2016年02月03日

東京レイヴンズ 14巻 EMPEROR.ADVENT 感想 その5。

みなさんこんばんは。

今回は、東京レイヴンズの14巻『EMPEROR.ADVENT』の感想、その5をお届けします。

この場に集まった十二神将の中で、恐らく山城隼人と同等か、それ以上の強さであろう弓削麻里が、宮地磐夫の元へと向かっていきます。それを止めようと、山城は、この中では一番の年長者である三善十悟に向かって、「止めるべき」だと呼びかけます。しかし、このような状態になった弓削は、「どのみち戦力としては期待できない」と三善は言います。

この場面の会話で僕は、弓削を追いかけないことがこのメンバーの決定事項になったのだと思いました。しかし、その後に三善と山城は、宮地の元へと現れます。恐らく、山城が三善に意見したあとの「わかっています」という発言が、その後の伏線になっていたのでしょうね。

また、この場面で、気になる発言を、優秀な見鬼の才を持った3人が言っています。その発言は、「誰か」を見つけたようなものでした。僕はこれを読んだとき、「誰を見つけたんだ?」と思いましたが、春虎たちのことだとその後にわかりました。

そして、場面は変わり、春虎サイドへ。

春虎は、昨夜に引き続き、「局舎」へと侵入を行っています。今回は、「目黒支局」のようです。

この場面の内容から、どうやら目黒支局内の結界を破壊しているようです。だけども、この「結界」を破壊するという行為は、恐らくこういうことだと思います。それは、後になってわかることなのですが、春虎たちは、「守人」によるネットワークを妨害します。そして、「結界」を破壊することは、その妨害をするための術式を隠すための「フェイク」だと僕は思うのです。というか、14巻の中に書いてあったらごめんなさい。

そして、春虎と角行鬼は、目黒支局を脱出しようとしますが、そこで、会いたくない人物に会ってしまいます。そう、鏡伶路に。

僕はこの場面で、物凄い呪術戦が繰り広げられるのだと思いました。だけども実際には、春虎と鏡は、戦うことはありませんでした。

僕はとりあえず安心をしましたね。ここで鏡と戦ってしまい、時間が経ってしまえば、霊災修祓に出動していた部隊が到着をしてしまい、マズイ状況になりそうですから。鏡が今回は大人しくしてくれて、一安心です。

また、この場面で僕は、鏡の「明日は楽しもうぜ」との台詞に、嫌な予感がしました。「また・・・鏡が余計なことをしてきそう・・・」という予感が。

場面は変わり、ここから5章に入ります。

5章の始めに書いてあるのは、恐らく宮地のことでしょうね。この場面を最初に読んだ時には、何のことかわからないと思います。ということは、これも伏線だったのでしょうか。というか、こういう章の始まり方は、あざの先生はよくやっていますよね。おまけに5章は、宮地の章と言っても過言ではないと僕は思います。

場面は変わり、宮地の話へ。

20分の仮眠を終え、宮地が目覚めてから色々と考えていると、ドアがノックされます。

そのドアをノックしてきた人物は弓削だと、宮地は「視」ることにより、すぐに気が付きます。

そして、この時点で、弓削の「要件」については、宮地はある程度予想はしているようですね。

それから弓削がドアを開け、中に入ると、宮地は改めて弓削を「視」ます。すると、先ほど見たときには気づかなかったことに気が付きます。それは、国家一級陰陽師である弓削の霊気が、完璧に制御できていない程に、乱れているということ。

この時点で弓削が何かを知っていると、宮地は見破っていますね。

そこから宮地は、弓削に向かって一芝居をすることに。

その芝居は、「自分は無関係だ」とするものではなく、弓削の「反応」を見るためのもの。

案の定、弓削は反応を見せます。そしてその言葉の最後に、「このことを言えば弓削は『納得』できるのか」と、問います。

僕はこの場面・・・すごく大好きなのです!!この場面を書くために、僕はこの感想を書き始めたと言っても、過言ではありません。

信頼する上司である宮地に、裏切られた弓削。

もう、考えただけで、あざの先生すごい!!と思いますね。この場面は本当に興奮しました。

そして宮地は弓削に向かい「未熟者」と言い放ちます。

「滋丘なら」とか「木暮なら」とか「鏡なら」とか、同じ十二神将なら、こういう行動を取るだろうという例を示します。

宮地は、弓削に現実を突きつけます。本当に宮地・・・格好良い!!

それから宮地は、弓削に向かい、甲種言霊を放ち、一言。

「解呪してみろ」

このあと、どんなことが起きるのか、わかっていて、この場面を読むと、鳥肌が立ちますね。何というか、東京レイヴンズの中で一番好きなキャラクターが、宮地になりそうで怖いです(笑)。

そして宮地は、弓削を仲間に入れようとする「振り」をします。本当に仲間に入れる気があるなら、このような行動はしませんよね。

そこからは、何度も宮地は、弓削を勧誘する「振り」をしますが、ひたすらに弓削は断り続けます。

それから宮地は、とある筋書きを思い浮かべ、実行へと移します。弓削を拘束するという「振り」を行います。

その瞬間、山城がこの場に現れます。

山城が現れ、山城は呪術を放つのですが、ここでも宮地は冷静に対処をします。やり過ぎてしまえば、筋書き通りには行かなくなりますから。

宮地はそれから3つ数え、山城の放った呪術を焼き払います。本当に、宮地は弓削には甘いのかもしれませんね。可愛い可愛い部下ですからね。マリリンと呼ぶほどに可愛がっている部下ですからね。

筋書き通りに事は運び、この出来事が終わろうとしている時に、まさかの来訪者。それは、三善だったのです。

三善は宮地の芝居にも気付いていて、宮地はとても恥ずかしい思いをしたのでしょうね(笑)。

そして、この場面は終わりを迎えます。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 21:19| Comment(4) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

東京レイヴンズ 14巻 EMPEROR.ADVENT 感想 その4。

みなさんこんばんは。

今回は、東京レイヴンズの14巻『EMPEROR.ADVENT』の感想、その4をお届けします。

弓削麻里は、宮地磐夫に電話を掛けたようですが、繋がらなかったようです。

弓削は、「月刊陰陽師」が公式サイトに掲載した、陰陽庁への告発記事を見て、とても心配になっているようなのです。

その気持ちもわかります。なぜなら、その記事には、行方不明となっている「神扇」天海大善が出ていたから。

天海は、弓削の記憶よりもずっと痩せていて、額には×印もあります。

弓削が最も注目をしたのは、その×印の方。このような呪印を扱えるのは、倉橋源司ただ一人。そのことが、この記事への信憑性を高めたみたいです。

そして、この記事から天海について考えられることは、二つ。

一つ目は、天海は双角会の一員であり、陰陽庁の裏切り者だったという可能性。

二つ目は、天海が本当に真実を語っているという可能性。

そして弓削は、不安になり、上司である宮地を頼りたいと思い、電話をしたのです。

弓削は、十二神将とは言え、まだまだ24歳の女性。自分よりもずっと年上である宮地に頼りたいという気持ちは、とてもわかります。

それから、幸徳井白蘭(かでいびゃくらん)から、着信があります。

この時に弓削は、その着信が宮地からだと瞬間的に思ったのですけど、残念ながら白蘭からのものだったため、電話を取るか、少し迷ったようです。だけども、弓削は誰かとこの話しに共感したいと考え、出ることを決めます。

この電話の時点で、幸徳井姉妹、三善十悟、山城隼人、若宮里香は、同じ部屋に居たのでしょうね。あ、それと忘れてはいけないのが、烏天狗も居るということですよね。

そして、この電話を弓削にしてきた目的が、弓削をこのメンバーの仲間に入れようとするもの。

僕は、この場面の会話で、幸徳井姉妹も、何かを知っているものだと感じました。だけども、まさか三善たちと合流しているとは思いませんでした。まあ、弓削との会話で、話しが噛みあっていませんでしたからね。

それから場面は変わり、夏目たちの話になります。

「月刊陰陽師」が出した陰陽庁への告発記事の情報が、広まりつつあるようです。

ただ、大連寺鈴鹿は、そのことに納得しておらず、「自分が出ておけば、もっとニュースに大きく取り上げられていた」と言っています。

鈴鹿のその気持ちはわかります。だけども天海は、今回の件では、鈴鹿が出ることは「向かない」と思っています。

鈴鹿は、呪術界のアイドル。そのため、この件で鈴鹿が出てきたところで、真面目に扱われないどころか、自分たちの狙いとする層から、まともに扱われなくなる可能性だってあるわけです。

天海は、本当に色々なことを考えていて、すごいと感じますね。

僕も、この件に関しては、鈴鹿が出ないことについては賛成です。

それから、夏目たちの話題は、春虎のことへと移ります。春虎が、サイトを更新する前に行った、新宿支局への攻撃について。

鈴鹿はこのことについて、「タイミングが悪い」と言っていますね。

確かにその通りです。だけども、この新宿支局への攻撃は、これから辿る物語への重要なポイントとなるため、仕方がなかったのですけど。

それから、場面は変わります。今度は、相馬多軌子サイドへ。

夜叉丸はどうやら、インターネット上での告発に、驚いているようです。

それは驚きますよね。こんな形で告発をされるなんて、予測できませんから。

そして、天海がこういった行動を取ったのにも関わらず、夜叉丸たちは、天海側に「証拠」と呼べるものがないことを見抜いているようですね。

ただ、天海の性格から、これだけで終わるとは考えられないことも、夜叉丸たちは考えています。さすが、天海ですね♪

それから、場面は変わります。今度は、弓削の話へ。

この場面でついに弓削は、幸徳井姉妹、三善、山城、若宮、烏天狗に会い、知ってしまいます。これまでに、何が起きたのかということを。

弓削はどうやら、茫然自失(ぼうぜんじしつ)となったようです。つまり、このメンバーの話を聞いて、我を忘れてしまった状態ということです。

それから、このメンバーは、弓削を「戦力」として協力させるために、弓削を呼んだことを話し始めます。そして弓削は問います。「室長は?」と。

弓削にとって宮地は、とても頼りになる存在であり、居てくれるだけでも、とても安心感がある存在でもあるのです。

だけども、宮地は敵側の人間。

そのことを知った弓削は、宮地に電話を掛けます。だけども、繋がらない。

そして、三善が弓削に向かい、言います。

「室長は本部に戻られた」と。

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪

なんか、これを書いていて思ったのですけど、これって本当に「感想」ですか?僕は何か間違っているのではないでしょうか。

う〜ん。頭が痛い。いえ、僕の頭が悪い。

もし、よろしかったら、この感想に対する意見などを下さると、大変うれしいのですけど・・・。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:38| Comment(2) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を6巻まで読み終えました。

みなさんこんばんは。

今回は、俺ガイルこと、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』を6巻まで読み終えたので、その感想を書こうと思います♪

僕は、俺ガイルを6巻まで読んでみて、思ったことがあります。それは、主人公である比企谷八幡は、「人が嫌い」だと言っているけれど、本当は誰よりも、人に優しくしたいのではないかと。

八幡は今まで、色々と、人に裏切られてきたことを語っています。

自分をプロのぼっちだと語る程に、八幡はぼっちだと、僕も思います。

だけど、そんな経験をしてきたからこそ、人に優しくできる。

6巻での八幡は、自分だけが悪役となり、周りを良い方向に導いています。

もし、八幡が何も行動をしなければ、文化祭が失敗していた可能性だって十分にあります。もしくは、雪ノ下雪乃が、限界を越えていた可能性もあります。

八幡は、こういう発言をしたら、自分が悪役になることなんて、十分に理解ができていたと思います。

だけども、自分一人だけが悪役となり、周りが良い方向に進むのならば、八幡はそれで良いと考えたのです。

八幡の行動はまさに「自己犠牲」と言えると思いますね。

自分だけが全てを背負い、自分だけが傷つく。本当に人のことを思っていなければ、ここまでの行動はできないと僕は思います。

だから僕は、八幡は本当に優しい人間だと思うのです。

そして、もし仮に、八幡が性格の悪い人間ならば、そもそも、文化祭実行委員で仕事をしていた可能性すらないと思います。

グチグチ文句を言いながらも、八幡はちゃんと仕事をしていました。

なのに、八幡が相模南に対する非難を口にした場面では、大勢の人物が、相模ではなく、八幡だけを非難する。

本当に世の中というのは、理不尽だと思いますね。

本当に咎めるべきは、相模の軽率な行動でしょう。

相模は、実行委員長だったのにも関わらず、仕事のほぼ全てを雪乃に頼っています。

雪乃は、体調を崩す程のハードワークを行っていたのにも関わらず。

そして、文化祭の終わりには、構ってほしいがために、周りに迷惑を掛ける。

そんな相模を、八幡は結果的に救ってしまう。自分をまた悪役にして。

6巻は、色々と考えさせられますね。

そして、このような出来事が本当に現実で起こる可能性があるから、さらに面白いのでしょうね。

本当に、渡航先生はすごいと思います。

ではでは、今回は短めの感想でした。

ではでは♪

あ!ちなみにちなみに、戸塚彩加は本当に可愛いですね(*´ω`*)

確か、4巻だったか、5巻だったかに、「魔法少女とつか☆サイカ」という考えが、八幡の心の中にありましたね。そして、某サイトでは、その画像があるのですよ(笑)。

僕は・・・アリだと思います(*´ω`*)

というか、彩加の可愛さは、並みの女の子では勝てませんからね(笑)。

ではではこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:32| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

東京レイヴンズ 14巻 EMPEROR.ADVENT 感想 その3。

みなさんこんばんは。

今回は、東京レイヴンズの14巻『EMPEROR.ADVENT』の感想、その3をお届けします。

土御門春虎と角行鬼は、突然に、陰陽庁新宿支局に現れます。

祓魔官になって1年目の「彼」は、土御門夜光の転生者である春虎と、その式神である角行鬼を見て、何を思ったのでしょうか。

この項では、二人が現れたときの「彼」の行動などは描かれてはいませんでした。だけども、僕が「彼」ならばきっと、手も足も出せないことを瞬間的に感じ、何もしないのではないかと思います。さすがに祓魔官になってから1年目で、この二人と戦う気にはならないと思います(笑)。

それにしても、この時の春虎の台詞はとても格好良いですね。この場面を読んだ時、これから春虎が何をやるのかと、とてもワクワクしましたから。

そして、この場面での春虎の行動には、ちゃんとした理由があったわけなのです。だけど、それを知らなかった・・・いえ、知ることができなかった夏目たちにとっては、この時の春虎の行動は、あまり良くは感じられませんでしたね。

それから、いよいよここから二章の話となります。

二章の一節目から早速、倉橋源司がなぜ、このようなテロのような行為を始めたのか、その原因となる部分が明かされます。

その原因となったのは、倉橋源司の父が抱いていた、陰陽道に対する強い志だったのでしょう。

その志を引き継ぎ、いまの倉橋源司があるのだと思います。

また、倉橋源司という人物は、母であり、倉橋家の前当主である倉橋美代よりも、倉橋家の嫡男(ちゃくなん)として生まれた父を尊敬していたのでしょうね。そのことが、この場面から見て取れます。

そして、場面は変わり、今度は、倉橋源司と、土御門家現当主である土御門泰純との対話が実現します。

土御門泰純はどうやら、民家の一室に軟禁をされているみたいです。そして、この場面からは、土御門鷹寛や、千鶴とは異なり、呪力が一部だけなのか、完全には封じられていないことがわかります。

それは、土御門家が、倉橋家の宗家であることと関係しているのでしょうか。それとも、土御門泰純には何かを起こすことができる力がないため、そのような措置をされているのでしょうか。

どちらにしても、軟禁をされている状態では、いくら土御門泰純が優れた星読みだとしても、あまり意味をなさないですね。

また、土御門泰純が倉橋源司にかけた最後の言葉は、何だか切なくなってきます。

土御門泰純は、倉橋源司を止めたかったのでしょうね。

場面は変わり、滋岳俊輔の話となります。

ちなみに「滋岳」と書いて、「しげおか」と読みます。

僕は、この「滋岳」という漢字の読みをなかなか覚えることができなくて、確か、違う読み方をずっとしていたと思います。

東京レイヴンズでは、時々難しい漢字のキャラクターが出てきますから、読むときに困ることがあります。例えば、幸徳井(かでい)姉妹や、弓削(ゆげ)独立祓魔官など。

だけども、読み方さえわかれば、一つ、漢字の知識が増えたことになって、得ではありますよね♪

少し話しが逸れましたが、滋岳の話に戻ります。

滋岳は相変わらず、軍人みたいな感じですね。そして、イメージ的にはとても頑固。だけど、確か、部下からの信頼はとても厚かったのですよね。僕は正直、こういう上司は苦手ですけど(笑)。

この場面ではじめて、滋岳の新しい機甲式である「モデルFAR・Ver7」が出てきます。

滋岳は、この機甲式「FAR」を自由に使えるわけですから、相当に強いですよ。それで、どこかで、滋岳VS宮地磐夫を実現してもらいたいですね。そういうバトルものをあざの先生がもし書いたのならば、是非読みたいです。

また、この場面で、1章の終わりにあった、土御門春虎と角行鬼による被害状況が話されています。

滋岳は、色々とこの二人の行動を推測はしているのですが、答えは見つかりませんでした。

それから、この場面で滋岳は、「月刊陰陽師」のウェブサイトのことを知ります。

どんどんどんどん、話が繋がっていって、本当に面白いです。

それでは、今回はこの辺にしておきます♪

何だか、この感想は「その10」を越えてしまいそうな予感がしてきました。

それだけこの14巻の内容が濃いということでしょうね。

これからも、このブログをよろしくお願いします♪

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 18:45| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

東京レイヴンズ 14巻 EMPEROR.ADVENT 感想 その2。

みなさんこんばんは。

今回は、東京レイヴンズの14巻『EMPEROR.ADVENT』の感想、その2をお届けします。

「月刊陰陽師」の編集長である古林は、若宮里香からの連絡を待っていました。

若宮里香は、古林に一通のメールを送っています。その中身はというと、明後日に予告されている霊災テロの真の黒幕が、倉橋源司であるという、信じられない内容のもの。

だけども、そのメールの内容は、古林が数年前から陰陽庁に抱いていた疑惑を、すべて解消させるものだったのです。

まさか、この一通のメールが、後々、大きく物語を進めるとは思いませんでしたね。

もし、このメールがなければ、倉橋京子が若宮里香あてに掛けてきた電話を、古林は取らなかったのではないかとさえ思えます。

さらに言えば、このメールのおかげで、「月刊陰陽師」のウェブサイトに告発の記事が載ることもなかったのです。

東京レイヴンズは、色々と仕掛けがあって、本当に面白いですね(*´ω`*)

場面は変わり、阿刀冬児が、国会議員であり、冬児の父親でもある、直田公蔵と会う話に。

当初、天海大善も同席するはずだったのですが、「月刊陰陽師」とのことがとても上手くいったため、そちらに出向くこととなります。

つまり、冬児は一人で直田公蔵を説得しなければならないのです。

僕はこの時点で、「冬児だけで大丈夫か!?」と思いました。なぜなら、相手は大物政治家であり、一つの党の幹事長まで務めている男なのですから。

冬児は、直田公蔵と会い、早速、「取り引きがしたい」と持ち掛けます。

そして冬児は、直田公蔵に紙を渡し、読んでくれるよう促します。

その紙を読み終えた直田公蔵は、冬児と少しばかり会話をした後、この「取り引き」に対する見返りを求めます。

冬児が言うには、その見返りとは、その情報そのもの。

現在野党である、直田公蔵が幹事長が務める自主党は、この情報によって、与党である新民党に大ダメージを与えられるのです。

だけども話しはそう簡単ではないのです。その情報そのものが、証拠がなく、虚偽である可能性があるからです。

その後、冬児と直田公蔵との会話、冬児の心情などが続きます。

僕はこの場面を結構面白く読んでいました。

内容はとても真剣そのものだったのですけど、冬児と直田公蔵の頭脳戦?とでも言うのでしょうか、頭が良すぎる会話で、心がウキウキしました。

そして、「頭が良すぎる会話」と表現している僕は、「頭が残念な人」みたいになりそうですね(笑)。

それから、この場面で「最中案件」という言葉が出ます。

この言葉の意味は、この時点ではわかりませんでしたね。

最中案件!?そんな言葉あったっけ!?と、ちょっと頭の中に疑問符がたくさん浮かびました。

これがまさか、伏線だったとは思いませんでしたけど(笑)。

場面は変わり、三善十悟と山城隼人の話になります。

この時点で、三善十悟と山城隼人は、陰陽庁長官であり、祓魔局局長である倉橋源司に何かしらのことを思っていたのでしょうね。

そして、元特別霊視官として、「視」る力に長けている三善十悟は、何かを「視」ます。

そこから二人は、行動を開始することとなります。

まず二人は、夕食時ということで、外に出ます。

二人は外に出たのですけど、後ろから陰陽師がつけていることに気が付きます。そして、山城隼人は、その陰陽師を倒します。

やっぱり、山城隼人も十二神将ですよね。並みの陰陽師では、相手にすらなりません。それに、尾行をしていることに気が付かれている時点で、その陰陽師にはもともと勝ち目がなかったと思いますね。

というかそもそも、三善十悟を欺くことって、春虎でもできるのでしょうか・・・。恐らく、無理ですよね。

そう考えると、最初から尾行なんて意味がなかったようなものですね(笑)。

このコンビは結構良いかもしれません(*´ω`*)

その後、三善十悟と山城隼人は、若宮里香と烏天狗(からすてんぐ)に会います。



今回の感想は、この辺にしておきます。

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:48| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする