2017年01月03日

魔法科高校の劣等生

みなさんこんばんは。

今回は、魔法科高校の劣等生について書こうと思います。

実は、去年から少しずつ読んでいまして、いまは16巻を読んでいます。

最初は「アニメも見たし、ライトノベルは読まなくても良いかな」と思っていました。しかし、実際に読んでみると、止まらなくなるくらいに面白いのです。

ただ、内容は時々とても難しくて、意味がわからなくなるときもあります。だけども、それでも面白いものは面白いのですね。魔法科高校の劣等生は、僕の大好きなライトノベルの一つとなりました。

ところで、この作品のアニメ第二期はいつ始まるのでしょうか。もう、楽しみで楽しみで、第一期も何度も見てしまいます。

そういえば今年の夏に映画が放映されるらしいですね。

今回は完全オリジナルらしいですね。16巻までに九亜という登場人物なんて出てきていませんし。

名前から察すると、「九」の文字が入っているということは・・・。う〜ん、僕の考えすぎでしょうか。

そういえば、この作品では、九の文字を持った登場人物は他にもいますもんね。

魔法科高校の劣等生は、数字に結構意味を持たせている部分が大きいと思います。というか、そんなことはこの作品を知っている人ならみんなご存知ですよね。

僕はこの作品で一番好きな男のキャラクターは、主人公である司波達也です。

とても若いのに才能に溢れていて、それなのに努力を怠らない。おまけにかなり強い。

こんなに最高の人物が、モテないはずはないですよね。というか実際にモテますよね。

ああ、僕も生まれ変わるなら、達也のような人間になりたいです(笑)。

そして、僕がこの作品の中で一番好きな女性のキャラクターは、七草真由美ですね。

だって、すごく可愛くないですか?

彼女の魅力は、時々人をからかおうとする、小悪魔的なところでしょうか。

確か15巻の彼女は、とても可愛らしく描かれていましたね(笑)。

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪
posted by ちょっとオタクなプー at 17:36| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。