2014年11月29日

ブラック・ブレットの7巻を読んだ感想

みなさんお久しぶりです。そしてこんばんは。

今日は、ブラック・ブレットの7巻の感想を書こうと思います。

7巻を読んだ方ならご存知の通り、いつもよりもページ数が少なくて驚きましたね。

だけど内容はとても良くて、新キャラも出てきましたよ。

今回出てきたのは、チーターのガストレア因子を持ったイニシエーター。

武器がとても格好いいですね。確か、ストリートファイターに出てくる、あのキャラが使っていた武器でしたね。

あれでチーターならではのスピードが重なるとなると、延珠は勝てるのか?と思ってしまいます。

確か、これはアニメでも出ていましたよね?ゾーンの話。

恐らくここで僕は、そのゾーンとやらに延珠が達すると思いますね。

ああ、8巻はいつ発売されるのでしょう。インターネットでちょこっと調べたら、来月の12月に発売されるらしいという予想がありましたね。

またアニメ化してもらいたいです。

ちなみに、ブラック・ブレットの中で一番好きなキャラは延珠になってきました。だって・・・可愛いから(*´ω`*)

ウサギのガストレア因子を持っているから、作中でもピョンピョン跳ねていますよね。そこが何だか可愛らしいというか。

もちろん、ティナちゃんも大好きですよ♪ではでは、今回はこの辺で。
posted by ちょっとオタクなプー at 19:38| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。