2014年04月15日

僕らはみんな河合荘 第1巻

先ほどの記事でも書きましたが、電子書籍版ですが、僕らはみんな河合荘の第1巻を読みました。

内容はアニメと同じような感じでしたね。

コミックを読んでいない方にはネタバレになっちゃうので、あまり書けませんけど、宇佐くんが律ちゃんに積極的に接していましたね。

そして一巻の最後では距離が少し縮まったかなーという感じでした。

一番印象的だったのが、女子大学生の彩花ちゃんの『ふる・・・っ』という感情表現でしたね。

そこにいちいちツッコム麻弓さんが笑えます。

あと、いまアニメで放送されているのは6話までなようですね。

その後の話もとても面白かったですよ。

ああ、第2巻が読みたくなってきました。

だけどクーポンがもうないので、紙媒体で買うか、また電子書籍で買うか悩んでいます。

僕の頭のなかでは、電子書籍はデータというイメージしかなく、紙媒体の方がお得じゃない?という感じですね。

近い未来で、紙媒体よりも電子書籍の方がかなり安くなっていたら、電子書籍に乗り換えるのかもしれませんが。

コミックの場合は、もともとの値段が安いからわかりませんね。

ではでは、今回はこの辺で。
posted by ちょっとオタクなプー at 19:07| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クーポンがあったので、本を買いました。

このブログでも度々出てくるhontoというネットストアで、知らないうちにクーポンを貰えていたので、マンガを買いました。

今回購入したのは、紙媒体では『一週間フレンズ。』の一巻を。

電子書籍では、『ニセコイ』と『僕らはみんな河合荘』の一巻を。

『一週間フレンズ。』に関しては、在庫がないみたいなので、1週間くらいかかるみたいですが、実質的に支払ったのは14円でした(笑)

500円のクーポンがあると知った時、有効期限があるみたいだったので、すぐに購入手続きをしました。

hontoに登録されている方は、クーポンがあると思うので、調べてみるといいかもしれません。

あ、書き忘れていましたが、今回もらったクーポンは書籍を買える500円のクーポンと、電子書籍を買える1000円のクーポンでした。

なので、『ニセコイ』と『僕らはみんな河合荘』は電子書籍です。

早速今日、『僕らはみんな河合荘』を読んだのですが、アニメのまんまでしたね。

とても面白くて満足です。

そして次の話はこんな感じなのかー。という予習にもなりました。

初めての電子書籍の購入だったのですが、なかなかいいですね。

だけど欠点があって、パソコンが苦手な方は少々操作に困るかもしれません。

恐らく、タスクマネージャーのことを知っておく必要があると思うので。

まあ、スマートフォンならすぐに読めましたから、電子書籍ならタブレットやスマートフォンの方がいいのかもしれませんね。

いやー、だけどお得でしたねー。

今回支払った金額はたぶん100円にも達していませんね。

なぜクーポンがもらえたのかわかりませんけど、登録してみてもいいと思いますよ。

URLを一応貼っておきます。

http://honto.jp/

ではでは、今回はこの辺で。
posted by ちょっとオタクなプー at 18:44| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

ソウルイーターノット!(SOUL EATER NOT!)

今回は月刊少年ガンガンで連載中の『ソウルイーターノット!』を紹介します。

この作品は大久保篤先生原作、ソウルイーターのスピンオフ作品となっております。

連載が始まった当初、まさかアニメ化するとは思っていなかったのですが、アニメ化が決定したときは正直嬉しかったですね。

また大久保篤先生が原作のアニメが見られる!!と思いました。

主人公は主にこの三人娘です。

●春鳥つぐみ(はるどりつぐみ)

●多々音めめ(たたねめめ)

●アーニャ・ヘプバーン

物語は主に、死神武器職人専門学校(死武専)や、その周辺です。

死武専には、実は二つのクラスが存在し、それがNOTクラスとEATクラスです。

EATクラスとは、ソウルイーターを知っている方ならご存知の、マカ=アルバーンや、ソウル=イーター、ブラック☆スターなどが在籍しているクラスです。

NOTクラスとは、先ほど紹介した、つぐみやめめ、アーニャが在籍しているクラスとなります。

そして、ここからが重要なこと。

EATクラスは、戦闘などを行うクラスなのに対し、NOTクラスは力を得てしまった者が、力を制御する方法を習うクラスなのです。

そして、このNOTクラスにも、マカやソウルのようなパートナーというものが存在します。

実は、春鳥つぐみというキャラクターは、ソウルのように武器に変身ができます。

まだまだその力は不安定で、いまは修行中という感じでしょうか。

そして、多々音めめやアーニャ・ヘプバーンは、つぐみとパートナーになりたいと思っている、マカのような職人です。

二人とも、なかなか強い職人です。

アニメの前に原作を読みたいという方のために、購入できるサイトのリンクをこの下に貼っておきます。
※この作品は発送まで1週間から3週間まで掛かるそうなので、それが待てない方は、本屋でご購入ください。
hontoネットストアなら2014年3月31日まで送料が無料です。
コミック一冊から無料だそうです。


ソウルイーターノット!1巻





ソウルイーターノット!2巻





ソウルイーターノット!3巻




2014年3月13日現在、1巻〜3巻まで発売中です。
3巻とも一度にご購入されたい方は、さらに下のリンクからどうぞ。

ソウルイーターノット!3巻まで



posted by ちょっとオタクなプー at 17:41| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

紅心王子

今回は紅心王子(くれないおうじ)について語らせてください。

この紅心王子という作品は、桑原草太先生が描く月刊少年ガンガンで連載中の作品です。

桑原草太先生は、他にもココロ君色サクラ色という作品の作者でもあります。

実は、僕は桑原草太先生の絵を初めて見てからキャラクターの可愛さに夢中になり、単行本を買うようになりました。

単行本を読んでいただければわかると思うのですが、この作者も何だか可愛らしい方です。

名前が草太なのですけど、Wikipediaで見たら女性と書かれていました。

正直、俺は最初から名前が男だけど女性の方だろうなーと思っていました。

だって、こんなに可愛らしい男なんていませんよ。

あ、話しが逸れてしまい申し訳ございません。

ではでは、紅心王子がどんな話かと簡単に言ってしまえば悪魔と天使と人間のお話ですね。

悪魔と言っても、怖くありません。

僕がこの作品で思うのは、あくまでも人種が『悪魔』というだけで、別に性格が最悪というわけではありません。

あくまと悪魔をかけてしまったのですが、笑いましたか?僕は笑ってしまいました(笑)

さて、また話しが逸れそうですが、続きを言いますね。

この悪魔?というのが、本作の主人公、さくら紅次郎です。

さくら紅次郎という人物は、時期魔界国王となるお方です。

そして、スポーツ万能であり、ルックスも良く、頭もかなりいいです。

まあ、一言でこの人物を表すならば、『とても羨ましい人』です。

だけどだけど、忘れていけないのが、僕がこの作品を買うきっかけになったヒロインですよね。

そのヒロインの名前は小梅田花(こうめだはな)と言います。

少しおばかさんなのですけど、とても明るくてとても可愛くて、一言で表すなら『僕のマイエンジェルになってくれ』です。

おっと失礼、つい本音が出てしまいました。気持ち悪かったら申し訳ございません。

この小梅田花という女の子は人間界に住んでいます。

そして、この作品の魅力でもあるのが、単行本を見比べてみるとよくわかるのですが、髪の毛がちゃんと時とともに伸びていくところです。

とても可愛くて現実にいたら間違いなく、クラスでナンバーワンのモテる女の子ですね。

少し長くなりましたが、この作品はおわかりいただけましたか?

あと、ココロ君色サクラ色も読んでいるのですが、今回はこの辺で終わりにしておきます。

では、紅心王子を買いたいなーと思う方がいらっしゃったら、下にリンクがありますのでどうぞ。

画像、またはリンクをクリックしてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
紅心王子1巻





紅心王子2巻






紅心王子3巻



一応3巻まで貼っておきました。

もし、いま出ているコミックスの全てを買いたい方がいらっしゃいましたら、この下のリンクからどうぞ。
※こちらは画像が11巻ですが、2014年3月12日現在、15巻までとなっております。
※発送が少々長くなるかもしれませんので、お気を付けください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
紅心王子15巻まで

posted by ちょっとオタクなプー at 17:46| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

心が熱くなる漫画。

僕の中での心が熱くなる漫画の定番が、井上雄彦先生の作品です。

スラムダンク、バガボンド、リアルです。

BUZZER BEATERという作品もアニメでは見たのですが、あまり内容を覚えていないので書けません。

井上先生の作品はいつも読んでいると元気をくれますね。

辛い時、思い悩んでいる時、元気になりたい時、必ず僕に力をくれます。

スラムダンクの安西先生のあの名言は、諦めそうなときにいつも頭の中に流れてきます。

またアニメ再放送してくれないかなーっていつも思っていますよ。

ところで、バガボンドやリアルはアニメ化するのでしょうか?

この二作とも連載開始してから10年以上経っていますよね。

とても気になります。
posted by ちょっとオタクなプー at 09:39| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする