2015年10月13日

ワンパンマン(ONE PUNCH MAN) 第二話 『孤高のサイボーグ』 感想

みなさんこんばんは。

今回は、ワンパンマン(ONE PUNCH MAN)の第二話『孤高のサイボーグ』の感想をお届けします。

ワンパンマンは今回もめちゃくちゃな内容で、とても面白かったですね(笑)。

そしてそして、ジェノスの声優が、石川界人さんだっていうことにまず驚きました。

石川さんと言えば、僕はまず東京レイヴンズの土御門春虎を思い出します。

当時はレヴラジなる、東京レイヴンズのウェブラジオを聴いていて、すごい面白くて、誠実な声優だなーと印象に残りました。

実は、それで、ジェノスというキャラクターにもピッタリだなーと僕は感じているのです。

いや、いまはワンパンマンの感想を書いている途中でしたね。声優さんのお話しはここでおしまい(*´ω`*)

それでは、感想を書こうと思います。

今回の前半は、ジェノスとサイタマとの出会いが、モスキート娘のおかげで成り立ちましたね。

いや、というよりも、サイタマの部屋に来ていた小さな蚊が、サイタマをジェノスの下へと導き、そして、ジェノスとサイタマが出会うこととなった・・・ということでしょうか。

う〜ん。どっちにしても、蚊が二人を引き合わせたのですけど(笑)。

それにしても、ジェノスがあれだけ手こずっていたモスキート娘を、ワンパンで倒してしまうサイタマは、やっぱり最強だと感じてしまいました。

もう、完全にサイタマにとっては、モスキート娘は小さな蚊と同じような感じでしたよね。いや、最初の小さな蚊との戦闘を思い出してみると、蚊よりもモスキート娘の方が弱いとさえ言えますよね(笑)。

それと、これだけは言いたいです。

モスキート娘・・・やけに色っぽかったですね。

それもそのはず、声優が沢城みゆきさんだったから(笑)。

おまけに今回出てきた、モスキート娘の生みの親である、ジーナス博士も浪川大輔さんでしたし。

声優・・・豪華過ぎですよね!?

さすがに驚きました。

そして後半は、ジェノスがサイタマに、弟子入りを志願してきましたね。

あれだけ最強なサイタマですから、弟子入りしたいジェノスの気持ちも十分にわかりますよ。

だけどねー。サイタマは少し特殊だからなー(笑)。あ、それは後になったらわかりますよ。ぐふふ(*´ω`*)

それにしても、後半出てきた怪人も、サイタマからしたら弱すぎましたね。

あれだけ強そうな獣王ですら、またしてもワンパンで倒されてしまうし。

この最強設定が、ワンパンマンの魅力ではあるのですけどね。

ではでは、今回はこの辺にしておきますね。

来週はどんな声優さんが出るのか、楽しみ楽しみ♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:16| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

ご注文はうさぎですか?? 1羽 『笑顔とフラッシュがやかましい これが私の自称姉です』 感想

みなさんおはようございます。

今回は、待ちに待った『ご注文はうさぎですか??』の1羽『笑顔とフラッシュがやかましい これが私の自称姉です』の感想をお届けしようと思います♪

ついについに、ごちうさの第2期が始まりましたね!!すごーく首を長くして待っていたんですよ!!

ココアちゃん、チノちゃん、リゼちゃん、千夜ちゃん、シャロちゃん、久しぶり(*´ω`*)

マヤちゃんとメグちゃんも久しぶり(*´ω`*)

わーい嬉しいな♪嬉しいな♪

おっと、我を忘れて喜んでしまいました。失礼しました。

1羽の中には、2つのお話が入っていましたね。

一つ目のお話が、ココアちゃんが実家に送るための写真を撮っている話。

二つ目のお話が、千夜ちゃんのお店が雑誌に載ったため、チノちゃんが羨ましがるお話。

二つともとても楽しいお話でしたよね♪

では、まず一つ目のお話から感想を書いて行こうと思います。

ココアちゃんは、実家に手紙と写真を送ろうとして、仲の良い4人の写真を撮ろうします。

だけども、チノちゃんは恥ずかしがって、なかなか写真を撮らせてくれない。

僕も、実は写真はあまり好きではなくて、カメラに写りたくないチノちゃんの気持ちも十分にわかるのです。

なんだかカメラに撮られるって、とても恥ずかしく感じてしまうのですよ。僕もカメラを向けられると、チノちゃんみたいに逃げたりしてしまいます(笑)。

それからココアちゃんは、リゼちゃんを撮ったり、千夜ちゃんを撮ったり、シャロちゃんを撮ったりしますね。

リゼちゃんはやっぱりノリが良いので、ポーズなんかもとってくれて、か・・・可愛かったです(*´ω`*)

そして、銃を持っているリゼちゃんの姿を見て、ごちうさの第二期が始まったんだなーと感じました。

千夜ちゃんも、千夜ちゃんらしい写真が撮れたし、シャロちゃんも可愛く撮れたし。あとは、チノちゃんだけですね。

ココアちゃんがずっと、写真を撮らせてくれるように頼んでいたら、やっとチノちゃんも折れてくれて、ぎこちないながらも、写真撮影スタート。

もじもじしているチノちゃん・・・可愛い(*´ω`*)

こういうところに男は弱いのですよね。

だけど、なかなか笑顔を見せてくれないから、ココアちゃんとチノちゃんで一緒に写真を撮ることに。

それで撮った写真には、なんだかとてもやる気のないような目をした二人が(笑)。

その後、ココアちゃんが千夜ちゃんを連れてきて、漫才をしますね。

そこでなぜか、ツッコミを入れたリゼちゃんが、いつの間にか漫才に混ざっていたという(笑)。

この時に見せたチノちゃんの笑顔は・・・嘲笑でした(笑)。

では、二つ目のお話の感想を♪

ラビットハウスに、いつもの5人が集まり、何だか物々しい雰囲気に・・・。

なにが・・・なにがあったというのだ・・・!?そう、思った時でした。

なんと、その物々しい雰囲気の理由は、千夜ちゃんのお店が雑誌に載ったため、それを5人で見ようとしていたためだったのです(笑)。

雑誌に載るなんて、千夜ちゃんのお店って結構すごいのですね。

変わった名前の商品が多いのもありますけど、とてもおいしそうなものを作っていますからね♪

それと、シャロちゃんのお店もその雑誌に載っていましたね。

シャロちゃんは、いつ取材されたのか驚いていましたけど(笑)。

それで・・・チノちゃんは、ラビットハウスが取材されていないことに、落ち込んでしまいます。

チノちゃんはお店で頑張ってますものね。そういう気持ちになるのもわかります。

そこから場面が変わり、チノちゃんはその話を、マヤちゃんとメグちゃんにすることに。

もし、ラビットハウスが雑誌に載ったら、チノちゃんが有名人になるって話になって、とても可愛らしかったです♪

それにしても、羊の防犯ブザーは・・・「あまり効果ないだろ!!」ってツッコミたくなってしまいました(笑)。

そこから、なんやかんやで、ラビットハウスも雑誌に載ることができて、良かった良かった♪で、終わりです。

ではでは、今回はこの辺にしておきますね。

ちなみに、最後の最後で、チノちゃんの笑顔をカメラで撮ることができて、良かったですね(*´ω`*)

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 10:50| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

TARI TARIを最終話まで見て。

みなさんこんばんは。

やっと今日、TARI TARIを最終話まで見ることができました(*´ω`*)

この作品では、それぞれの登場人物の心の葛藤が上手く表現されています。

坂井和奏は、母親の死によって閉ざしてしまった心を、来夏たちと出会うことによって、段々と開いて行きます。やがて和奏は、母親が和奏と一緒に完成させようとしていた、作りかけの楽譜を父親から譲り受け、それを完成させます。

これによって和奏は、音楽の楽しさを知ることとなり、音大を目指すわけですね。

最終回の最後の方では、和奏が大人な姿で、家に帰ってくる場面がありましたけど、きっと音大生になった和奏の姿が描かれているのだと思います。

ヒールを履いていたことには、少々驚きましたけどね。

宮本来夏は、自身の過去の失敗によって、声楽部では歌わせてもらえない状況となっていました。

だけども来夏は三年生、高校生活も最後の学年なのです。

とても歌いそうにしていた来夏を見て、ピアノの伴走者である上野みどりが、教頭先生にお願いして見たらとアドバイス。それで来夏は、教頭先生にお願いをしてみました。だけども受け入れてもらえず、部活を辞めることに。

そこから、来夏は合唱部を作るのですよね。

合唱部では様々な出来事があって、時には無理だろうと思える場面もありました。だけども、来夏の目標へと向かう力はとても強く、最終的には、学校中を巻き込んでしまいます。僕は来夏の決して諦めない心を見習いたいと思いました。

沖田紗羽は、夢である競馬選手になるため、その資格を得ることのできる学校に入ろうとします。

だけども紗羽は、身長がとても高いため、学校に入ることすら許されなかった。

それでも必死に、体重を減らしたり、電話をして掛け合ってみたりと、努力をする紗羽。

僕はこの場面を見ていて、本当にどうしようもできないことってあるんだなと、改めて思いました。

体重を減らそうとして、フラフラになっている紗羽はとても可哀想でした。おまけに食べたものを吐いてまで出していましたから。

そこまで強く目標を持てるなんて、僕はとても羨ましく思いました。

僕なんて、そこまで強い目標がないまま生きている人間の一人ですからね。見習いたいものです。

そして紗羽は、最終回で海外にへと飛び、夢を実現しようと頑張るわけですね。

恐らく、話の流れ的に、とても厳しそうだけど、紗羽なら実現できるんじゃないかと僕は思います。

頑張れ、紗羽。

田中大智は、バドミントンで全国大会にまで行けるほどの男。

だけども、バドミントン部の部員は大智一人しかいないため、教頭先生からは廃部を申し渡されます。

大智は高校三年生で、大会に出られるのも今回が最後。是が非でも大会には出たい。

そんな時、来夏が大智に、合唱部とバドミントン部で、バドミントンの試合をし、そして負けた方が勝った方の部活に入るという提案をします。

大智はその提案を受け、試合をすることに。

だけども結局、来夏が卑怯な手段?を使い、大智は負けてしまいます。

それで来夏は勝ったのだけれど、大智のためを思い、合唱部ときどきバドミントン部という形にしてくれて、大智は大会に出られることとなります。

良かったね!!大智。

そして、大会に出て、全国ベスト8という結構な成績を出すことができました。

最終回では、大学で練習をしていたみたいで、もし来夏があの時、あの提案をしていなかったら、大学への推薦も受けられなかったのかなーと思ってしまいます。来夏様様ですよ♪

ウィーンは、オーストリアで出会った、とても幼い友達に日本のこと伝えようと、何通もその友達宛に手紙を出していました。

だけども、その友達の住所は変わっていたため、送った手紙は、ウィーンの家へと戻ってくる。

そのことでウィーンは一時期、上の空のような状態になっていましたね。

そんな時、西之端商店街でヒーローをやらないかという話が来て・・・ウィーンはついにヒーローに目覚めることとなります。

この時のウィーンはとても輝いていて、そして、来夏のバッグを盗んで逃げた泥棒を、最後まで追いかけて、捕まえることとなります。

ヒーローとは、ウィーンのような人のことを言うのだなーと感心しましたね。だけど正直、怖くはなかったのかなーって思ってしまいました。例え怖かったとしても、やり遂げたのだから僕はウィーンを尊敬しますよ。

最終回では、ウィーンの友達である、ヤンから手紙が来て、最後に再び会うことができましたね。

本当に本当に良かった。

その他にもこの作品では、親の愛なども重要な部分ではありましたよね。

あれだけ娘に冷たい感じがしていた紗羽の父親ですら、娘を心配して最終的には競馬学校に電話をして、怖いことまで言っていましたから。

TARI TARIで出てきた親は、和奏と紗羽の親だけでしたけど、それでも十分に親の愛情というものを表現されていたと思います。

では、最後に・・・言いたいことがあります。

大智の恋も実って良かったです(*´ω`*)

思えば、大智の友人から、紗羽の写真を撮るように頼まれて、写真を撮ったときにはもう恋をしていたのでしょうね。

青春・・・青春って良いな・・・。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 21:19| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

TARI TARIの第6話で泣きました。

みなさんこんばんは。

今回は、『TARI TARI』の第6話の簡単な感想を書こうと思います♪

この回の冒頭部分では、風邪で若奏が倒れてしまい、それを心配した若奏の父親である圭介が、遠いところにいたのにも関わらず、急いで、若奏の元へと駆け付けます。僕はその姿を見て、とても感動してしまいました。

恐らく圭介は、若奏も、若奏の母親である、まひるのようになるのではないかと心配して、駆け付けたんだと思います。

僕は、このシーンだけで親の愛情というものを強く感じることができました。

圭介は平気で娘に舌打ちをするような父親なのに、若奏をそこまで心配するなんて・・・なんだか考えただけで涙が出てきそうです。

こういう親子の形もあるんだなーと感じることができました。

それから、話は結構飛びますけど、圭介と若奏が夕食を食べるところから始まった場面。

もう、ここからは涙なしでは見ることができませんでしたね。

僕はいま、風邪を引いているため、これが泣いて出た鼻水なのか、普通の風邪の鼻水なのかがわからないくらいに感動しました。少し汚い表現でごめんなさい(*´ω`*)

その日、若奏は、圭介からまひるの本当の想いを聞きます。

まひるは、若奏と一緒に音楽を作りたかった。だけどもそれは、悲しい別れの音楽ではない。二人の想い出になるような音楽。だからまひるは、若奏に自分の病気のことを隠していた。

それを知った若奏は、とても泣いていましたね。

僕はこの場面で・・・もう、すごかったです。

それと、圭介は、まひるとの結婚記念日をちゃんと祝っていたことも、僕はすごいと思いましたね。

いつまででも、圭介はきっと、生きている限り、まひるとの想い出は忘れない。そう感じさせてくれます。

そして、場面が変わり、今度は学校のカセットラジカセで、まひるたちが歌っている『心の旋律』という曲を聴きながら、合唱部のみんなでその曲を一緒に歌いました。この場面は、なかなかに良いと思ってしまいました。

今回の内容は、『TARI TARI』を見たことがない人、または内容を忘れてしまった人にはわからない内容かもしれませんね。気になった方は、見ることをオススメしますよ♪

ではでは、今回は簡単に感想を書きました♪

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:56| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

TARI TARIを見たよ!!

みなさんこんばんは。

今回は、『TARI TARI』という作品を久々に3話まで見たので、そのことについて簡単に書こうと思います♪

まずは、『TARI TARI』とはどういう作品なのかを説明します。

簡単に言ってしまえば、宮本来夏(みやもとこなつ)という人物が部長を務める合唱部で、少年少女たちの成長を描いた物語・・・という感じでしょうか。

この物語の中心となるのが、合唱部での部活動で、そこには、来夏以外にも4人の部員が所属しています。

その4人とは、坂井和奏(さかいわかな)、沖田紗羽(おきたさわ)、田中大智(たなかたいち)、ウィーンです。

この合唱部の5人は、それぞれとても個性の強い人間です。

ちなみに、僕が一番好きなキャラクターは、とにかく元気いっぱいな女の子である、来夏ですね。

まだ3話しか見ていないため、来夏については詳しくは書けません。だけど、このキャラクターの声優である、瀬戸麻沙美さんの歌声はとても大好きです♪

また、少し話しは脱線してしまいますけど、瀬戸麻沙美さんは『ちはやふる』の主人公である、綾瀬千早も演じていますよ♪

では、話しは戻って、この『TARI TARI』という作品では、物語ももちろん魅力的ではあるのですけど、それに負けないくらいの魅力が、この物語の中に出てくる音楽ですね。

僕が一番好きな曲は、『radiant melody』という曲です。

確かこの曲は、最終回に出てきたもので、聴いているだけでとても元気になる曲です。

ちなみにTARI TARIという作品が大好きなため、この作品のアルバムも買いましたよ♪

確か、アニメイトで買ったのですけど、ポスターが付いてきたような気がします。

ということで、これから4話を見るので、この辺で終わりにしておきますね♪

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:03| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする