2015年11月15日

ご注文はうさぎですか?? 6羽 『木組みの街攻略完了(みっしょんこんぷりーと)』 感想

みなさんこんばんは。

今回は、ご注文はうさぎですか??の6羽『木組みの街攻略完了(みっしょんこんぷりーと)』の感想をお届けします♪

ココアちゃんの実の姉である、モカがやって来てから、随分と賑やかになりましたね。

モカは、ココアちゃんの周りの女の子をみんな妹にしちゃう感じで、ココアちゃんが困っていましたね(笑)。

今回は、モカとココアちゃんがパンのことで競ったり、ボートで競ったりと、色々としていて、とても微笑ましかったです。

モカにとってココアちゃんは、とても大切な妹であり、とても可愛い妹でもあるのですね。今回の話で、十分にそう感じることができましたよ。

それに、ココアちゃんがモカに少し冷たい態度を取ったら、ひどく落ち込んでいましたね。まさか、完璧のように思えるモカの弱点が、ココアちゃんだったなんて(笑)。

それと、冷たいココアの飲み物を前に、いまのココアちゃんのモカに対する態度を表現したのは上手いと思いました(*´ω`*)

だけど、冷たいように思われたココアちゃんが、実はモカのためにパーティーを開こうとしていたのは、何だかほんわかした気持ちになりました(*´ω`*)

ああ、ごちうさって・・・ごちうさって・・・癒される(*´ω`*)

それにしても、モカは本当にすごいですね。みんなを妹みたいにしてしまうし、あれだけ強そうなリゼちゃんを、あそこまで怯えさせるなんて(笑)。

あ!そうそう、モカに怯えているリゼちゃんを助けようと、シャロちゃんがモカに立ち向かおうとしたのは可愛かったですね(*´ω`*)

普段、リゼちゃんに守られる側のシャロちゃんが、逆にリゼちゃんを助ける。うんうん良いですね(*´ω`*)

それと、千夜ちゃんがモカにモフモフされなかったことで傷ついていたのは、面白かったです(笑)。

ではでは、今回はこの辺で♪

あ!今回、忘れてはいけない場面がありました。それは、ココアちゃんとモカの少しの喧嘩を見て、チノちゃんが『姉妹ってこういうものなんだ』と納得していた場面です。この場面を見て僕は、チノちゃんもココアちゃんの妹として、成長しつつあるなー。と感じたのです♪

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:00| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終わりのセラフ 第18話 感想

みなさんこんばんは。

今回は、終わりのセラフの第18話の感想をお届けしようと思います。

吸血鬼の貴族との戦闘を終えたシノア隊と、鳴海隊は、集合場所の噴水のところで、他の部隊の到着を待っています。

だけども、もうすぐで集合時間になるというのに、なかなか他の部隊は現れません。

そして、やっとのことで現れた他の部隊は、みんなボロボロで、おまけに人数が減っていました。

やっぱり、この戦いというのは、犠牲者が出るものなのですね。シノア隊と鳴海隊は、そう考えると、誰も犠牲者を出すことがなかったので、運が良いのかもしれません。

その後、ボロボロのグレン隊も到着し、次の作戦へと移行します。

それが、吸血鬼に人質にとられた他の部隊の救出作戦。

これからどうなるのでしょうね。本当に。みんなは無事に帰還を果たすことができるのでしょうか。

そして、グレン隊、シノア隊、鳴海隊がその場を去り、噴水に残ったのは、他の部隊への伝令を任された一つの部隊だけ。

そこに、遅れてもう一つの部隊が到着します。

ここで安心をしたのでしょうけど、上空には吸血鬼が乗ったヘリコプターが現れてしまいます。

あちゃー、ツイてないですね。

そして、吸血鬼どもに襲われていく二つの部隊。

もう、為す術もない状況となり、部隊長は自害の号令を出します。

仲間が次々と自害していくなか、それを見届けた部隊長は、自分も自害をしようとしたとき、百夜ミカエラに止められてしまいます。

もうこれ、部隊長はその後のことを考えて、とても辛くなったでしょうね。

自分の仲間は全滅したのに、自分だけ死ぬことができず、敵に捕まってしまう。

だけども、ミカの目的は違ったみたいです。

ミカが部隊長の自害を止めた理由は、百夜優一郎のことを聞きだすため。そのために、部隊長を生かそうとまでします。

本当にミカは、優しい吸血鬼・・・?ですよね。いや、人間を好きではないみたいですけど。優一朗のためにそうしたのはわかりますけどね。

そして部隊長は、吸血鬼の貴族二人の会話を聞き、次に吸血鬼が訪れる場所を聞いてしまいます。そのため、それを阻止するため、ミカに協力することとなります。

ここからは即席の二人の演技が続くわけですけど、二人ともとても真剣。なんだかこれを見ていて、悲しくなってきました。

部隊長は仲間のために、敵の力を借りなくてはならない。そして、死も覚悟している。

結局、この演技はとても上手く行き、吸血鬼の貴族二人は、部隊長の思惑通りに別の場所へと訪れることとなり、ミカは優一朗の場所を知ることとなります。

そして最終的に、部隊長はミカの手により殺されますが、最後に部隊長は『ありがとう』と言い、感謝をしているようでした。

ああ・・・ああ・・・すごく切ない。

それで今回の話は、終わりです。

次回は、どうなるのでしょうか。ミカは優一朗に会えるのでしょうか。

ではでは、今回はこの辺で。

ちなみに、シノアと三葉って、超可愛いですよね(*´ω`*)

この悲しい戦争の中でも、これだけ可愛い娘が二人もいたら、みんな頑張れちゃいますよね♪

特に三葉はゆかちが声を担当しているので、大好きなのです(*´ω`*)

だけど、シノアも大好きですよ?早見沙織さんが声を担当していますし。

あ!この書き方だと勘違いされそうなので一応書きますけど、声優でキャラクターを好きになったりはしませんよ!!

ではでは(*´ω`*)
posted by ちょっとオタクなプー at 17:14| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする