2017年01月05日

食戟のソーマ 22巻 感想

みなさんこんばんは。

今回は、『食戟のソーマ』の22巻の感想をお届けしようと思います。

22巻のメインは、幸平創真 VS. 葉山アキラの話です。

そしてそして、今回使う食材は、熊肉。そう、くまさんのお肉なのです。

熊肉は、臭みがとても強いらしく、今回の勝負は、匂いにとても強い葉山にとって、かなり有利な戦いとなります。

それでも創真は諦めず、色々なことを試します。

実際に山に登って、熊を探してみたり、熊が食べるものを探してみたり。

一つの料理にここまで力を入れる創真はすごいですね。だから、色々なすごい料理が作れるのでしょう。

そして今回は、二人のバトルがメインなのですが、他にも葉山がなぜ十傑になったのかの話も入っています。

葉山が十傑になったのは、恩義がある汐見潤のためだったのですね。

考えてみれば、それも納得ですよね。葉山がなにも理由も無しに、中枢美食機関(セントラル)に入るわけもないですよね。

本当に、薙切薊(なきりあざみ)は恐ろしい存在です。創真と戦わせるために、葉山の弱みを握るなんて・・・。

まあ、中枢美食機関(セントラル)に入るという選択をしたのは葉山なのですけど、この事情を知っていたら、葉山のことは責められませんね。

そして、メインの料理についてなのですが、本当に・・・本当に・・・おいしそう!!

創真の料理も、葉山の料理も、本当においしそう!!というか、レシピが載っていたから自分で作ってみたくなるくらいにおいしそうですね。

そして今回は、「おはだけ」の亜種である「おはじけ」が出てきましたね。

まさか、「おはだけ」に亜種が存在したなんて・・・。おまけに、「おはじけ」の上位にあたる技である、「おさずけ」も出てきました。もう本当に、22巻はすごい技を見ることができますね。感動をして、目から涙が・・・(笑)。

一応説明をしておきますと、「おはじけ」とは、薙切アリスの父親であり、薙切仙左衛門(なきりせんざえもん)の息子である薙切宗衛(なきりそうえ)という新キャラクターが用いる技です。

そしてその技は、服が、薙切宗衛の体を中心に爆発したようにはじけるという技です。まあ、この説明でわかりづらいのでしたら、22巻を読めばわかります(笑)。

また、「おさずけ」とは、恐らく同じものを食べている人の服が「おはだけ」してしまう技のようです。

つまり、自分にだけではなく、他人にまで作用してしまう技。ちょっと・・・強すぎですよね(笑)。

おっと、「おはじけ」と「おさずけ」の話だけで随分と長く話してしまいました。

今回の幸平創真と葉山アキラの勝負は恐らく、創真の勝ちということで終わりだと思います。

まあ、確実な判定結果は出ていなかったのですが、最後の一票を持っている薙切宗衛の話しぶりから、そうなのではないかと思えます。

はあ・・・最初はどうなるのかと思いましたけど、創真は退学をせずに済みそうですね。

それから、この巻で一番笑えた場面は、僕の中では、堂島銀(どうじまぎん)が風呂場でヨガのポーズをしていたところですね。

一瞬、「この人風呂場で何してるの!?」と思いました(笑)。

ではでは、今回はこの辺にしておきますね。
posted by ちょっとオタクなプー at 20:34| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

FAIRY TAIL(フェアリーテイル) 59巻 感想

みなさんこんばんは。

今回は、FAIRY TAIL(フェアリーテイル)の59巻の感想を書こうと思います。

59巻では、ルーシィVSブランディッシュを見ることができますね。

そういえば、57巻くらいでも一度、この二人は戦っていましたよね。

今回はどちらが勝つのかなーと思ってみていたら、どうやらこの戦い自体が、ブランディッシュの演技だったようです。

ブランディッシュは、同じく12の一人であるマリーが近くにいることがわかったため、そのマリーから、ナツとルーシィを守るために、この演技の戦いを始めたのですね。

ブランディッシュは本当に優しいですね。そういえば初めてナツたちと会ったときも、一人も倒すことなくその場を去っていましたし。もしかすると、人を傷つけることが嫌いなのではないでしょうか。そんなことを思ってしまいます。

おまけに、ブランディッシュはとても可愛いですよね。僕の好みです(*´ω`*)

そしてそして、この巻ではナツとグレイが戦うことになってしまいましたね。

グレイはナツがENDであることを知ってしまい、それでグレイはナツを殺そうと考えてしまう。

本当に本当に、エルザがいなかったらどうなっていたのだろう・・・と思ってしまいます。

僕は、エルザがグレイとナツを止める場面が結構好きです。何だか感動的ですよね。

いまは敵が他にいるのに、仲間で争っている場合ではない。本当にその通りです。

時には争うこともあった二人だけど、結構仲良くやっていたナツとグレイが殺しあうなんて、誰も望んではいないのですから・・・。読者もみんなそうだと思います。

グレイとナツが目覚めたとき、もう戦うことはないでしょうね、きっと。エルザを悲しませたくはないから。

それにしても、グレイもナツも、かなり強くなりましたね。最初の頃と比べると、全く違うと思えるくらいに。

この二人が力を合わせれば・・・いや、フェアリーテイルのみんなが力を合わせればきっと、今回の戦いだってどうにかできる気はしますね。

あと、これだけは絶対に忘れてはいけないことがあります。

今回の59巻で、マカロフが死んでしまいましたね。

マカロフは、みんなを守るために、最強の魔法である妖精の法律(フェアリーロウ)を使い、その反動として・・・。

とても・・・とてもとてもとても・・・優しい人でした。

フェアリーテイルは、偉大な人を失ってしまいました。マカロフの死は大きすぎる・・・。

それと、今回は他にも重要な事実を知ることとなりましたね。

まさかゼレフに子供がいたとは。

そして、その子供の母親がメイビスだということにも驚きました。

いや、母親がメイビスだということは、確実には描かれていませんね。しかし、ゼレフの子供を生めるとしたら、同じ不死であるメイビスしかいないということも考えることはできます。

そしてこのゼレフの子供、ラーケイドはかなり強いですね。

果たして、ラーケイドは誰が倒すのでしょうか。もしかすると、オーガストが言う通り、メイビスが母親だとするならば、メイビスが倒すのかもしれません。

我が子を母親が倒す・・・。考えただけで悲しい物語になりそうですね。

ではでは、今回はこの辺にしておきます。

みなさん、良いお年を♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:44| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

宇宙兄弟の30巻が早く読みたい!

みなさんこんばんは。

どうも、今期のアニメが終わってしまったので、暇で暇で仕方がない僕です。

さてさて、本題に入りますか。

なんと、宇宙兄弟の30巻が1月23日に発売されるらしいですね。

前回発売されたのが9月23日とのことで、実に4カ月ぶりに新刊を読むことができるのですね。

ワクワク。ワクワク。ワクワク。

29巻のラストで確か、主人公の南波六太が危機的な状況のところで終わってしまいましたよね。

僕はそれを読んだとき、「これからどうなるの!?」「ここで終わりなの!?」と思っていたと思います。

実は僕は、モーニングは読んではいないのですけど、単行本なら全巻持っています。まあ、ほぼすべて電子書籍なのですけどね。

僕の30巻の希望としては、ロシアの宇宙飛行士として月に来ていた南波日々人に、六太が助けられるというのがあります。

しかし、それは結構難しいですよね。なぜなら、ロシア側が月に行くという情報もきっと、全世界に流れると予想できるし、こんなに早くに日々人が月まで行けるはずがないと思えますからね。

だけどもしも当たっていたら、それはそれで嬉しいですけどね。

ああ、30巻はどうなってしまうのでしょうか。どちらにしてもここで終わる六太ではないと思います。きっと、何かしらラッキーなことがあって、助かるのではないかと思います。というか、信じています。

それに、せっかく伊東せりかと良い感じになってきたのに、ここで終わりなんて悲しすぎますからね。

ああ、早く読みたい。読みたい。

1月は何かと楽しみが多いので、早く来年になってもらいたいですね(笑)。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:59| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

みそララを読みました。

みなさんこんばんは。

今回は、宮原るり先生の作品である『みそララ』を2巻まで読んだので、その感想を書こうと思います。

ところで、みなさんは宮原るり先生をご存じですか?

この先生の代表的な作品で言うと『僕らはみんな河合荘』と『恋愛ラボ』です。

最近の僕は、『僕らはみんな河合荘』が大好きになってしまったので、何度も読んでいるうちに、宮原るり先生の他の作品にまで手を出すようになりました(笑)。

それでは、感想を始めますね。

この『みそララ』という作品は、基本的には、4コマ漫画のようです。

そして、2巻の途中から、『恋愛ラボ』の棚橋鈴音と倉橋莉子が出てきて、驚きました。

どうやら『恋愛ラボ』と『みそララ』は繋がっているみたいですね。

ちなみに、棚橋鈴音は、この作品に出てくる棚橋裕也の妹という設定みたいです。

ということで僕は、『恋愛ラボ』も読みたくなってきました(笑)。

この前、アニメイトで『恋愛ラボ』を探したのですけど、見つからなかったのですよね。店員さんに聞けば良かったです。

では、この作品の主人公をご紹介しましょう。

その名も麦田美苑(むぎたみその)です。

この作品のタイトルにもなっている、『みそララ』の「みそ」は、「美苑」の「みそ」から来ているみたいですね。

ちなみに、この麦田美苑ですが、あだ名が「麦みそ」です(笑)。

実は、麦味噌というお味噌があるらしいのですよ。ここも面白いところですよね♪

あ!肝心の設定の話しを忘れていました。

主人公の麦みそこと、麦田美苑は、勤めていた会社が倒産してしまいます。

だけども、その会社に勤めている時には、仕事があまり面白くなかったらしいのです。

そこで、今度は楽しい仕事をやろうと思い、求人誌で見つけた「有限会社マース企画」という会社の面接を受けます。そして、その会社に受かるのです。

その会社には、とにかく個性的な人が多いです。だけども麦みそは、とても充実しているみたいです。

ざっと、こんな感じでしょうか。

とにかく、この作品は、『僕らはみんな河合荘』が好きな人ならば、好きになる作品かもしれません。

ちなみに僕は、電子書籍で読んでいます♪

電子書籍でも、十分に楽しめますよ♪

この作品の中で一番好きな登場人物は、麦みそですね。

何だかとっても可愛いのですよ。すごく好みなのですよ。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 18:24| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

トキワ来たれり!! 5巻 感想。

みなさんこんばんは。

今回は、松江名俊先生作である『トキワ来たれり!!』の5巻の感想をお届けしようと思います。

5巻では、マキナくんこと、DEMV(デウス・エクス・マーキナーV世)が自爆をし、体が消えてしまいました。

あの場面でのマキナの自爆は正しかったと僕は思います。

その自爆が出した光のおかげで、敵であるソーサリアンを退けることができたのですから。

ただ、その代償はとても大きかった。

マキナの頭脳部分は助かったとはいえ、トキワ団の戦力である、マキナの体を失ってしまったのですから。

ただ、その代わりと言っていいのかわかりませんが、八坂トキワは、マキナの左腕と右足という武器を手にいれました。

また、トキワが目覚めてから、自身の機械化した左腕を見たときの表情は、とても印象に残りました。

まるで、信じられないようなものを見たような、または、絶望を目の当たりにしたような、そんな感じの表情ですよね。

そのあとの「うああああああああああああああああああ」は、本当に・・・本当に・・・ぐす(泣)。

だけど、マキナという存在が消えたわけではなかった。ちゃんと、トキワと会話はできる。

友を失ったと思い、絶望を感じていたトキワには、それはかなりの救いだったのでしょうね。

マキナの存在が消えなくて、本当に良かったと感じましたよ。

それに、DEMUと会うことができれば、マキナの体も元通りにできる。希望はまだまだあるみたいですね。

それにしても、トキワがマキナから受け継いだ右腕の能力は、とても高いですね。

トキワの精神エネルギーを使い、放つ、大出力のエネルギー砲。マキナが放つよりも、威力がありそうな感じですね♪

ただ、その武器は、精神エネルギーを使うため、出力をコントロールすることができなければ、トキワの精神が消耗され過ぎて、極度の虚脱状態に陥るみたいです(笑)。

現時点では、諸刃の剣という感じでしょうか。

そして、その後の鈴木ゼンバイザー(仮名)の話には驚きました。

鈴木ゼンバイザーは、かつての「存在の時」に「天啓の勇傑」のリーダーをしていた男だったのですね。

また、そのメンバーの中に、草薙カナタの父や、弥多ハルカの父がいたことにさらに驚きました。

メンバーは見た感じでは、7人いたみたいですね。

恐らく、これから、ハルカの父親以外との接触がありそうな気がします。

そこから、話が進んでいき、トキワ団は、鈴木ゼンバイザーからの捜査の手伝いを行うこととなりますね。と言っても、現時点で参加を行うのは、トキワと、りいんと、マキナだけなのですけど。

依頼を受けたトキワと、りいんは、銀行へと向かいます。

依頼を始めるには、「正体不明の何か」を見つける必要があります。そして、その「正体不明の何か」は、銀行に現れるのだとか。

だけども、銀行は、指定地点の半径10キロメートル以内に七つあるため、何だか面倒くさそうな依頼となりそうだったのです。

だけど、意外と簡単に「正体不明の何か」を見つけてしまい、そして、戦うことになります。

この戦闘シーンでは、トキワは本当に死にかけましたよね。鈴木ゼンバイザーは、やさしい事件ばかりと言っていたのに(笑)。

それにしても、トキワが「力を制御」するために行った、腕の動作が、前作の「史上最強の弟子ケンイチ」の主人公である兼一が行う、「流水制空圏」に似ていたような・・・(笑)。

最初、この場面を見たときは、「まさか・・・何かやるのか!?」と思いましたね(笑)。結局、無意味な動作だったわけなのですけど(笑)。

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪

あ、あとあと、この巻で、トキワとハルカとの友情が、少しだけ進みましたね。良かった良かった♪

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 21:24| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする