2016年02月14日

みそララを読みました。

みなさんこんばんは。

今回は、宮原るり先生の作品である『みそララ』を2巻まで読んだので、その感想を書こうと思います。

ところで、みなさんは宮原るり先生をご存じですか?

この先生の代表的な作品で言うと『僕らはみんな河合荘』と『恋愛ラボ』です。

最近の僕は、『僕らはみんな河合荘』が大好きになってしまったので、何度も読んでいるうちに、宮原るり先生の他の作品にまで手を出すようになりました(笑)。

それでは、感想を始めますね。

この『みそララ』という作品は、基本的には、4コマ漫画のようです。

そして、2巻の途中から、『恋愛ラボ』の棚橋鈴音と倉橋莉子が出てきて、驚きました。

どうやら『恋愛ラボ』と『みそララ』は繋がっているみたいですね。

ちなみに、棚橋鈴音は、この作品に出てくる棚橋裕也の妹という設定みたいです。

ということで僕は、『恋愛ラボ』も読みたくなってきました(笑)。

この前、アニメイトで『恋愛ラボ』を探したのですけど、見つからなかったのですよね。店員さんに聞けば良かったです。

では、この作品の主人公をご紹介しましょう。

その名も麦田美苑(むぎたみその)です。

この作品のタイトルにもなっている、『みそララ』の「みそ」は、「美苑」の「みそ」から来ているみたいですね。

ちなみに、この麦田美苑ですが、あだ名が「麦みそ」です(笑)。

実は、麦味噌というお味噌があるらしいのですよ。ここも面白いところですよね♪

あ!肝心の設定の話しを忘れていました。

主人公の麦みそこと、麦田美苑は、勤めていた会社が倒産してしまいます。

だけども、その会社に勤めている時には、仕事があまり面白くなかったらしいのです。

そこで、今度は楽しい仕事をやろうと思い、求人誌で見つけた「有限会社マース企画」という会社の面接を受けます。そして、その会社に受かるのです。

その会社には、とにかく個性的な人が多いです。だけども麦みそは、とても充実しているみたいです。

ざっと、こんな感じでしょうか。

とにかく、この作品は、『僕らはみんな河合荘』が好きな人ならば、好きになる作品かもしれません。

ちなみに僕は、電子書籍で読んでいます♪

電子書籍でも、十分に楽しめますよ♪

この作品の中で一番好きな登場人物は、麦みそですね。

何だかとっても可愛いのですよ。すごく好みなのですよ。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 18:24| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする