2015年08月29日

テイルズオブヴェスペリア〜The First Strike〜を観ました。

今回は、テイルズオブヴェスペリア〜The First Strike〜を観た感想をお届けしようと思います。

この映画が公開されてから、大分時間が経ったのですが、昨日今日と、初めて見ることができました。

実は、バンダイチャンネルで面白い作品がないかな〜なんて適当に探していたら、たまたま見つけたのですけど、本当に観て良かったと思います。

だけど残念ながらこの映画は、バンダイチャンネルでは8月31日には配信を終了してしまうため、あと二日しか観られません。そして、今日から登録したとしても、元が取れる可能性は低いので、止めといた方が良いと思います。

ならば、TSUTAYAとかで借りた方がお得ですし♪

バンダイチャンネルに登録している方は、今のうちにご視聴ください♪

それでは、このテイルズオブヴェスペリア〜The First Strike〜の感想を簡単に書こうと思います。

ネタバレはあまり無しという形で(*´ω`*)

この物語の舞台は、ユーリがまだ、帝国騎士団に所属していた時のお話。

ナイレン・フェドロック率いるナイレン隊に、ユーリとフレンは所属していました。

ナイレンという人物は、とても民から愛されている人物で、騎士団ではない僕から見ても、とても格好良く思えました(*´ω`*)

そして、その部隊が駐屯しているシゾンタニアの町付近で、エアルの異常が発生し、物語が進行していきます。

ざっとこんな感じですね。これ以上話すとネタバレになってしまうので。

それにしても・・・泣いてしまいました、ラスト。悲しすぎますよ。

ではでは、今回はこの辺にしておきますね。
posted by ちょっとオタクなプー at 21:38| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。