2016年01月22日

トキワ来たれり!! 5巻 感想。

みなさんこんばんは。

今回は、松江名俊先生作である『トキワ来たれり!!』の5巻の感想をお届けしようと思います。

5巻では、マキナくんこと、DEMV(デウス・エクス・マーキナーV世)が自爆をし、体が消えてしまいました。

あの場面でのマキナの自爆は正しかったと僕は思います。

その自爆が出した光のおかげで、敵であるソーサリアンを退けることができたのですから。

ただ、その代償はとても大きかった。

マキナの頭脳部分は助かったとはいえ、トキワ団の戦力である、マキナの体を失ってしまったのですから。

ただ、その代わりと言っていいのかわかりませんが、八坂トキワは、マキナの左腕と右足という武器を手にいれました。

また、トキワが目覚めてから、自身の機械化した左腕を見たときの表情は、とても印象に残りました。

まるで、信じられないようなものを見たような、または、絶望を目の当たりにしたような、そんな感じの表情ですよね。

そのあとの「うああああああああああああああああああ」は、本当に・・・本当に・・・ぐす(泣)。

だけど、マキナという存在が消えたわけではなかった。ちゃんと、トキワと会話はできる。

友を失ったと思い、絶望を感じていたトキワには、それはかなりの救いだったのでしょうね。

マキナの存在が消えなくて、本当に良かったと感じましたよ。

それに、DEMUと会うことができれば、マキナの体も元通りにできる。希望はまだまだあるみたいですね。

それにしても、トキワがマキナから受け継いだ右腕の能力は、とても高いですね。

トキワの精神エネルギーを使い、放つ、大出力のエネルギー砲。マキナが放つよりも、威力がありそうな感じですね♪

ただ、その武器は、精神エネルギーを使うため、出力をコントロールすることができなければ、トキワの精神が消耗され過ぎて、極度の虚脱状態に陥るみたいです(笑)。

現時点では、諸刃の剣という感じでしょうか。

そして、その後の鈴木ゼンバイザー(仮名)の話には驚きました。

鈴木ゼンバイザーは、かつての「存在の時」に「天啓の勇傑」のリーダーをしていた男だったのですね。

また、そのメンバーの中に、草薙カナタの父や、弥多ハルカの父がいたことにさらに驚きました。

メンバーは見た感じでは、7人いたみたいですね。

恐らく、これから、ハルカの父親以外との接触がありそうな気がします。

そこから、話が進んでいき、トキワ団は、鈴木ゼンバイザーからの捜査の手伝いを行うこととなりますね。と言っても、現時点で参加を行うのは、トキワと、りいんと、マキナだけなのですけど。

依頼を受けたトキワと、りいんは、銀行へと向かいます。

依頼を始めるには、「正体不明の何か」を見つける必要があります。そして、その「正体不明の何か」は、銀行に現れるのだとか。

だけども、銀行は、指定地点の半径10キロメートル以内に七つあるため、何だか面倒くさそうな依頼となりそうだったのです。

だけど、意外と簡単に「正体不明の何か」を見つけてしまい、そして、戦うことになります。

この戦闘シーンでは、トキワは本当に死にかけましたよね。鈴木ゼンバイザーは、やさしい事件ばかりと言っていたのに(笑)。

それにしても、トキワが「力を制御」するために行った、腕の動作が、前作の「史上最強の弟子ケンイチ」の主人公である兼一が行う、「流水制空圏」に似ていたような・・・(笑)。

最初、この場面を見たときは、「まさか・・・何かやるのか!?」と思いましたね(笑)。結局、無意味な動作だったわけなのですけど(笑)。

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪

あ、あとあと、この巻で、トキワとハルカとの友情が、少しだけ進みましたね。良かった良かった♪

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 21:24| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

僕らはみんな河合荘 第7巻 感想。

みなさんこんばんは。

ついに・・・ついに・・・、僕らはみんな河合荘の7巻が発売されましたね!!!!僕は今日早速、アニメイトで買ってきました!!そしたら、2枚の可愛いポストカードが付いてきましたよ!!(*´ω`*)

ああ、律ちゃん可愛い。律ちゃん可愛い。

では早速、僕らはみんな河合荘の第7巻の感想をお届けします。

あ!ちなみになのですが、僕はあまりネタバレをするつもりはないので、それだけはご了承ください(*´ω`*)



第7巻を一言で言うならば、『勘違い』または『すれ違い』ですかね。

宇佐と律ちゃんは、あれだけ互いにヒントを出し合っているのに、それでも互いの気持ちにそこまで気づくことができないのです。

なんだか歯がゆさのある、男女の恋愛って感じですね。

だけども、そんな二人の恋愛は見ていてとても面白いし、そして、青春ってこんな感じなんだなーって思ってしまいます。

また、宇佐と律ちゃんには、別々に恋のアドバイスやサポートをしてくれる人も存在するのですよね。

宇佐には主に、麻弓ちゃん、シロさん、彩花ちゃん、住子さん、佐久間、田神・・・でしょうか?

イメージ的には、麻弓ちゃんと彩花ちゃんは、宇佐の恋の邪魔ばかりしている感じですけど、この巻では少し印象が変わりましたね。今回は、麻弓ちゃんも、宇佐に良いアドバイスしているし、彩花ちゃんも、適切なサポートをしましたからね。

そして、律ちゃんは主に、霊感少女林に・・・?それと、河合荘のメンバーがちょくちょくってところ?

考えてみれば、宇佐の方が恵まれているかもしれませんね。

だけども、林ちゃんは、宇佐に昔片想いをしていただけあって、とても積極的に律ちゃんを応援してくれていますよね。そしてこの巻では、かなり仲良くなっているし。

もしかすると、律ちゃんと林ちゃんって、かなり性格が合ってるんじゃないかなーと思ってしまいます。最初の出会いは最悪だったのに(笑)。いや、だけど、考えてみれば、文化祭?の時に、律ちゃんが林ちゃんを助けてから仲良くなりだしたような・・・?う〜ん。読み返してみないとわからないですね(笑)。

それと、6巻から登場し始めた、確か同じクラスの高橋という男。この男は結構引っ掻きまわしてくれますよね。今回の二人の関係がこじれたのも、この男が大きく関係していたし。何だか、頭の回転が早くて、恋の邪魔をするのが趣味みたいな感じに思えます。

だけども、この高橋だって、律ちゃんに少なからず想いを寄せてると思うのですよね。いや、そう思える発言もあったし。

う〜ん。

宇佐は、律ちゃんに早く告白しないと何かとマズイと僕は思うのですよね。

あと、椎名も結構怖い。

椎名は二人を引っ掻きまわすような気がなくても、実際に律はヤキモチを妬いていたりしますからね。椎名はとても気の利く良い娘で、僕も大好きなのですけど、実際に今のところの最大の律ちゃんの敵は、椎名でしょうね。

椎名はコミュニケーション能力がとても高くて、宇佐にもぴったりな感じだし。おまけに、宇佐に少なからず気がありそうだし・・・。

ああああああああああああああ。早く・・・早く、8巻を読みたい・・・。

ではでは、今回はこの辺で。

ちなみに、今回のシロさんへの電話って何だったのでしょうね。とても気になります♪

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 18:54| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

のだめカンタービレを全巻読みました!!

みなさんこんばんは。

いつから読み始めたのか・・・もう忘れてしまいましたが、電子書籍のみで、のだめカンタービレを全巻読み終わりました!!(*´ω`*)

ああ、すごい面白かった。こんなに素敵な物語が、ドラマやアニメ化するのって・・・必然でしょ!!と言いたくなるくらい面白かったです!!

だけど・・・だけど・・・僕は、のだめと千秋の結婚式の場面とかも見てみたかったなーと思いました。

けれども、結婚式を描かないというのも、物語の一つの終わり方だとも僕は思うわけです。

う〜ん。モヤモヤするような、スッキリしたような。複雑な気持ちで・・・ムキャーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!( ゚Д゚)

ごめんなさい。奇声を発してしまいました。

まあ、とにかく・・・オペラ編の最後で、のだめが千秋から指輪を受け取ったというのは・・・とても感動しましたけどね。

のだめは本当に頑張りましたよ。本当に努力しました。そして、憧れである千秋を抜いてしまった(笑)

そして、のだめカンタービレを読んで、改めて思ったことがあります。

それは、例え天才だったとしても、努力もせず、ただ怠惰な日々を過ごしているだけでは、輝けない。

輝くためには、それ相応の努力をしなければならない。

努力をしたから、のだめは千秋と結ばれたんだと僕は思います。のだめの、変態の力の勝利です!!

そして、のだめとの出会いは、千秋にとってもとてもプラスになりました。

のだめと千秋。この二人は、運命の赤い糸で結ばれていたのかなー。と感じましたね。

それにしても、僕は前々から疑問に思っていたことがあります。それは、これは実話なのかどうかということ。

マンガのあとがき?を見る限りでは、リアルの人間も多々登場していますし、そして、のだめという人物も確かに存在している。いまはピアノ教室をやっているみたいですが。

う〜ん。気になりますね。まあ、インターネット情報を見る限りでは、ほとんどフィクションなのでしょうけどね( ゚Д゚)

ではでは、今回はこの辺で。

ちなみに僕は・・・のだめと千秋のような恋をしたいです!!!!!(*´ω`*)

さあ、僕と共に燦々と輝く太陽のような女性はいつ現れるのか!!そして、その女性は僕にどのようなハーモニーを奏でてくれるのか。それは、神のみぞ・・・いや、女神のみぞが知る未来!!さあ、ここで立ち止まっているな!!走り出せ!!僕の明日はライジング!!

ごめんなさい。のだめカンタービレのノリを少し拝借しました(笑)

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 22:15| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

87CLOCKERSの7巻を買いました。

みなさんこんばんは。

先週の8月19日に、『87CLOCKERS』の第7巻を買ったので、その感想を簡単に書こうと思います。

あ!ちなみに、『87CLOCKERS』を読まれたことのない方は、何のこっちゃ!と思う可能性があります。ご注意を(*´ω`*)

それでは・・・僕が7巻で驚いたのは、やっぱり一ノ瀬奏の耳の良さですね。

液体窒素を使ったオーバークロックをやるのに、物語を見る限りでは、温度計は絶対に欠かせないアイテムですよね。それなのに奏は、耳の良さだけで温度計を使わずにワールドレコードを出してしまいましたから・・・すごいですよね。

これだけでも、MIKEに勝る武器を持っている感じがして、奏を格好良く感じました。

そして奏は、新人ながら、プロに誘われたりして、認められて、僕は羨ましく思いました。僕も誰かに認められたい。

第7巻は、奏が大活躍の巻でしたけど、次巻ではMIKEとぼっさん、奏、ハナのドリームチームが大活躍しそうですね(*´ω`*)

いや、そういえば、いま確か・・・MIKEとハナは喧嘩中?でしたよね。う〜ん。8巻では仲直りから始まるのかな?気になります。8巻は・・・まだまだ読めそうにないし、これが単行本の欠点ですね。

ではでは、今回はこの辺にしておきましょう。

ちなみに、今回でてきたeekはなんだかすごかったです。

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 22:32| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

僕らはみんな河合荘を久々に読みました。

みなさんこんばんは。

そろそろ『僕らはみんな河合荘』のコミック7巻が発売されますね!!(*´ω`*)

ということなので、僕は久々に6巻までコミックを読みました!!

僕は、コミックやライトノベル、アニメの記憶力がすごいものだと自分では思っていたのですけど、久しぶりに読んでみると、忘れていることが多々あって驚きました。

そして・・・チャーミーさんの威力に再び大爆笑してしまいました(笑)

チャーミーさんって、7巻でもたくさん出てきてもらいたいですね。怖すぎて面白い。そして、なぜかバックに入っていたりとか、軽くホラーですよね(*´ω`*)

だけど、チャーミーさんの声は律なのですけど(笑)

そういえば、6巻まで読んで思い出したのですけど、6巻の終わりがなかなか・・・衝撃的でしたね。7巻ではどうなるのでしょう。

僕は、宇佐には律と幸せになってもらいたいと思っていますけどね。

だけど、椎名の方が・・・律には悪いですけど、お似合いのように見えてしまいます。

ああ、7巻が早く読みたい!!気になる!!!待てない!!!!!( ゚Д゚)

きっと、アニメイトで買ったら特典が付いてきそうですし、僕は発売日にアニメイトに買いに行く予定です♪

ちなみに僕は、律が一番・・・好きです。というか、律が可愛すぎて僕は萌え萌えしてしまいました。恋する乙女の表情が一番可愛いですね。

それと・・・化粧・・・怖いです。
posted by ちょっとオタクなプー at 22:01| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする