2016年10月28日

『君の名は。』を読みました。

みなさんこんばんは。

そして、お久しぶりです。

今回は、いま話題の映画である『君の名は。』の小説を読んでみたので、その感想を書こうと思います。(※僕は、映画は見ていません。また、かなりネタバレが含まれています。)





僕は、第一章の『夢』を読むことによって、これが二人の視点を別々に描いた作品なのだとわかりました。

そして、小説を一度読み終えてからこの『夢』を読んでみると、それが未来の話であることがわかったのです。

しかし、未来と言っても、第八章の『君の名は。』の少し前の話であることもわかります。

僕は、まだこの物語を一度しか読んでいませんが、もしかすると、この小説は二度読んでみると、何かしらの発見があるのではないかとも思ってしまいます。

なぜなら、瀧から三年前の三葉へ。三葉から三年後の瀧へ。と、繋がる物語なのですもの。

僕は、三年間という時と場所を越えて、二人が繋がっているとは、全く思っていませんでした。そして、その事実を知ったときには、かなり驚きましたね。そして、瀧と三葉との入れ替わりが無くなった理由にも納得がいきました。

しかし、瀧と三葉との入れ替わりがなくなったとき、三葉が死んだのではないかと僕は少し、思っていました。そして実際に、三葉は一度死んでいます。

そして、この三葉の「死」が、この物語で重要な部分でした。

瀧は、三葉との入れ替わりがなくなったから、三葉を探しに糸守町まで行ったのです。そして、瀧がそのような行動をしなければ、三葉の過去は変えることができずに、町の人々は永遠に死んだままだったでしょう。

そして、なぜ瀧が三葉を探しに行ったのか。それは、瀧が三葉に恋をしていたから。

つまり、もし瀧が三葉に恋をしていなければ、過去を変えることができず、入れ替わる意味もなかったのではないかとも思えます。

そう考えると、宮水家が代々受け継いできたであろう、男女が入れ替わるという不思議な能力は、『お互いに恋すること』が前提としてあるようにも思いますね。

この物語は、とても良くできていると思います。そして僕は、小説を読んだため、映画も観たくなってきました。

映画については、「あの描写はどうするのだろう?」「あの描写は、どうやって表現したのだろう?」と、色々なことを考えてしまいます。

そして、この物語はとても面白いため、映画がいま、とても人気になっているのにも、納得しています。

もしかすると、映画館の中でも、上映中に笑いが起きているのではないかとも考えています。

実は僕は、この作品を読んでいて、いくつか笑ってしまう場面がありました。

小説でも笑えるくらいなのですから、映画だともっと笑えるのではないかと思ってしまいますね。

あー、観てみたい。映画を観てみたい。

うん。観よう。そのうち。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

外でライトノベルを読んでいたら、よくあること。

みなさんこんばんは。

今回は、外でライトノベルを読んでいたら、よくあることを書こうと思います。と言っても、今回はとても短い日記なのですけどね。

僕は、某、飲食チェーン店で、コーヒーを飲みながら、ライトノベルを読んでいました。

それからしばらくして、僕の隣の席に、女性客が座ってきたのです。

「あ!女性客が来たな」くらいにしか僕は思いませんでした。

それから、事件が起きたのです。

その女性客が座ってきた、ちょうどその時、ライトノベルの笑える場面に遭遇してしまいました。そして、僕は笑ってしまったのです。

すると、何が起きたと思いますか?

きっと、このブログの読者なら、既に気が付いているはずです。

そう・・・隣に座ったはずの女性は、僕が笑った瞬間、席を移動したのです・・・。

正直、正直正直、悲しくなりました。

誰だって、誰だって笑うじゃないですか!面白ければ笑うじゃないですか!なのに・・・なのに・・・なんで、離れて行くのですか。

う・・・うんうん。オタクあるあるですよね。

読者の皆さんも、お気を付けください。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

明けましておめでとうございます。

みなさま、お久しぶりです。

そして、明けましておめでとうございます♪

みなさまは年末年始、何をやって過ごしていましたか?

僕はというと、ずっとマンガを読んだり、アニメを見たりしていました。

マンガは何を読んだのかという、「僕らはみんな河合荘」と「宇宙兄弟」です。

「僕らはみんな河合荘」は、これで何度目かというくらいに、結構読んでいます。

「宇宙兄弟」は、電子書籍を買っていて、いまは14巻まで読み終わりました。

この二つのマンガに僕は、とにかく夢中になっていますね。

特に「僕らはみんな河合荘」は、僕の人生の中で、一番好きなマンガなのではないかと思うくらいに好きになりました。

律ちゃんがね。律ちゃんがね。可愛すぎるんです。河合荘だけに(笑)。

いつかは、僕が思う、律ちゃんの可愛いシーンだけをまとめたページをここにあげたいなーと思っていたり。

あ!だけどだけど、何巻の何ページという情報だけで、そのままは載せませんけど。

ちなみに、僕が一番好きな律ちゃんの表情は、笑顔です。

やっぱり女の子の笑顔はとても可愛いです。それに普段、笑顔を見せない律ちゃんだからこそ、時々見せる笑顔が素敵に見えるのです。

だけど、律ちゃんの笑顔も素敵なのですけど、怒った顔も可愛いのですよね。

ああ、やっぱり律ちゃんは本当に可愛い。こんなに可愛い女の子を描ける宮原るり先生が大好きです。尊敬します。

ではでは、「僕らはみんな河合荘」を語り始めると、この100倍は書けそうなので、この辺にしておきます。

それではみなさん、今年もよろしくお願いします〜♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

カラオケに行ってきました。

みなさんこんばんは。

今回は、ただの日記です。

今日は、帰りにカラオケに行ってきたのですけど、久々にゆかちこと、井口裕香ちゃんの『Grow Slowly』を歌いました。

実は、ライブダムのCM?で、ゆかちの映像が流れてて、それで歌ったのです。

やっぱりこの曲はとても好きですね。たまに歌いたくなってしまいます。

だけどもどっこい、今回はこれだけの話しでは終わりません。

実はいま、ライブダムで井口裕香と検索をして、『Grow Slowly』の近くまで行くと、ゆかちが『Grow Slowly』を歌っているライブ映像が画面に流れてくるのです。

さらに、驚くことに、ゆかちの歌声付きなのです!!

この機能はどうやら『まま音』というものらしいですね。

僕も今日、はじめてこの機能を知りました。

ああ、ゆかち・・・ゆかち・・・可愛いよ・・・ゆかち・・・。

それにしても、この『まま音』の中の映像って、ゆかちのライブDVDに入っていたものではないでしょうか。

実は僕、まだこのDVDは買っていないので、中身を見たことはないのですけど、ライブダムのサイトで確認してみても、『1st LIVE』と書いてありました。なので、可能性は高いですね。

ということは・・・ということは・・・あの可愛いゆかちが、DVDを買えば見ることができるのでしょうか。

なんだか段々欲しくなってきました。

買おうかな(*´ω`*)

ではでは、今回はカラオケに行った話しだったのに、ゆかちの話しになりました(笑)。

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 19:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

花咲くいろはのオープニングテーマをカラオケで歌いました。

みなさんこんばんは。

今回は、ただの日記です。

いま、僕の中で再び、花咲くいろはブームがやってきています。

そして今日は、一人でカラオケにへと行ってきたわけなのですが、そこで・・・歌っちゃいました。

なにを歌ったかと言いますと、花咲くいろはの2クール目のOPテーマである、nano.RIPEが歌う『面影ワープ』という曲です。

実はこの曲は、前回の花咲くいろはブームの時に、カラオケでたくさん歌った曲でもあるのです。

そのため、時間が経った今でも、少しは間違えたけど、ちゃんと歌えることができました。

うんうん。この曲って、すごく良い曲ですよね。

またカラオケに行ったら、歌う予定ですよ♪

ただ・・・僕がとても音痴なため、点数はかなり低めでしたけどね(笑)。

ではでは、今回はこの辺で♪

あ!ちなみに、『夢路』という曲も僕は好きです♪

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする