2017年01月06日

政宗くんのリベンジ 第一話 感想

みなさんこんばんは。

今回は、『政宗くんのリベンジ』の第一話を見た感想を、お届けしようと思います。

僕は・・・僕は・・・こういう作品を待っていました。

この作品、すごく面白いですね。もしかすると今期の中で一番好きになるのではないかと思うくらいに、一話が面白かったです。まだ、今期の作品は出そろっていませんけどね。

主人公の名前は、真壁政宗(まかべまさむね)。そして彼はどうやら、昔は太っていたみたいですね。そして痩せたいま現在、イケメンであるという。

おまけに彼はマッチョですよね!そしてスポーツ万能で成績優秀。高スペックな主人公ですね。

だけども彼は、そんな高スペックである自分を自慢したりはしないのですね。ああ、こういうキャラクター好きです。そして何よりも昔太っていたというところが良いですね。

一話を見た感じではどうやら、政宗は太っている時に安達垣愛姫(あだがきあき)に振られているようです。そして、そのことから、愛姫に良い思いはしておらず、復讐をしようと考えているみたいですね。

ただ、復讐と言ってもそんなに怖いことではなく、政宗に愛姫がすごく惚れたときに捨ててやろうという考えみたいです。

あ、いま文章にしていたら、ひどいことのように思えてきました(汗)。

今作のヒロインである愛姫は、どうやら大食いみたいですね。たくさん食べないとお腹がグーグー鳴って仕方がないのだとか。このギャップは良いですね(笑)。

そして愛姫のあだ名は、「残虐姫」らしいです。彼女に振られた人はみな、嫌なあだ名をつけられるみたいですね、恐ろしいです。

だけど政宗と同じく高スペックの人間みたいですね。もうこの時点で、政宗と愛姫はお似合いなのですけど・・・。

僕の予想では、二人は再会したことをきっかけに、恋仲になっていくと思えます。というか、そこは定番ですよね。

だけども、そうなった場合、政宗のリベンジはどうなるのでしょうね。作品名にもなっているのに、リベンジをしないのでしょうか。

それにしても、「豚足」というあだ名はひどいですよね。しかも、痩せたいまでもそのあだ名を用いるという・・・恐ろしい。

ああ、早く第二話が・・・というか、マンガが読みたくなってきましたよ。この作品、すごく今後の展開が楽しみ♪

それから、主人公ではないけれど、気になったキャラクターもいます。それが、朱里小十郎(しゅりこじゅうろう)。

こういったキャラクターは時々、主人公と面白い絡みをするから好きなのですよね。ワクワク。ワクワク。ワクワク。

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:18| Comment(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セイレン 第一話 感想

みなさんおはようございます。

今回は、『セイレン』の第一話の感想をお届けしようと思います。

セイレンという作品はどうやら、以前に放送されていた『アマガミ』という作品の9年後が舞台になっているらしいですね。

僕はアマガミが大好きだったので、セイレンもこれからすごく楽しみです。

それにしても、アマガミから9年後ということは、僕が一番好きだった七咲逢も9年歳を重ねたことになりますね。

ああ、逢ちゃんの9年後はどんな姿になっているのだろう。この作品に出てくるのでしょうか。とても気になります。

話しが逸れましたが、今作の主人公は、嘉味田正一(かみたしょういち)という名前の人です。

第一話を見た感じでは、女子からは可愛らしいイメージで見られている男子みたいですね。

そして、時々妄想もしちゃうところがあって、見ていて面白いです。

また、こういった妄想をしちゃうところは、アマガミの主人公である橘純一と同じかもしれませんね。

僕からしたら正一からは、既にリア充臭がプンプンと漂ってきます。ああ、僕も高校生活をこんな風に楽しみたかったな(泣)。

そして第一話からのヒロインは、常木耀(つねきひかり)という女の子です。

何というか、クラスのマドンナ的な存在で、そして小悪魔的なところもありますよね。

普通にモテモテでリア充な存在でしょうね。これから正一と良い関係になることを考えると、羨ましすぎて泣けてきます(泣)。

第一話で正一と耀が話すシーンで、既にフラグがたっていたのでしょうね。そもそも耀は、正一をからかうことが好きみたいですね。

ああ、こんなに可愛い子からからかわれるだけでもすごく羨ましいですよ。第二話はもしかすると、嫉妬の目で正一を見てしまうかもしれません。

さてさて、正一と耀はこれからどうなっていくのでしょうか。

最後のところで正一の部屋の窓から入ってきたのは恐らく、耀でしょうね。次の話がとても楽しみです。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 09:41| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

食戟のソーマ 22巻 感想

みなさんこんばんは。

今回は、『食戟のソーマ』の22巻の感想をお届けしようと思います。

22巻のメインは、幸平創真 VS. 葉山アキラの話です。

そしてそして、今回使う食材は、熊肉。そう、くまさんのお肉なのです。

熊肉は、臭みがとても強いらしく、今回の勝負は、匂いにとても強い葉山にとって、かなり有利な戦いとなります。

それでも創真は諦めず、色々なことを試します。

実際に山に登って、熊を探してみたり、熊が食べるものを探してみたり。

一つの料理にここまで力を入れる創真はすごいですね。だから、色々なすごい料理が作れるのでしょう。

そして今回は、二人のバトルがメインなのですが、他にも葉山がなぜ十傑になったのかの話も入っています。

葉山が十傑になったのは、恩義がある汐見潤のためだったのですね。

考えてみれば、それも納得ですよね。葉山がなにも理由も無しに、中枢美食機関(セントラル)に入るわけもないですよね。

本当に、薙切薊(なきりあざみ)は恐ろしい存在です。創真と戦わせるために、葉山の弱みを握るなんて・・・。

まあ、中枢美食機関(セントラル)に入るという選択をしたのは葉山なのですけど、この事情を知っていたら、葉山のことは責められませんね。

そして、メインの料理についてなのですが、本当に・・・本当に・・・おいしそう!!

創真の料理も、葉山の料理も、本当においしそう!!というか、レシピが載っていたから自分で作ってみたくなるくらいにおいしそうですね。

そして今回は、「おはだけ」の亜種である「おはじけ」が出てきましたね。

まさか、「おはだけ」に亜種が存在したなんて・・・。おまけに、「おはじけ」の上位にあたる技である、「おさずけ」も出てきました。もう本当に、22巻はすごい技を見ることができますね。感動をして、目から涙が・・・(笑)。

一応説明をしておきますと、「おはじけ」とは、薙切アリスの父親であり、薙切仙左衛門(なきりせんざえもん)の息子である薙切宗衛(なきりそうえ)という新キャラクターが用いる技です。

そしてその技は、服が、薙切宗衛の体を中心に爆発したようにはじけるという技です。まあ、この説明でわかりづらいのでしたら、22巻を読めばわかります(笑)。

また、「おさずけ」とは、恐らく同じものを食べている人の服が「おはだけ」してしまう技のようです。

つまり、自分にだけではなく、他人にまで作用してしまう技。ちょっと・・・強すぎですよね(笑)。

おっと、「おはじけ」と「おさずけ」の話だけで随分と長く話してしまいました。

今回の幸平創真と葉山アキラの勝負は恐らく、創真の勝ちということで終わりだと思います。

まあ、確実な判定結果は出ていなかったのですが、最後の一票を持っている薙切宗衛の話しぶりから、そうなのではないかと思えます。

はあ・・・最初はどうなるのかと思いましたけど、創真は退学をせずに済みそうですね。

それから、この巻で一番笑えた場面は、僕の中では、堂島銀(どうじまぎん)が風呂場でヨガのポーズをしていたところですね。

一瞬、「この人風呂場で何してるの!?」と思いました(笑)。

ではでは、今回はこの辺にしておきますね。
posted by ちょっとオタクなプー at 20:34| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

魔法科高校の劣等生

みなさんこんばんは。

今回は、魔法科高校の劣等生について書こうと思います。

実は、去年から少しずつ読んでいまして、いまは16巻を読んでいます。

最初は「アニメも見たし、ライトノベルは読まなくても良いかな」と思っていました。しかし、実際に読んでみると、止まらなくなるくらいに面白いのです。

ただ、内容は時々とても難しくて、意味がわからなくなるときもあります。だけども、それでも面白いものは面白いのですね。魔法科高校の劣等生は、僕の大好きなライトノベルの一つとなりました。

ところで、この作品のアニメ第二期はいつ始まるのでしょうか。もう、楽しみで楽しみで、第一期も何度も見てしまいます。

そういえば今年の夏に映画が放映されるらしいですね。

今回は完全オリジナルらしいですね。16巻までに九亜という登場人物なんて出てきていませんし。

名前から察すると、「九」の文字が入っているということは・・・。う〜ん、僕の考えすぎでしょうか。

そういえば、この作品では、九の文字を持った登場人物は他にもいますもんね。

魔法科高校の劣等生は、数字に結構意味を持たせている部分が大きいと思います。というか、そんなことはこの作品を知っている人ならみんなご存知ですよね。

僕はこの作品で一番好きな男のキャラクターは、主人公である司波達也です。

とても若いのに才能に溢れていて、それなのに努力を怠らない。おまけにかなり強い。

こんなに最高の人物が、モテないはずはないですよね。というか実際にモテますよね。

ああ、僕も生まれ変わるなら、達也のような人間になりたいです(笑)。

そして、僕がこの作品の中で一番好きな女性のキャラクターは、七草真由美ですね。

だって、すごく可愛くないですか?

彼女の魅力は、時々人をからかおうとする、小悪魔的なところでしょうか。

確か15巻の彼女は、とても可愛らしく描かれていましたね(笑)。

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪
posted by ちょっとオタクなプー at 17:36| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする