2015年07月06日

君はもういない。

かつて僕には、大親友がいた。

そいつの名前は剛。

僕の家に剛と一緒に居るときに、どうでもいいことで喧嘩をして、そして、二度と会えなくなった。




「なあ、2組の恵ちゃんって超可愛いよなー。」

いつものように僕と剛は、どうでも良い話しをしていた。

「え?僕は2組なら景子ちゃんが一番好きだけど?」

「いやいや、恵ちゃんだって。俺は間違いなく学校で一番可愛いと思ってるぜ。」

「え?恵ちゃんって普通じゃん。というかお前って、ストライクゾーン広いのな。」

この発言の何がいけなかったのか、剛は急に怒りだし、「お前は絶対に許してやんねー。」と言って、走って僕の家から出て行ってしまった。

それから3週間、僕が話しかけても無視される日々が続いていた。

謝っても謝っても、許してもらえる気配がない。

もう完全に嫌われてしまったのだろうか。僕は学校に行くのが段々と嫌になってきた。だけど、諦めてはいなかった。いつか許してもらえて、そしてまた二人で馬鹿なことを話せる日が来ると信じていたから。

そんなある日だった。自宅に、剛の家から電話があった。

「はい、山本ですけど。」

「・・・。」

「剛?剛だよな?なんか言えよ。」

「山本くん。私は剛の母です。落ち着いて聞いて欲しいことがあるんだけど。」

「え?剛のお母さんですか?はい。なんでしょう。」

僕はその時、とても嫌な感じがした。剛の母親の声から、とても思い詰めたような感じがしたから。

「剛は・・・剛は・・・交通事故に遭って、昨日、死んじゃったの。」

僕はそのことを聞いたとき、思わず聞き返していた。だって、そんなはずはないから。そんないきなり死ぬ人間なんていないのだから。昨日だって学校で会ったし、また月曜日に会えるはずだし。

だけど・・・だけど・・・、それは本当のことだった。剛は、死んでしまったのだ。

僕は、剛に絶対に許さないと言われた身ではあったのだけれど、剛の葬儀にはちゃんと出た。それは、僕が剛のことを大親友だと思っているという気持ちに変わりはなかったし、何より、剛の母親から参加してほしいと言われたからだ。

そして、葬儀が終わり、家に帰った僕は、なんだかやるせない気持ちになっていた。

どうしてあの時、あんなことを言ってしまったのだろう。どうしてもっと真剣に謝らなかったのだろう。どうして・・・どうして・・・どうして・・・。

いくら悔やんでも、悔やみきれない思いが、僕の中で渦を巻いていた。

結局、剛は僕のことを嫌ったまま死んでしまったのかな。そう考えただけでとても寂しくなり、悲しくなり、自分に対して怒りを感じていた。

それから数週間後、自宅に電話があった。剛の家からだ。

どうやら剛の母親が、剛の部屋で日記を見つけたらしく、僕に読んで欲しいとのことだった。

僕は急いで支度をして、自転車に乗って、剛の家まで飛ばしていった。

剛の家に到着し、チャイムを鳴らすと、中から剛の母親が出てきて、中へ通された。

剛の家に入るのは久しぶりだった。本当に久しぶりだった。それだけで懐かしい思いでいっぱいになり、泣きそうになった。

リビングに通された。そして「見て欲しいというのはこの日記。」と、一冊の赤いノートを差し出された。

1ページ、1ページ、僕は日記を読み上げて行く。僕との思い出がたくさん日記には記されていた。

そして、あるページで手が止まった。

その日は、僕と剛が喧嘩をした日だった。

『今日はジローとケンカをした。恵ちゃんは本当に可愛いのに、ジローは可愛くないとか言って、おまけに俺をストライクゾーンが広い人間って言ってきた。本当に腹が立った。バカにするのも大概にしろよ。俺はストライクゾーンが広いわけじゃなくて、お前とは好みが違うってだけなんだから!!』

本当に怒っている感じだった。申し訳ない気持ちでいっぱいになりながらも、ページをめくっていく。

『今日もジローが俺に謝ってきた。本当は許してあげてもいいけど、なんか俺が怒っている理由がわかっていないみたいだし、面白いから1か月くらい放置しておこう。そうすれば友情も深まるだろ。』

この日記を見たとき、僕はかなり驚いた。『本当は許してあげてもいい』そんなことを剛は考えていたんだ。僕はなんだか救われた気持ちになった。だけど、『面白いから1か月くらい放置しておこう。』はさすがにひどいとは思った。そして何だか、何だか、笑えてきた。剛らしいなって。

それから、剛が交通事故に遭う日まで読み続けた。

読み終わった後は、何だか今までの気持ちが嘘だったかのように、スッキリしたような感じになっていた。

それから僕は、決心をした。二度と剛のような犠牲者がでないようにすると。

その日から、まるで人が変わったように毎日勉強を続けた。毎日、毎日毎日、勉強を続けた。

それから20年後。

僕は大手自動車メーカーの管理職まで上り詰め、そして、自動車事故を99パーセント減らすという夢のような実績をあげた。

この実績は、世界各国で取り上げられ、そして、そのシステムは、あらゆる自動車メーカーで採用されることとなった。

僕がこんなに頑張れたのは、大親友である剛の死があったからだ。いまでも剛のことを思い出すととても悲しい気持ちになるが、そのおかげで、自動車事故を限りなく減らすということができたのだから、世界中の人間は剛に感謝をするべきかもしれない。

僕は、もっと研究を重ね、自動車事故をさらに無くすという目標がある。

過去は変えられないが、未来は変えられる。

剛。お前は今でも僕の大親友だ。

終わり。
posted by ちょっとオタクなプー at 17:32| Comment(0) | 自作小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

約束。

なんで引っ越しちゃうの!?

なんでお父さんが転勤しちゃうの!?

なんで一人暮らししないの!?

なんで・・・なんで・・・なんで・・・。

そんなことを聞いたところで、何も意味がないことは私にもわかっている。

だけど、聞かないわけにはいかなかった。私の大好きな彼が、来週引っ越してしまうからだ。

別に付き合っているわけではない。気持ちを伝えたわけでもない。だけど、私と彼はお互いに両想いだということには気付いているはずなんだ。

なのに、突然引っ越すってどういうことなの。

私のことが好きなんじゃないの。

私は、彼から引っ越すことを聞いたその日、ベットの中で泣き続けた。

明日学校なのに。目がはれていたらアイツのせいだ。

翌日、思った通りに目がはれていた。

だけど私は仕方なく支度をし、学校を出た。

まだ悲しみが消えないのか、彼のことを考えただけで泣きそうになる自分が少し嫌になる。

そんなとき「おはよう」と後ろから彼の声がした。

私も「おはよう」と言って、並んで歩いて行く。

彼は、私の目元のはれには気づいているようだったけど、何も言ってこない。

「昨日の・・・ことなんだけど。」

彼は突然、昨日の話しを切り出してきた。

「なに?」と私は冷たく返事をする。

「引っ越す前にお前にこれだけは言いたかったんだけどさ。」

彼が顔を赤らめてきた。私は「なに?」とさっきと同じ返事をする。

「俺、お前のことが好きなんだ。遠距離にはなるけど、俺と付き合ってください。」

彼の突然の告白で、私は一瞬、時が止まったような感覚がした。

「え?そんなこと突然言われても。」

私はここでYESと返事をするべきだったのかもしれない。だけど、素直に応じれなかった。

「返事は・・・そうだな。俺が引っ越す前日には聞かせてくれよ。」

そう言うと彼は、走って学校まで先に行ってしまった。

それから暫くして学校に着いたのは良いのだけど、頭の中は彼のことでいっぱいだった。

なんで急に告白してくるのよ。そんなことをされたら、私はますます悲しくなるじゃない。

そう思いながらも、私は必死に泣かないように頑張る。

あれから色々と私は考えた。考えても考えても、一つしか答えは出てこなかった。彼の告白を受けよう。その答えしか。

引越しの前日、私は彼と遊ぶ約束をした。

その日はちょうど学校が休みで、だから朝からたくさん彼と遊べる。

地元にある遊園地で一日中、彼と遊び続けた。なるべく引越しの話題をお互いに出さないようにしていることがわかった。

そして帰りの途中、彼に告白の返事をすると言い、公園のベンチに二人で座ることに。

「あの・・・さ・・・。私もあなたのことが好き・・・だから、付き合ってもいいよ。」

私は顔を少し赤らめて、言った。

彼はとても嬉しそうだった。そして、彼は言った。

「俺、2年後には必ずこの街に戻ってくる。だから、その時になったら大事なことを言うから。これ、約束な。」

それから2年後。私は大学生となっていた。

そして、彼が今日、この街に帰ってくる。今か今かと待っている時、彼から電話が来た。

「後ろ向いて。」

私は後ろを向く。すると・・・。












この後は、読者様のご想像にお任せします♪

ではでは、おやすみなさ〜い。
posted by ちょっとオタクなプー at 20:48| Comment(0) | 自作小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

好きって言いたかった。

僕は職場では浮いた存在で、話せる人も少ししかいない。だけど、こんな僕と頻繁に会話をしてくれる女性が居た。彼女はとても明るい人で、誰からも好かれていた。

僕はそんな彼女が好きだった。好きで、好きで、どうしようもなく好きで、いつかは告白しようとずっと思っていた。だけど、彼女は先週の木曜日、突然会社を辞めた・・・らしい。

僕の会社はシフト制で、僕と彼女は別の部署なので、彼女の休みの日などはわからない状態だった。そして、彼女を会社で見かけない日が何日も続いていたため、僕はまさかと思い、同僚の女性に彼女のことを聞いてみたところ、先週の木曜日に辞めたと言われた。

予想はしていたことだ。だけど、やっぱり信じられない。どうして彼女は会社を辞めたのだろう。僕には何も言わずに。

あれだけ仲良く会話をしていたのに、あれだけたくさんのことを話したのに。どうして最後に『さよなら』の一言も言わずに辞めてしまったのだろう。

僕は頭がおかしくなりそうだった。そして、仕事中なのにも関わらず、一粒のしずくが目元から落ちるのを感じた。

連絡先は知らない。聞いていれば教えてくれたかもしれない。どうして聞かなかったんだろう。どうして聞けなかったんだろう。後悔の思考だけが僕の中でグルグルと回り始めた。

彼女に会いたい。彼女ともう一度会話をしたい。彼女に好きって言いたかった。

でももう、どうしようもない。

もう、彼女のことは諦めよう。彼女のことは忘れよう。綺麗さっぱりと。

そして僕の仕事は今日も続いていく。





どうでしたか?この作品。悲しい感じが伝わったら嬉しいです。

正直、SNSとかで検索すれば出てくるんじゃないの?と思ったかもしれませんが、この主人公は諦めたので、ここで終わりです。

次回作にご期待ください。
posted by ちょっとオタクなプー at 06:29| Comment(0) | 自作小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

母。

半年間ずっと家に閉じこもっていた息子が、再び学校に通いだしてから一か月が経った。

久しぶりの登校日はとても不安そうで、私は無理して行かなくてもいいんだよ?と言ったのだけど、息子は笑顔で学校へ出かけて行った。

それから徐々に慣れてきた様子で、家での会話も学校のことを多く話すようになってきた。

そして最近、気になることができた。

今まで毎日のように話していた学校の話しを、ここ一週間は全くしてこない。

なにかあったのかな。心配だな。そう思っていたけど、実際に聞いてみることをためらってしまった。

それから一週間後、とても暗い表情をして息子が帰ってきた。

そして何があったのか勇気を出して聞いてみたのだけど、「別に」の一言で片づけられ、そこから部屋に閉じこもり、夕飯の時にも部屋からは出てこなかった。

それからまた、息子は閉じこもるようになった。

私は学校から事情を聞こうと赴き、そして担任から話しを聞いた。

「太郎くんはどうやらまた、イジメられている・・・みたいなのです。」

私は絶句した。あれだけ担任には気を付けるように念を押していたというのに。しかも私に何も連絡を入れないなんて。信じられない。そんな思いで頭の中がいっぱいになった。

家に帰ると、私は息子の部屋を二回ノックし、そして、「入るわよ」と断ってから中へと入った。

部屋の中はカーテンが閉じてあり、明りも点いておらず、真っ暗だった。

そして、ベットの上で頭から布団をかぶり、震えている息子がいた。

私はどうしたらいいのか悩んだけど、優しく語りかけることにした。

「いまあなたが居るのは家の中だから、そんなに怖がることはないわ。例え何があったとしても必ずお母さんが守ってあげるから。だから安心しなさい。」

息子の震えがだんだんと小さくなっていき、止まった。そして、「ありがとう、お母さん」という声が返ってきた。私はその時に決心をした。この子は、太郎は絶対に私が守ると。

それからはとにかく必死だった。私が息子のためにいまできること。息子が安心して生活をしていくにはどうすればいいのかということ。

色々と考えた末、いま住んでいる町から引っ越すことに決めた。

その引っ越し先として選んだのが、私が中学時代に通っていた、恩師が校長を努める中学校の近く。

この恩師というのは、私が絶対的な信頼を寄せている人でもあった。

一度電話で相談をした際、「うちの学校へ通わせないか?」と言われたのがきっかけだった。




それから1年後、息子は無事に中学校を卒業することができた。しかもあれから一度も欠席をしないで。

毎日、「楽しい楽しい」と言ってくれる息子の笑顔で、私は引越しを決めて良かったと思った。

おわり。



どうでしたか?この作品は。面白かったら感想をくださいな♪
posted by ちょっとオタクなプー at 21:47| Comment(0) | 自作小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

12年後の秋。

季節が巡り、また秋になった。

僕はこの季節になると、思い出すことがある。

それは大切な大切な、彼女との思い出。

「あっくん、遊びに行こうよ。あっくん、あっくんってばー。」

休日になるといつも僕の部屋に入り、ベットで眠っている僕を、遊びに連れ出そうとする幼馴染。

彼女の名前は燈。燈と書いてあかりと読む。

彼女はいつも元気いっぱいで、いつも輝いていた。

そして僕は、彼女のことをあっちゃんと呼んでいた。

あっくん、あっちゃんと呼び合う僕たちは、時々まわりからからかわれることもあるけど、特に気にしたことはなかった。

「今日はザリガニ釣りに行こー。」

彼女はいつもの調子で勝手に今日の予定を決め、「10分で支度しなさいよ」と言って部屋を出て行った。

今日が彼女と僕の別れの日になるなど、僕は知らなかったのに。

それから僕たちは、いつもの公園の、いつもの池にやってきた。

「今日もいっぱい釣ろうね!」

そう言って彼女は、木の棒を拾ってきて、糸を結び付け、エサも取り付けた。

そして次々とザリガニが釣れ、バケツの中がザリガニでいっぱいになると、彼女はそれを池に戻し、少し悲しそうな表情をした。

僕はこの時、彼女が何かを言おうとしていることに何となく気づいていた。だけど、いつものことだと思い、何も言わなかった。

それから時が経ち、夕暮れ時になると「今日は楽しかったね!」といつもの彼女に戻っていた。

そして彼女が続けて言った言葉が、僕が聞いた最後の言葉となった。

「また今度遊ぼうね。」

翌日、僕は両親と遊園地に行く約束をしていて、早朝から出かけていた。

その間にあっちゃんが引っ越していたとも知らずに。

遊園地のぬいぐるみを買ってもらい、ご機嫌な僕は、その日、家に帰ってからぐっすりと眠ってしまった。

そして翌日、毎朝の日課でもあった、あっちゃんが僕の部屋まで来て起こすということが、今日はなかった。

だから母親に起こされ、学校に行く準備をして、家を出た。

だけどその時、気づいてしまった。あっちゃんの家の表札がないことに。

どういうこと?と思い、母親に訪ねてみると、とても言いづらそうにしながら、「あっちゃんは昨日引っ越したのよ」と言ってきた。

一瞬、何を言っているのかわからなかった。あっちゃんが引っ越す?一昨日「また今度遊ぼうね」と言ってきたのに?

僕は突然家を出て、あっちゃんの家のチャイムを鳴らし続けた。

ピンポンピンポンピンポンピンポン・・・。

だけど・・・だけど、誰も出てこなかった。

そして後ろから母親が手紙を渡してきた。それはあっちゃんからの手紙。

『何も言わずに引っ越してごめんね。私はあっくんにお別れを言う勇気がなかったの。ごめんね。だけど必ずいつかまた会おうよ。それまで私はあっくんのことを絶対に忘れない。だからあっくんも私のことを忘れないでね。』

手紙に水滴が落ちた。

雨が降ってきたと思い、空を見上げたが、雨は降っていなかった。

目元がかすむ。そして、自分が涙を流していることに気が付いた。



それから12年後。

僕も社会人となり、自由に使えるお金もできた。

そろそろあっちゃんに会いたい。会いに行きたい。

そう思った僕は、彼女に会いに行くことを決めた。

手紙のやり取りをしていたので、住所はわかっていたし、行けない距離でもなかった。

いま、12年後の秋に、僕は再びあっちゃんと会う。

彼女はどんな表情をするだろうか。

どんなことを言ってくるのだろうか。

楽しみで仕方がない。

いま行くよ、あっちゃん。

おわり。





どうでしたか?僕の久々の小説は。

少し久々だったので、ちょっとおかしなところもあったかもしれませんが、ご感想をいただければ嬉しいです(*´ω`*)
posted by ちょっとオタクなプー at 08:18| Comment(0) | 自作小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする