2015年09月30日

僕らはみんな河合荘 第7巻 感想。

みなさんこんばんは。

ついに・・・ついに・・・、僕らはみんな河合荘の7巻が発売されましたね!!!!僕は今日早速、アニメイトで買ってきました!!そしたら、2枚の可愛いポストカードが付いてきましたよ!!(*´ω`*)

ああ、律ちゃん可愛い。律ちゃん可愛い。

では早速、僕らはみんな河合荘の第7巻の感想をお届けします。

あ!ちなみになのですが、僕はあまりネタバレをするつもりはないので、それだけはご了承ください(*´ω`*)



第7巻を一言で言うならば、『勘違い』または『すれ違い』ですかね。

宇佐と律ちゃんは、あれだけ互いにヒントを出し合っているのに、それでも互いの気持ちにそこまで気づくことができないのです。

なんだか歯がゆさのある、男女の恋愛って感じですね。

だけども、そんな二人の恋愛は見ていてとても面白いし、そして、青春ってこんな感じなんだなーって思ってしまいます。

また、宇佐と律ちゃんには、別々に恋のアドバイスやサポートをしてくれる人も存在するのですよね。

宇佐には主に、麻弓ちゃん、シロさん、彩花ちゃん、住子さん、佐久間、田神・・・でしょうか?

イメージ的には、麻弓ちゃんと彩花ちゃんは、宇佐の恋の邪魔ばかりしている感じですけど、この巻では少し印象が変わりましたね。今回は、麻弓ちゃんも、宇佐に良いアドバイスしているし、彩花ちゃんも、適切なサポートをしましたからね。

そして、律ちゃんは主に、霊感少女林に・・・?それと、河合荘のメンバーがちょくちょくってところ?

考えてみれば、宇佐の方が恵まれているかもしれませんね。

だけども、林ちゃんは、宇佐に昔片想いをしていただけあって、とても積極的に律ちゃんを応援してくれていますよね。そしてこの巻では、かなり仲良くなっているし。

もしかすると、律ちゃんと林ちゃんって、かなり性格が合ってるんじゃないかなーと思ってしまいます。最初の出会いは最悪だったのに(笑)。いや、だけど、考えてみれば、文化祭?の時に、律ちゃんが林ちゃんを助けてから仲良くなりだしたような・・・?う〜ん。読み返してみないとわからないですね(笑)。

それと、6巻から登場し始めた、確か同じクラスの高橋という男。この男は結構引っ掻きまわしてくれますよね。今回の二人の関係がこじれたのも、この男が大きく関係していたし。何だか、頭の回転が早くて、恋の邪魔をするのが趣味みたいな感じに思えます。

だけども、この高橋だって、律ちゃんに少なからず想いを寄せてると思うのですよね。いや、そう思える発言もあったし。

う〜ん。

宇佐は、律ちゃんに早く告白しないと何かとマズイと僕は思うのですよね。

あと、椎名も結構怖い。

椎名は二人を引っ掻きまわすような気がなくても、実際に律はヤキモチを妬いていたりしますからね。椎名はとても気の利く良い娘で、僕も大好きなのですけど、実際に今のところの最大の律ちゃんの敵は、椎名でしょうね。

椎名はコミュニケーション能力がとても高くて、宇佐にもぴったりな感じだし。おまけに、宇佐に少なからず気がありそうだし・・・。

ああああああああああああああ。早く・・・早く、8巻を読みたい・・・。

ではでは、今回はこの辺で。

ちなみに、今回のシロさんへの電話って何だったのでしょうね。とても気になります♪

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 18:54| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。