、どこを書けば良いのか悩んでしまいますね。ということで、これは読者の方で確かめてください(*´ω`*)

だけど、これだけは言いたいです。コンちゃんが・・・可愛く描かれていますよ♪

そして次は、『インターミッション』というお話です。

この話では、角行鬼と、早乙女涼が、馴染みのバーで会話を楽しむお話です♪

では、続いて次のタイトルは、『ザ・ナイト・ビフォー・トライアングル』です。

この話は、夜光がまだ生きていた時に、夜光と角行鬼が初めて出会ったときの話です。

また、この話では、夜光の妹である、土御門小翳(つちみかどこかげ)という人物が、東京レイヴンズシリーズの中で、初めて登場してきます。

小翳は、とても兄想いの、とても良い妹なんです♪

まあ、だけども、時代が違いますからね。現在では生きていないか、またはおばあさんか・・・。時の流れというのは残酷でして。

ちなみにこの話では、まだ少女だった飛車丸の戦闘シーンがとにかく格好良く描かれています。

それと、飛車丸が昔、どのような立場だったのかも知ることができます。

なかなか面白い話となっていますよ♪

続いては、この巻の最後となる、エピローグ。

この話は主に、13巻の続きが書かれていました。

話の続きが気になっている方は、数ページですが、読んでみても面白い思いますよ♪

ではでは、感想はこの辺にしておきます。

今回は、ネタバレがあまりないように配慮はしたつもりでしたが、いかがでしたでしょうか。もし、書きすぎていたら申し訳ないです。

ではでは、今回はこの辺で♪

あ!ちなみに、14巻について、近日発売予定と書かれていましたよ!!

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 21:35| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする