2017年09月03日

ひなろじ〜from Luck & Logic〜の9話である『歌はヒナにつれ ヒナは歌につれ』の感想。

みなさんおはようございます。

今回は、ひなろじ〜from Luck & Logic〜の9話である『歌はヒナにつれ ヒナは歌につれ』の感想をお届けします。

9話は、リオンたちが通う学園であるピラリ学園の学園祭、通称ピラリ祭の話でしたね。

リオンたちのクラスは、そのピラリ祭で演劇をやることになったのですけど、リオンの演技が上手くいかなくて大変でしたね(笑)。

最初の演技なんて、若本規夫さんに似ていて笑えました(笑)。

だ・け・ど、不器用なリオンも可愛くて僕は・・・す・・・すきですよ?ギャフン(*´ω`*)

どうやらリオンは、トランス状態になったら、普通に演技ができるみたいですね。実は、トランス状態のリオンも可愛くて大好きなんです。何と言いますか、普段のリオンはおっとりしている感じなのに、トランス状態のリオンは、美人になると言いますか、なんか表現が難しいのですけどね。わかる人いますかね(*´ω`*)

演劇の方は、とにかく歌声が素敵でした。しびれてしまいましたよ(*´ω`*)

まひろの考えたストーリーも、何だか感動的でした。

途中でリオンのトランスが解けた時、どうなるかとても心配だったけど、ニーナの手助けで何とかなることができましたね。良かった良かった♪

それにしても、リオンちゃん可愛い!!リオンちゃん可愛い!!リオンちゃん可愛い!!!!!!!

リオンのお父様が、リオンを溺愛する気持ちはとても良くわかりますね。あれだけ可愛い娘だったら、それは大事にしますよね♪

ミスピラリ学園コンテストでは、ゆうこに負けて2位だったけども、僕の中ではリオンが1位なので、何にも問題はありませんよ♪

ところで、演劇が終わった後にニーナとベロニカ局長が会ったのですけど、これは何かしらの伏線なのでしょうか。ニーナが少し落ち込んでいるように見えましたね。

ニーナは今でも、ALCAに早く戻りたいのでしょうか。だけど最近では、ニーナはすごく笑顔が増えてきて、学園生活を楽しんでいるように思うから、まだまだリオンと一緒に学んでいてもらいたいですね。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 09:47| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

サクラクエストの22話『新月のルミナリエ』の感想。

みなさんこんばんは。

今回は、サクラクエストの22話『新月のルミナリエ』の感想をお届けします。

シャイニングドラゴンを掘り出すための暗号がどうやら難しかったようですね。

小学生の作った暗号なのに、それを作った本人である大人が解けないとは(笑)。

だけど、縦読みだったのは驚きですね。縦読みのような暗号が、30年前にもあったなんて。いや、意外というわけでもないですね。縦読みというのは、誰でも考え付きそうなものですし。それにテレビでやっていた可能性もありますからね。

そして暗号を解き、いよいよシャイニングドラゴンが掘り出された!と思ったら、まさかのおもちゃ・・・( ゚Д゚)

おもちゃが出てきたということは、三種の祭具の残り一つは、別の場所にあるということですよね。一体どこにあるのでしょうか。もう残りの話数も少ないから、早く見つけないと困ってしまいますよ( ゚Д゚)

だけど案外、身近な場所にあるってこともありますよね。例えば、チュパカブラ王国の中とか・・・!?ないですかね(笑)。

今回は、鈴木エリカの乳歯が抜けそうということで、痛みが出てしまい、痛み止めを買うために一苦労でしたね。

商店会の薬局屋さんが店を開けてくれて助かりました。こういうのも田舎の人の繋がりというものなのでしょうか。心が温かくなってくるので、こういう場面は、実は好きなんです(*´ω`*)

あ〜あ、田舎良いなー、田舎良いなー、田舎で暮らしたいです。間野山みたいなところで一度暮らしてみたいです。

正直なところ、エリカが東京に憧れる気持ちもわからなくはないんです。だけど、東京と言っても、憧れるようなところではないように思うのですけどね・・・だって、アニメイトくらいしか東京って行くところないでしょ?ですよね?東京のアニメイトくらいしか普段行くところないですよね!?

まあ、他にもあるっちゃーありますけどね、秋葉原とかもオタクには人気ですし、池袋には乙女ロードなるものもありますからね。

しかし、東京に気軽に行ける身としては、大してすごいところのようには感じないんです。

それにしても、ばばあこと、織部千登勢も随分と優しくなりましたね。いや、元から優しかったのかな?優しくないのは、じじいこと、門田丑松が絡んでいる時だけですかね。

それから、その乳歯の話の後、鈴木杏志が行方不明になって少々大変なことになりましたね。

警察も何人か来ていたみたいですし、色々な人が杏志を探していました。

まさか、サンダルさんが見つけて保護してくれていたとは思いもしませんでしたけど。

サンダルさんは、色々なところで良い活躍をしてくれますよね。

イケメンで、画家で、そして変な人!仕事は何をやっているんでしょうか・・・どこに住んでいるんでしょうか・・・謎の多い人です。

そもそも、サンダルさんって名前だけど、本名は何ていうんでしょうか。

ということで、今回の話も終わりましたね。

次回はどうなるのでしょうか、楽しみです♪

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:14| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

NEW GAME!!の第8話『メイド喫茶がいいと言ったんだよ』の感想。

みなさんこんばんは。

今回は、NEW GAME!!の第8話『メイド喫茶がいいと言ったんだよ』の感想をお届けします。

第8話は主に、先週から登場の新キャラクターである、望月紅葉が中心でしたね。

今回は、青葉や、ゆん、はじめ、紅葉のメイド服姿が見られて、もう、萌え萌えキュンという感じでした(*´ω`*)

やっぱり、普段見ることのない格好を見られるのはとても幸せですね♪

ちなみに僕は、ひふみが一番好きなので、ひふみのメイド姿も見たかったのですけど、今回はそのような機会がなくて少々残念でした(;´・ω・)

それにしても、ひふみがあの場面で見せた蔑みの表情・・・葉月さんは「ゾクゾクするね」と言っていたのですけど、僕もゾクゾクしてしまいました。そして・・・萌えてしまいました。何でしょうかあれは。あんな表情で見られてしまったら、一瞬で惚れてしまうのではないでしょうか。いや、しかし、二次元と三次元というのは別物・・・もし三次元であれをされたら・・・僕はどんな反応をするんだろう・・・気になります(笑)。

そうそう、ひふみと言えば、ネット上で話題になっていることがありますよね。

Googleで『ひふみん かわいい』と検索すると、将棋界のレジェンドが検索結果として出てしまうというもの。

確かに、将棋界のレジェンドの方も可愛らしいですよ。だけどね、僕の検索したい『ひふみん かわいい』は、NEW GAMEの滝本ひふみの方ですから(笑)。

まあ、それは横に置いておくとして、今回の話で少々驚いたのが、紅葉が大食いだということですね。

あの大きさのおにぎりを紅葉が食べているということに、僕はかなり驚きましたから。

あれだけの炭水化物を摂っておきながら、あのスタイルを維持しているというのもなかなかにすごいことですよね。きっと彼女は太らない体質なのでしょうね(*´ω`*)

また、今回も紅葉の絵の実力を知る機会はなかったのですけど、彼女の画力はどのくらいのものなのでしょうか。そこが今後、結構気になってきますね♪

それと、紅葉とツバメはルームシェアをしていたんですね。二人とも実家暮らしかと思っていたから、何だか意外です。

二人は、夢を追いかけて上京してきたのでしょうね。何だかすごく頑張っているところが共感できますねー。最初は紅葉をあまり好きになれないかなと思っていたけど、そういった背景を知ってしまうと、好きになってきますね。

来週はどんな話になるのでしょうか。とても楽しみです♪

ではでは、簡単な感想でしたが、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:53| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONSのエンディングについて。

みなさんこんばんは。

そして、とってもとってもお久しぶりです。

今回は、テレビアニメ『BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS』のエンディングについて語ろうと思います。

実は僕、今期のBORUTOのエンディングがすごく好きなんです。

何と言いますか、歌と映像がとても合っていると言いますか。

中でも一番好きなところは、サビに入る前の、涙を流していたサラダが何かを決意して、写輪眼になる場面ですね。

この場面、すごく格好良いと思いませんか?初めて見たとき驚きましたから。

歌と、写輪眼になる場面がとても合っていて、このエンディングを考えた人はすごいと思いましたね。大好きになり過ぎて、もう何回見たことやら(笑)。

また、その後の戦っている場面も大好きで、とても良くできたエンディングだと思うんです。

写輪眼で戦うサラダの姿は、とても格好良いし、チョウチョウの戦っている姿もとても格好良いです。

ちなみに残念ながら、BORUTOの原作は読んでおりません。単行本を買おうとは思っています。

アニメを見るまで、BORUTOなんて大した作品ではないだろうと僕は思っていたんです。だけど今では、毎週欠かさず見る程に大好きな作品になってきました。

本当に岸本先生って、いつまで僕をワクワクさせてくれるのでしょうね。もちろん、描いているのは他の人だと知ってはいますけど、ルーツはNARUTOですからね。

実は今日、BORUTOの映画をTSUTAYAで借りて見たんです。とても面白かったですね。テレビ放送版のBORUTOと少々イメージが違いましたけど、キャラクターも声優も同じ感じで、楽しんで最後まで見ることができました。

やっぱり僕はNARUTOが大好きで、BORUTOも大好きなんだなと思いましたね。

ではでは、今回はこの辺で♪

長い間ブログをお休みしていてごめんなさい。
posted by ちょっとオタクなプー at 19:33| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

政宗くんのリベンジ 第一話 感想

みなさんこんばんは。

今回は、『政宗くんのリベンジ』の第一話を見た感想を、お届けしようと思います。

僕は・・・僕は・・・こういう作品を待っていました。

この作品、すごく面白いですね。もしかすると今期の中で一番好きになるのではないかと思うくらいに、一話が面白かったです。まだ、今期の作品は出そろっていませんけどね。

主人公の名前は、真壁政宗(まかべまさむね)。そして彼はどうやら、昔は太っていたみたいですね。そして痩せたいま現在、イケメンであるという。

おまけに彼はマッチョですよね!そしてスポーツ万能で成績優秀。高スペックな主人公ですね。

だけども彼は、そんな高スペックである自分を自慢したりはしないのですね。ああ、こういうキャラクター好きです。そして何よりも昔太っていたというところが良いですね。

一話を見た感じではどうやら、政宗は太っている時に安達垣愛姫(あだがきあき)に振られているようです。そして、そのことから、愛姫に良い思いはしておらず、復讐をしようと考えているみたいですね。

ただ、復讐と言ってもそんなに怖いことではなく、政宗に愛姫がすごく惚れたときに捨ててやろうという考えみたいです。

あ、いま文章にしていたら、ひどいことのように思えてきました(汗)。

今作のヒロインである愛姫は、どうやら大食いみたいですね。たくさん食べないとお腹がグーグー鳴って仕方がないのだとか。このギャップは良いですね(笑)。

そして愛姫のあだ名は、「残虐姫」らしいです。彼女に振られた人はみな、嫌なあだ名をつけられるみたいですね、恐ろしいです。

だけど政宗と同じく高スペックの人間みたいですね。もうこの時点で、政宗と愛姫はお似合いなのですけど・・・。

僕の予想では、二人は再会したことをきっかけに、恋仲になっていくと思えます。というか、そこは定番ですよね。

だけども、そうなった場合、政宗のリベンジはどうなるのでしょうね。作品名にもなっているのに、リベンジをしないのでしょうか。

それにしても、「豚足」というあだ名はひどいですよね。しかも、痩せたいまでもそのあだ名を用いるという・・・恐ろしい。

ああ、早く第二話が・・・というか、マンガが読みたくなってきましたよ。この作品、すごく今後の展開が楽しみ♪

それから、主人公ではないけれど、気になったキャラクターもいます。それが、朱里小十郎(しゅりこじゅうろう)。

こういったキャラクターは時々、主人公と面白い絡みをするから好きなのですよね。ワクワク。ワクワク。ワクワク。

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:18| Comment(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする