2016年01月29日

東京レイヴンズ 14巻 EMPEROR.ADVENT 感想 その4。

みなさんこんばんは。

今回は、東京レイヴンズの14巻『EMPEROR.ADVENT』の感想、その4をお届けします。

弓削麻里は、宮地磐夫に電話を掛けたようですが、繋がらなかったようです。

弓削は、「月刊陰陽師」が公式サイトに掲載した、陰陽庁への告発記事を見て、とても心配になっているようなのです。

その気持ちもわかります。なぜなら、その記事には、行方不明となっている「神扇」天海大善が出ていたから。

天海は、弓削の記憶よりもずっと痩せていて、額には×印もあります。

弓削が最も注目をしたのは、その×印の方。このような呪印を扱えるのは、倉橋源司ただ一人。そのことが、この記事への信憑性を高めたみたいです。

そして、この記事から天海について考えられることは、二つ。

一つ目は、天海は双角会の一員であり、陰陽庁の裏切り者だったという可能性。

二つ目は、天海が本当に真実を語っているという可能性。

そして弓削は、不安になり、上司である宮地を頼りたいと思い、電話をしたのです。

弓削は、十二神将とは言え、まだまだ24歳の女性。自分よりもずっと年上である宮地に頼りたいという気持ちは、とてもわかります。

それから、幸徳井白蘭(かでいびゃくらん)から、着信があります。

この時に弓削は、その着信が宮地からだと瞬間的に思ったのですけど、残念ながら白蘭からのものだったため、電話を取るか、少し迷ったようです。だけども、弓削は誰かとこの話しに共感したいと考え、出ることを決めます。

この電話の時点で、幸徳井姉妹、三善十悟、山城隼人、若宮里香は、同じ部屋に居たのでしょうね。あ、それと忘れてはいけないのが、烏天狗も居るということですよね。

そして、この電話を弓削にしてきた目的が、弓削をこのメンバーの仲間に入れようとするもの。

僕は、この場面の会話で、幸徳井姉妹も、何かを知っているものだと感じました。だけども、まさか三善たちと合流しているとは思いませんでした。まあ、弓削との会話で、話しが噛みあっていませんでしたからね。

それから場面は変わり、夏目たちの話になります。

「月刊陰陽師」が出した陰陽庁への告発記事の情報が、広まりつつあるようです。

ただ、大連寺鈴鹿は、そのことに納得しておらず、「自分が出ておけば、もっとニュースに大きく取り上げられていた」と言っています。

鈴鹿のその気持ちはわかります。だけども天海は、今回の件では、鈴鹿が出ることは「向かない」と思っています。

鈴鹿は、呪術界のアイドル。そのため、この件で鈴鹿が出てきたところで、真面目に扱われないどころか、自分たちの狙いとする層から、まともに扱われなくなる可能性だってあるわけです。

天海は、本当に色々なことを考えていて、すごいと感じますね。

僕も、この件に関しては、鈴鹿が出ないことについては賛成です。

それから、夏目たちの話題は、春虎のことへと移ります。春虎が、サイトを更新する前に行った、新宿支局への攻撃について。

鈴鹿はこのことについて、「タイミングが悪い」と言っていますね。

確かにその通りです。だけども、この新宿支局への攻撃は、これから辿る物語への重要なポイントとなるため、仕方がなかったのですけど。

それから、場面は変わります。今度は、相馬多軌子サイドへ。

夜叉丸はどうやら、インターネット上での告発に、驚いているようです。

それは驚きますよね。こんな形で告発をされるなんて、予測できませんから。

そして、天海がこういった行動を取ったのにも関わらず、夜叉丸たちは、天海側に「証拠」と呼べるものがないことを見抜いているようですね。

ただ、天海の性格から、これだけで終わるとは考えられないことも、夜叉丸たちは考えています。さすが、天海ですね♪

それから、場面は変わります。今度は、弓削の話へ。

この場面でついに弓削は、幸徳井姉妹、三善、山城、若宮、烏天狗に会い、知ってしまいます。これまでに、何が起きたのかということを。

弓削はどうやら、茫然自失(ぼうぜんじしつ)となったようです。つまり、このメンバーの話を聞いて、我を忘れてしまった状態ということです。

それから、このメンバーは、弓削を「戦力」として協力させるために、弓削を呼んだことを話し始めます。そして弓削は問います。「室長は?」と。

弓削にとって宮地は、とても頼りになる存在であり、居てくれるだけでも、とても安心感がある存在でもあるのです。

だけども、宮地は敵側の人間。

そのことを知った弓削は、宮地に電話を掛けます。だけども、繋がらない。

そして、三善が弓削に向かい、言います。

「室長は本部に戻られた」と。

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪

なんか、これを書いていて思ったのですけど、これって本当に「感想」ですか?僕は何か間違っているのではないでしょうか。

う〜ん。頭が痛い。いえ、僕の頭が悪い。

もし、よろしかったら、この感想に対する意見などを下さると、大変うれしいのですけど・・・。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:38| Comment(2) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

外でライトノベルを読んでいたら、よくあること。

みなさんこんばんは。

今回は、外でライトノベルを読んでいたら、よくあることを書こうと思います。と言っても、今回はとても短い日記なのですけどね。

僕は、某、飲食チェーン店で、コーヒーを飲みながら、ライトノベルを読んでいました。

それからしばらくして、僕の隣の席に、女性客が座ってきたのです。

「あ!女性客が来たな」くらいにしか僕は思いませんでした。

それから、事件が起きたのです。

その女性客が座ってきた、ちょうどその時、ライトノベルの笑える場面に遭遇してしまいました。そして、僕は笑ってしまったのです。

すると、何が起きたと思いますか?

きっと、このブログの読者なら、既に気が付いているはずです。

そう・・・隣に座ったはずの女性は、僕が笑った瞬間、席を移動したのです・・・。

正直、正直正直、悲しくなりました。

誰だって、誰だって笑うじゃないですか!面白ければ笑うじゃないですか!なのに・・・なのに・・・なんで、離れて行くのですか。

う・・・うんうん。オタクあるあるですよね。

読者の皆さんも、お気を付けください。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バトルガールハイスクールがすごく面白いです。

みなさんこんばんは。

今回は、バトルガールハイスクールについて語ろうと思います。

僕はいつからか、このゲームアプリをダウンロードして、ずっと遊んでいます。

このゲームは、可愛いキャラクターをなでなでできたりなど、癒し要素がたくさんあるのです。

そして、ついに本日から、「協力バトルおまかせマッチ」が開放されました!!

今までにも、プレイヤー同士で遊ぶシステムは、このゲームの中にもありました。だけども、今回新たに解放されたこのシステムは、プレイヤー同士で協力プレイができます。

早速今日、僕もやってみたのですけど、すごく面白いです!!

もう、何て言うのでしょうか。すごく興奮をして、ブログを書いているレベルです。

本当は今日は、東京レイヴンズの感想の続きを書こうと思っていたのですけど、読者様には申し訳ないのですけど、気づいたらこのゲームでずっと遊んでいました。

ちなみに、このゲームで一番好きなキャラクターは、綿木ミシェル・・・と、言いたいところですけど、確か2番人気でしたよね。ということで僕は、火向井ゆりを推します。

ゆりちゃんは、規律を重んじる、風紀委員長さんなのです。

ただ、身長がとても低くて気にしてしまっているのですけどね(笑)。

そして、長い時間関わってあげないと、怒ってしまいます。だけども、そこがとってもかわいいのですけど(笑)。

ちなみに、一番親密度が高いのは、千導院楓ちゃんです。

僕は楓ちゃんの、色々な「ヒミツ」を知っています(笑)。

僕は無課金なのですけど、いまだに飽きませんね。

それと、数か月くらい前に、新たに追加されたキャラクターである、サドネは、僕のことを「おにいちゃん」と呼んでくれます(*´ω`*)

あ!ちなみになのですけど、このゲームを既にプレイされている方は、アップデートをしなければ、先ほど書いた新しいシステムは使えませんよ!!

なので、今すぐアップデートをして、遊んでください♪

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:55| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜って、面白いですよね!!

みなさんこんばんは。

今回は、『ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜』について話そうと思います。

僕が最初にタイトルを見たときには、「ハルタとチカという人がどうせ恋をするんでしょ」とか「リアルが充実している人たちの物語でしょ」などと思っていました。

だけどだけど、どうやら中身を見てみたら、違ったみたいなのです。

ハルタこと、「上条春太」は、チカには恋をしていません。

そして、チカこと、「穂村千夏」も、ハルタには恋をしていません。

今後、ハルタとチカが、お互いのことを好きになる可能性は十分にあるとは思います。

だけども、3話まで見た感じでは、それは無さそうな気がしてきました。

なぜなら、ハルタは、所属する吹奏楽部の顧問である「男性」が好きだからです。

いまの時代、男性が男性に恋をするなんてことは、珍しくはありません。そのため、僕は、偏見などは無く、この作品を見ることができます。

そして、チカも実は恋をしているのです。

その相手は、ハルタと同じく、吹奏楽部の顧問である「男性」。

その顧問の「男性」の名は、「草壁信二郎」。

3話まで見た感じでは、とても有能な顧問のようです。そして、その人物は、将来を嘱望(しょくぼう)された指揮者だったみたいなのです。

まだ年齢は若く、26歳。これから未来が十分にありそうな若者です。

つまり、ハルタとチカは、同じ「男性」に恋をしているということです。

この設定だけでも僕は、ワクワクドキドキしてきますね。

そこにさらに、もう一つ「謎解き」という要素も加わってきます。

1話2話3話と、「謎解き」を行っていましたからね。なので、4話以降もその傾向は続くと思えるのです。

うんうん。これから面白くなってきそう♪

だけど・・・だけど・・・面白くなってきそうなのですけど、3話の内容がちょっと、薄かったような感じがしました。

ハルタはどうやって、マレン・セイの鍵付きアタッシュケースをあの場に持ってきたのでしょうか。

恐らく、マレンの親に頼んだとかなのでしょうけど、そもそも、マレンの親は家に居たのでしょうか。

う〜ん。う〜ん。親だけが、そのアタッシュケースを持ち出せる理由にはならないのでしょうけど、少々腑に落ちないですね。

ま、まあまあ、これは原作があるアニメ作品にはよくあることです。原作を読めば、わかると思いますし。

他にも気になったところはいくつかあるのですけど、僕は純粋にこの作品を楽しもうと思います♪

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:31| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を6巻まで読み終えました。

みなさんこんばんは。

今回は、俺ガイルこと、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』を6巻まで読み終えたので、その感想を書こうと思います♪

僕は、俺ガイルを6巻まで読んでみて、思ったことがあります。それは、主人公である比企谷八幡は、「人が嫌い」だと言っているけれど、本当は誰よりも、人に優しくしたいのではないかと。

八幡は今まで、色々と、人に裏切られてきたことを語っています。

自分をプロのぼっちだと語る程に、八幡はぼっちだと、僕も思います。

だけど、そんな経験をしてきたからこそ、人に優しくできる。

6巻での八幡は、自分だけが悪役となり、周りを良い方向に導いています。

もし、八幡が何も行動をしなければ、文化祭が失敗していた可能性だって十分にあります。もしくは、雪ノ下雪乃が、限界を越えていた可能性もあります。

八幡は、こういう発言をしたら、自分が悪役になることなんて、十分に理解ができていたと思います。

だけども、自分一人だけが悪役となり、周りが良い方向に進むのならば、八幡はそれで良いと考えたのです。

八幡の行動はまさに「自己犠牲」と言えると思いますね。

自分だけが全てを背負い、自分だけが傷つく。本当に人のことを思っていなければ、ここまでの行動はできないと僕は思います。

だから僕は、八幡は本当に優しい人間だと思うのです。

そして、もし仮に、八幡が性格の悪い人間ならば、そもそも、文化祭実行委員で仕事をしていた可能性すらないと思います。

グチグチ文句を言いながらも、八幡はちゃんと仕事をしていました。

なのに、八幡が相模南に対する非難を口にした場面では、大勢の人物が、相模ではなく、八幡だけを非難する。

本当に世の中というのは、理不尽だと思いますね。

本当に咎めるべきは、相模の軽率な行動でしょう。

相模は、実行委員長だったのにも関わらず、仕事のほぼ全てを雪乃に頼っています。

雪乃は、体調を崩す程のハードワークを行っていたのにも関わらず。

そして、文化祭の終わりには、構ってほしいがために、周りに迷惑を掛ける。

そんな相模を、八幡は結果的に救ってしまう。自分をまた悪役にして。

6巻は、色々と考えさせられますね。

そして、このような出来事が本当に現実で起こる可能性があるから、さらに面白いのでしょうね。

本当に、渡航先生はすごいと思います。

ではでは、今回は短めの感想でした。

ではでは♪

あ!ちなみにちなみに、戸塚彩加は本当に可愛いですね(*´ω`*)

確か、4巻だったか、5巻だったかに、「魔法少女とつか☆サイカ」という考えが、八幡の心の中にありましたね。そして、某サイトでは、その画像があるのですよ(笑)。

僕は・・・アリだと思います(*´ω`*)

というか、彩加の可愛さは、並みの女の子では勝てませんからね(笑)。

ではではこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:32| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする