2016年01月23日

東京レイヴンズ 14巻 EMPEROR.ADVENT 感想 その3。

みなさんこんばんは。

今回は、東京レイヴンズの14巻『EMPEROR.ADVENT』の感想、その3をお届けします。

土御門春虎と角行鬼は、突然に、陰陽庁新宿支局に現れます。

祓魔官になって1年目の「彼」は、土御門夜光の転生者である春虎と、その式神である角行鬼を見て、何を思ったのでしょうか。

この項では、二人が現れたときの「彼」の行動などは描かれてはいませんでした。だけども、僕が「彼」ならばきっと、手も足も出せないことを瞬間的に感じ、何もしないのではないかと思います。さすがに祓魔官になってから1年目で、この二人と戦う気にはならないと思います(笑)。

それにしても、この時の春虎の台詞はとても格好良いですね。この場面を読んだ時、これから春虎が何をやるのかと、とてもワクワクしましたから。

そして、この場面での春虎の行動には、ちゃんとした理由があったわけなのです。だけど、それを知らなかった・・・いえ、知ることができなかった夏目たちにとっては、この時の春虎の行動は、あまり良くは感じられませんでしたね。

それから、いよいよここから二章の話となります。

二章の一節目から早速、倉橋源司がなぜ、このようなテロのような行為を始めたのか、その原因となる部分が明かされます。

その原因となったのは、倉橋源司の父が抱いていた、陰陽道に対する強い志だったのでしょう。

その志を引き継ぎ、いまの倉橋源司があるのだと思います。

また、倉橋源司という人物は、母であり、倉橋家の前当主である倉橋美代よりも、倉橋家の嫡男(ちゃくなん)として生まれた父を尊敬していたのでしょうね。そのことが、この場面から見て取れます。

そして、場面は変わり、今度は、倉橋源司と、土御門家現当主である土御門泰純との対話が実現します。

土御門泰純はどうやら、民家の一室に軟禁をされているみたいです。そして、この場面からは、土御門鷹寛や、千鶴とは異なり、呪力が一部だけなのか、完全には封じられていないことがわかります。

それは、土御門家が、倉橋家の宗家であることと関係しているのでしょうか。それとも、土御門泰純には何かを起こすことができる力がないため、そのような措置をされているのでしょうか。

どちらにしても、軟禁をされている状態では、いくら土御門泰純が優れた星読みだとしても、あまり意味をなさないですね。

また、土御門泰純が倉橋源司にかけた最後の言葉は、何だか切なくなってきます。

土御門泰純は、倉橋源司を止めたかったのでしょうね。

場面は変わり、滋岳俊輔の話となります。

ちなみに「滋岳」と書いて、「しげおか」と読みます。

僕は、この「滋岳」という漢字の読みをなかなか覚えることができなくて、確か、違う読み方をずっとしていたと思います。

東京レイヴンズでは、時々難しい漢字のキャラクターが出てきますから、読むときに困ることがあります。例えば、幸徳井(かでい)姉妹や、弓削(ゆげ)独立祓魔官など。

だけども、読み方さえわかれば、一つ、漢字の知識が増えたことになって、得ではありますよね♪

少し話しが逸れましたが、滋岳の話に戻ります。

滋岳は相変わらず、軍人みたいな感じですね。そして、イメージ的にはとても頑固。だけど、確か、部下からの信頼はとても厚かったのですよね。僕は正直、こういう上司は苦手ですけど(笑)。

この場面ではじめて、滋岳の新しい機甲式である「モデルFAR・Ver7」が出てきます。

滋岳は、この機甲式「FAR」を自由に使えるわけですから、相当に強いですよ。それで、どこかで、滋岳VS宮地磐夫を実現してもらいたいですね。そういうバトルものをあざの先生がもし書いたのならば、是非読みたいです。

また、この場面で、1章の終わりにあった、土御門春虎と角行鬼による被害状況が話されています。

滋岳は、色々とこの二人の行動を推測はしているのですが、答えは見つかりませんでした。

それから、この場面で滋岳は、「月刊陰陽師」のウェブサイトのことを知ります。

どんどんどんどん、話が繋がっていって、本当に面白いです。

それでは、今回はこの辺にしておきます♪

何だか、この感想は「その10」を越えてしまいそうな予感がしてきました。

それだけこの14巻の内容が濃いということでしょうね。

これからも、このブログをよろしくお願いします♪

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 18:45| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

トキワ来たれり!! 5巻 感想。

みなさんこんばんは。

今回は、松江名俊先生作である『トキワ来たれり!!』の5巻の感想をお届けしようと思います。

5巻では、マキナくんこと、DEMV(デウス・エクス・マーキナーV世)が自爆をし、体が消えてしまいました。

あの場面でのマキナの自爆は正しかったと僕は思います。

その自爆が出した光のおかげで、敵であるソーサリアンを退けることができたのですから。

ただ、その代償はとても大きかった。

マキナの頭脳部分は助かったとはいえ、トキワ団の戦力である、マキナの体を失ってしまったのですから。

ただ、その代わりと言っていいのかわかりませんが、八坂トキワは、マキナの左腕と右足という武器を手にいれました。

また、トキワが目覚めてから、自身の機械化した左腕を見たときの表情は、とても印象に残りました。

まるで、信じられないようなものを見たような、または、絶望を目の当たりにしたような、そんな感じの表情ですよね。

そのあとの「うああああああああああああああああああ」は、本当に・・・本当に・・・ぐす(泣)。

だけど、マキナという存在が消えたわけではなかった。ちゃんと、トキワと会話はできる。

友を失ったと思い、絶望を感じていたトキワには、それはかなりの救いだったのでしょうね。

マキナの存在が消えなくて、本当に良かったと感じましたよ。

それに、DEMUと会うことができれば、マキナの体も元通りにできる。希望はまだまだあるみたいですね。

それにしても、トキワがマキナから受け継いだ右腕の能力は、とても高いですね。

トキワの精神エネルギーを使い、放つ、大出力のエネルギー砲。マキナが放つよりも、威力がありそうな感じですね♪

ただ、その武器は、精神エネルギーを使うため、出力をコントロールすることができなければ、トキワの精神が消耗され過ぎて、極度の虚脱状態に陥るみたいです(笑)。

現時点では、諸刃の剣という感じでしょうか。

そして、その後の鈴木ゼンバイザー(仮名)の話には驚きました。

鈴木ゼンバイザーは、かつての「存在の時」に「天啓の勇傑」のリーダーをしていた男だったのですね。

また、そのメンバーの中に、草薙カナタの父や、弥多ハルカの父がいたことにさらに驚きました。

メンバーは見た感じでは、7人いたみたいですね。

恐らく、これから、ハルカの父親以外との接触がありそうな気がします。

そこから、話が進んでいき、トキワ団は、鈴木ゼンバイザーからの捜査の手伝いを行うこととなりますね。と言っても、現時点で参加を行うのは、トキワと、りいんと、マキナだけなのですけど。

依頼を受けたトキワと、りいんは、銀行へと向かいます。

依頼を始めるには、「正体不明の何か」を見つける必要があります。そして、その「正体不明の何か」は、銀行に現れるのだとか。

だけども、銀行は、指定地点の半径10キロメートル以内に七つあるため、何だか面倒くさそうな依頼となりそうだったのです。

だけど、意外と簡単に「正体不明の何か」を見つけてしまい、そして、戦うことになります。

この戦闘シーンでは、トキワは本当に死にかけましたよね。鈴木ゼンバイザーは、やさしい事件ばかりと言っていたのに(笑)。

それにしても、トキワが「力を制御」するために行った、腕の動作が、前作の「史上最強の弟子ケンイチ」の主人公である兼一が行う、「流水制空圏」に似ていたような・・・(笑)。

最初、この場面を見たときは、「まさか・・・何かやるのか!?」と思いましたね(笑)。結局、無意味な動作だったわけなのですけど(笑)。

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪

あ、あとあと、この巻で、トキワとハルカとの友情が、少しだけ進みましたね。良かった良かった♪

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 21:24| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

東京レイヴンズ 14巻 EMPEROR.ADVENT 感想 その2。

みなさんこんばんは。

今回は、東京レイヴンズの14巻『EMPEROR.ADVENT』の感想、その2をお届けします。

「月刊陰陽師」の編集長である古林は、若宮里香からの連絡を待っていました。

若宮里香は、古林に一通のメールを送っています。その中身はというと、明後日に予告されている霊災テロの真の黒幕が、倉橋源司であるという、信じられない内容のもの。

だけども、そのメールの内容は、古林が数年前から陰陽庁に抱いていた疑惑を、すべて解消させるものだったのです。

まさか、この一通のメールが、後々、大きく物語を進めるとは思いませんでしたね。

もし、このメールがなければ、倉橋京子が若宮里香あてに掛けてきた電話を、古林は取らなかったのではないかとさえ思えます。

さらに言えば、このメールのおかげで、「月刊陰陽師」のウェブサイトに告発の記事が載ることもなかったのです。

東京レイヴンズは、色々と仕掛けがあって、本当に面白いですね(*´ω`*)

場面は変わり、阿刀冬児が、国会議員であり、冬児の父親でもある、直田公蔵と会う話に。

当初、天海大善も同席するはずだったのですが、「月刊陰陽師」とのことがとても上手くいったため、そちらに出向くこととなります。

つまり、冬児は一人で直田公蔵を説得しなければならないのです。

僕はこの時点で、「冬児だけで大丈夫か!?」と思いました。なぜなら、相手は大物政治家であり、一つの党の幹事長まで務めている男なのですから。

冬児は、直田公蔵と会い、早速、「取り引きがしたい」と持ち掛けます。

そして冬児は、直田公蔵に紙を渡し、読んでくれるよう促します。

その紙を読み終えた直田公蔵は、冬児と少しばかり会話をした後、この「取り引き」に対する見返りを求めます。

冬児が言うには、その見返りとは、その情報そのもの。

現在野党である、直田公蔵が幹事長が務める自主党は、この情報によって、与党である新民党に大ダメージを与えられるのです。

だけども話しはそう簡単ではないのです。その情報そのものが、証拠がなく、虚偽である可能性があるからです。

その後、冬児と直田公蔵との会話、冬児の心情などが続きます。

僕はこの場面を結構面白く読んでいました。

内容はとても真剣そのものだったのですけど、冬児と直田公蔵の頭脳戦?とでも言うのでしょうか、頭が良すぎる会話で、心がウキウキしました。

そして、「頭が良すぎる会話」と表現している僕は、「頭が残念な人」みたいになりそうですね(笑)。

それから、この場面で「最中案件」という言葉が出ます。

この言葉の意味は、この時点ではわかりませんでしたね。

最中案件!?そんな言葉あったっけ!?と、ちょっと頭の中に疑問符がたくさん浮かびました。

これがまさか、伏線だったとは思いませんでしたけど(笑)。

場面は変わり、三善十悟と山城隼人の話になります。

この時点で、三善十悟と山城隼人は、陰陽庁長官であり、祓魔局局長である倉橋源司に何かしらのことを思っていたのでしょうね。

そして、元特別霊視官として、「視」る力に長けている三善十悟は、何かを「視」ます。

そこから二人は、行動を開始することとなります。

まず二人は、夕食時ということで、外に出ます。

二人は外に出たのですけど、後ろから陰陽師がつけていることに気が付きます。そして、山城隼人は、その陰陽師を倒します。

やっぱり、山城隼人も十二神将ですよね。並みの陰陽師では、相手にすらなりません。それに、尾行をしていることに気が付かれている時点で、その陰陽師にはもともと勝ち目がなかったと思いますね。

というかそもそも、三善十悟を欺くことって、春虎でもできるのでしょうか・・・。恐らく、無理ですよね。

そう考えると、最初から尾行なんて意味がなかったようなものですね(笑)。

このコンビは結構良いかもしれません(*´ω`*)

その後、三善十悟と山城隼人は、若宮里香と烏天狗(からすてんぐ)に会います。



今回の感想は、この辺にしておきます。

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:48| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

東京レイヴンズ 14巻 EMPEROR.ADVENT 感想 その1。

みなさんこんばんは。そして、お久しぶりです。

今回は、東京レイヴンズの14巻『EMPEROR.ADVENT』の感想をお届けしようと思います。

読んだ方はわかると思うのですが、14巻の1ページ目には、カラーの絵が載っています。

最初、夏目の後ろにいる人が、誰だかわかりませんでした。

いや、もちろん、大友先生であろうという予測はしていたのです。だけど、後ろ姿だったため、少々わかりづらかったです。

そして僕は、この人物が誰であるかは、物語を読めばわかると思っていました。

もしかすると、14巻では、大友先生は出ないのではないか。この人物は、大友先生ではないのではないか。などと考えていました。

だけど、その予測とは反し、ちゃんと、大友先生は最後の方に出てきました。とりあえずそこで、この人物が大友先生だとわかりました。

それでは、少々前置きが長くなりましたが、本編の話しをしたいと思います。

物語は、相馬多軌子の過去からスタートします。

この過去の話では、大連寺至道と倉橋源司が出てきます。

二人はどうやら、多軌子に会いに来ていたみたいです。そして、この時点で既に、神降ろしは計画されていたものだと思えます。

また、大連寺至道もいることから、既に大連寺至道は、倉橋源司とは共謀関係にあることもわかります。

というか、大連寺至道は、相馬の傍系(ぼうけい)なのだから、倉橋源司と組んでいたとしてもおかしくはないですよね。

そして場面は変わり、「彼」や「彼女」など、誰の会話かよくわからない話が続きます。

だけどもこの場面は、泰山府君と、相馬秋乃の会話。それに、とても重要な場面だと僕は思います。

そして、その場面は、秋乃は夢の中で起きたものだと解釈し、あまり記憶には残らなかったみたいですね。

そこから、目覚めた秋乃は、多軌子と出会い、現状を知ります。

どうやら秋乃は、禹歩を使った後、意識を失い、多軌子たちの隠れ家?に連れていかれたみたいですね。そして、秋乃が意識を失ってから、既に一晩が経っています。

つまり、その日は既に3月1日。天゙地府祭(てんちゅうちふさい)が明後日にまで迫っていました。

秋乃はそれから、夜叉丸と多軌子に連れられ、春虎の養父である、土御門鷹寛と、千鶴との再会を果たします。

だけどもどうやら、その中には、土御門泰純はいないらしく、別の場所に監禁をされているとのこと。

そして、鷹寛と千鶴の額には、鈴鹿と同じ、×印が描かれています。

僕はこの場面で、少し矛盾点があるのではないかと感じました。

作中では、「完全に呪力が封じられているのだろう」と書かれていますが、その前の場面では、夜叉丸が鷹寛に向かい、秋乃のことについて「君なら『視』ればわかるだろ」と言っています。

つまり、夜叉丸が言ったこととは、鷹寛にはまだ陰陽師としての力があるとしているようなものなのです。

また、なぜ、完全に呪力が封じられていたとしたら、この場面に矛盾点が生じるのかというと、それは十二神将の天海大善がその例です。

天海は、呪力を完全に封じられていて、そして、「視」ることすらできなくなっています。

もしこれが本当に矛盾点だとしたならば、是非、直してもらいたいです(*´ω`*)

そして、場面は変わます。

土御門夏目たちは、これからどうするかの話し合いを始めます。

この場面で、「私が悪い」や「俺が悪い」などの自分を責める台詞が、夏目たちから出てきます。

普段はそんなことを口にしないような、冬児ですら、弱気になっているのです。本当に追い詰められていることが、ここから伝わってきますね。

そこから夏目たちは、これからのことについて話し始めます。

それは、以前、倉橋京子に接触をしてきた、「月間陰陽師」の記者である、若宮里香を伝い、「月間陰陽師」をこちら側に抱き込む。それと同時に、冬児の父親であり、国会議員でもある直田公蔵を頼り、政府を動かす。という策を始める話しみたいです。

だけども、その記者とも、冬児の父親とも、連絡はなかなか取れません。

時は刻一刻と迫ってきているのに、思い通りにはいきませんね。

すると、冬児の携帯に連絡が入ります。

どうやらその相手は、冬児の母親。

冬児の母親は、直田公蔵と連絡を取り、アポも取ったみたいです。そして、母の店で、直田公蔵と会うことになります。




とりあえず、今日は感想をここまでにしておきます。

14巻は、内容が濃すぎて、どう書いていいのかわからず、読み終えてから1か月以上も経ってしまいました。

なので、少しずつですが、感想を更新していこうと思います。

今後もこのブログをよろしくお願いします。

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 19:40| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

ジャンプスクエア 2月号 感想。

みなさんこんばんは。

そして、お久しぶりです。

今回は、ジャンプSQの2月号の感想をお届けしようと思います。

では、まずは、僕がジャンプスクエアの中で一番大好きな作品である、助野嘉昭先生が描く『双星の陰陽師』から。

今回の話は、音海繭良が斑鳩士門に修行の相手をしてもらえるように頼んでいるところから始まりましたね。

最初に繭良が士門に、修行の相手を頼んだ時には、断られていました。

どうやら、士門からすると、繭良には「強くなろうとする意志」が感じられなかったみたいです。

士門から修行を断られ、その時に言われたことについて、繭良は考えます。そして、繭良に足りていなかった「決意」を得ることとなります。

それが、「もっと強くならなければいけない」という強い決意。

一度目の修行を頼んできた時と、繭良の目が違っています。そのことにより、士門は、修行相手を引き受けることとなります。

場面は変わり、焔魔堂ろくろと士門のタッグVS婆娑羅との戦いに。

普通に考えれば、2対1で、ろくろと士門の方が有利に思えるかもしれません。

だけども、敵は婆娑羅。この戦いが簡単なものではないことがわかります。

おまけに、婆娑羅は札で肉体を強化し、とてもマズイ状況に。

ろくろと士門は、無事に婆娑羅を倒し、繭良たちの元へと行けるのでしょうか。

そして、場面は変わります。次は、繭良ともう一人の婆娑羅との戦い。

今話の繭良は、前話の繭良とは明らかに違いますね。婆娑羅を絶対に倒すという、強い意志が感じられます。

繭良は、様々な呪を組み合わせ、婆娑羅を追いつめて行きます。

まさか、こんなにも多くの呪を使えるとは、正直思いませんでしたね。ろくろよりも器用だと感じました。

おまけに、その呪を組み合わせ、婆娑羅の得意とする雷の呪を利用する作戦を思いつくなんて。繭良は陰陽師に向いていないと言われているけど、さすがに天若清弦の娘だけありますね。

そして、これで婆娑羅をやっつけたか!?と僕は思いました。だけど、そんなに簡単に倒せるのならば、苦労はしませんよね。そして、当たり前のように婆娑羅は、繭良の前に立ちふさがります。

もう、もう、もう、本当に婆娑羅ってひどい。どうしてこんなにもひどいことを女の子にできるのでしょうか。

繭良は婆娑羅にダメージを加えられ、ボロボロに。

もう、繭良は婆娑羅には勝てないのだろうか。

婆娑羅により、化野紅緒は殺されてしまうのだろうか。

そう、思ったとき。

救世主が現れます。

その救世主が現れたのは、清弦が持たせてくれたお守りから。

その救世主の名は、十二天将、白虎。

そして、繭良は白虎に力を貸してくれるように頼みます。

僕はこの場面でしびれましたね。これなら、繭良にだって勝機があるのではないか!!と。

その考えを肯定するように、白虎の力を得た繭良は、とてつもない力で婆娑羅を追いつめていきます。

力任せの呪力を次々と婆娑羅に放ちます。

繭良は本当に、本当に、強くなりましたね。

それから、婆娑羅がついに本気を出す!というところで今回の話は終わりです。

ところでところで、もしかして、十二天将を受け継いだ者は、白虎のような力を得るのでしょうか。

そういえば、士門も特殊な装備をつけていますね。

ということで、次回も楽しみにしています。

次は、原作、鏡貴也先生、漫画、山本ヤマト先生、コンテ構成、降矢大輔先生の作品である、『終わりのセラフ』の感想をお送りします。

百夜優一郎は、前回の話でついに、完全に「ラッパ」に手を出してしまいました。

そのことによって、優一朗は・・・暴走!?

どうやら優一朗のいまの状態は、「塩の王」みたいですね。

「塩の王」とは一体何なのだろうか。塩を司る、天使の王・・・?

これから優一郎はどうなってしまうのだろうか。

世界は優一郎の手によって、滅ぼされてしまうのだろうか。

だけども、優一郎の中には、もう一匹「鬼」がいます。

その名は阿朱羅丸。

阿朱羅丸は、優一朗の中にいる「天使」を制御させるため、優一朗に「鬼」になることを促します。

このことにより、優一朗は「鬼」になりましたが、「天使」を抑え込むことには成功したみたいですね。

それにしても、一瀬グレンは一体どうなってしまったのでしょうか。

あの優しくて、家族想いのグレンはどこに行ってしまったのでしょうか。

柊深夜は最後の場面で言っていましたね。「鬼に心を」と。

もしかして、本当にグレンは鬼に食われてしまったのでしょうか。グレン・・・正気に戻ってくれ・・・。

その後、吸血鬼の間でも、女王であり、第3位始祖であるクルル・ツェペシを、第7位始祖のフェリド・バートリーが裏切ってしまいます。

もう、何が何やらわけがわからなくなってきましたよ。本当に、何が起きているのでしょうか。

人間のあいだでも、吸血鬼のあいだでも、ごたごたごたごた。もう、みんな仲良くしてよ!!

そして、場面は変わります。そこには、3か月後の世界が描かれていました。

柊シノア隊、鳴海真琴と共に逃げた、百夜ミカエラは、ある小屋を訪れます。

そこには、角が生えていて、鎖に繋がれている、優一朗の姿が。

次回は本当にどうなるのでしょうね。とても、とても、気になってしまいます。

ではでは、今回も長くなりましたが、この辺で終わりにしておきますね♪

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 18:14| Comment(0) | 漫画雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする