2015年11月20日

ヤングガンガンbQ3 感想。

みなさんこんばんは。

今回は、久々にヤングガンガンの感想を書こうと思います。

では早速。まずは、今回で最終回の『死がふたりを分かつまで』をお送りします。

前回の話で、土方護は、世界最強の男であるザシド・トゥルスを倒すことに成功します。

護とザシドとの戦いは、1話分しかなかったのに、ハイレベルな戦いだということがよくわかりました。

正直、護が鍛錬を重ねていなかったら、ザシドになんて勝てるはずもありませんから、護の努力というものが本物だとわかりました。

それで今回は、ザシドを倒してからの話となります。

護がザシドに勝つことによって、このことを策略したジーニが、ザシドから『お前が後継者だ』と言い渡されます。

そして、そのブレーン(参謀)に遠山遥がなることとなります。恐らくザシドの言う通り、一緒にこの国を立て直すこととなるでしょう。

それにしても、その後のギド・トゥルスの行動が何だか情けないですね。

後継者には自分がなるのだと言い、遥を殺そうとしたのに、結局は殺せなかったし、それどころか、クローン技術の副作用を受けることとなり、右腕と左脚は老化が進んだり、また、生死の境を護の一撃でさまよったりと・・・なんだか残念な男ですね。

また、ザシドは護に『私を殺せ』と言いますが、護はバカバカしいと、殺したりはしませんでした。

それから7年後・・・恐らく大学生になった遥は、護と約束をした『結婚』をすることとなります。

その結婚式の当日には、色々な人が、色々なことをしていたみたいですね。

そして、式の祝詞?として、この作品のタイトルにもなっている『死がふたりを分かつまで』が使われていました。

その場に遥のおばあさんらしき人物が現れ、護の姿を認めます。

最後のカットで、護と遥のツーショットがあり、これでこの作品はおしまいです。

原作のたかしげ宙先生、作画のDOUBLE-S先生、長い間、お疲れさまでした!!!

この作品は、途中から読んであまりわからない場面もあったのですけど、なかなか楽しむことができました。

次回作に期待です♪

ではでは、次は、前号から始まった、極楽院櫻子先生の新作である『ブレイブスター☆ロマンティクス』の感想を始めます。

2話目で、この作品の異能の正体がハッキリとしました。

それは、『ガールズ・ウィッチ・シンドローム』通称『GWS』のことだったのです。

ちなみに、カラーページのふりがなに『SWS』と書いてありますが、間違いなく誤植ですね(*´ω`*)

まあ、仕方ない仕方ない。

では、GWSとは何なのか。

それは、簡単に説明してしまえば、少女と子供だけにしか宿らない、弱き者のみに与えられる刃(能力)・・・ですね。

そして、GWSに発症するのは、何も女性のみではありません。男子にも発症する可能性があるのです。

作中では、GWSに発症した人間は、星の数ほども存在するのだと書かれています。

つまり、GWSに発症するというのは、この世界の中ではとても一般的なことなのです。

また、GWSには、それを管理する組織が存在します。その名も『CARD機関』。

そして、CARD機関にはランキングが存在し、そのランキングに異能者が入るには、どこかしらのギルドに所属する必要があります。

さらに、そのCARD機関のランキングトップの者は、こう呼ばれるらしいです。

『ブレイブスター』

と。

そして、ブレイブスターは1話で既に登場しています。

それが武波歩(たけなみあゆむ)・・・日本人です。

ちなみに、主人公である歩は、前作の主人公である佐橋皆人に似ています。

そして、ヒロインだと予想される斉宮侑紀(さいみやゆき)は、セキレイナンバー0であり、1でもある、美哉に似ています。あ、ちなみに美哉は大家さんのことですよ(*´ω`*)

うんうん。なんだか面白そうな作品で、これからがすごく楽しみ♪

あ、それとそれと、主人公の歩は、かなりマッチョです(笑)。かなり驚くレベルのマッチョです(笑)。

では次は、金田一蓮十郎先生の『ゆうべはお楽しみでしたね』の感想です♪

風邪で仕事を休んださつきたくみは、その日休みであるおかもとみやこに休んでいることを伝えなかったため、みやこの意外な一面を『聞く』こととなります。

そして、たくみは休んでいることを偶然を装い、みやこに伝えようとしていたのに、まさかのドラクエで会っちゃうなんて・・・(笑)。

このシーンがすごく笑えました。

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪
posted by ちょっとオタクなプー at 17:52| Comment(0) | 漫画雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

可愛い作品だと思ったら。

みなさんこんばんは。最近は更新が少なくてごめんなさい。

さてさて、今日は家に帰ってから、バンダイチャンネルの見放題で、良いアニメ作品がないかなーと思い色々と探していたんです。

そしたら、『ダンガンロンパ』という作品を見つけたので、早速2話まで見てみました。

実はこの作品は、放送中に見ようかなーと思っていたのですけど、結局は見なかった作品です。

僕の中でこの作品は、可愛いキャラクターが出てくる、少しモフモフした作品なのかなーくらいにしか考えていなかったのですけど、その考えは間違えでした。

本当は・・・怖い作品だったのですね。

日常系または癒し系の作品が大好きな僕にとっては、3話以降を見るかは正直わかりません。だけども、話は面白かったですね。

そういえば一時期、この作品って結構話題になっていましたよね。CMもたくさんやっていたし。

それにしても、モノクマというキャラクターは、某国民的アニメ作品の猫型ロボットを彷彿とさせますね。

大山のぶ代さんの声で、このキャラクターはずるい。

そもそもモノクマって何なのでしょうね。続きを見ればわかるのでしょうか。

ああ、何だか気になってきた。

それと、2話まで見て、この作品についてわかったことをいくつかあげますね。

まず一つ目が、脱出不可能な学校が舞台であるということ。

二つ目は、超高校級な特技を持つ生徒が何名も閉じ込められているということ。

三つ目は、脱出をするには、他者を犠牲にしなくてはならないということ。

でしょうか?

こういう設定の作品は他にもありそうですけど、何よりもモノクマが可愛いですからねー。だから人気になったのでしょうか。そういうわけでもないか(笑)。

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:10| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

ご注文はうさぎですか?? 6羽 『木組みの街攻略完了(みっしょんこんぷりーと)』 感想

みなさんこんばんは。

今回は、ご注文はうさぎですか??の6羽『木組みの街攻略完了(みっしょんこんぷりーと)』の感想をお届けします♪

ココアちゃんの実の姉である、モカがやって来てから、随分と賑やかになりましたね。

モカは、ココアちゃんの周りの女の子をみんな妹にしちゃう感じで、ココアちゃんが困っていましたね(笑)。

今回は、モカとココアちゃんがパンのことで競ったり、ボートで競ったりと、色々としていて、とても微笑ましかったです。

モカにとってココアちゃんは、とても大切な妹であり、とても可愛い妹でもあるのですね。今回の話で、十分にそう感じることができましたよ。

それに、ココアちゃんがモカに少し冷たい態度を取ったら、ひどく落ち込んでいましたね。まさか、完璧のように思えるモカの弱点が、ココアちゃんだったなんて(笑)。

それと、冷たいココアの飲み物を前に、いまのココアちゃんのモカに対する態度を表現したのは上手いと思いました(*´ω`*)

だけど、冷たいように思われたココアちゃんが、実はモカのためにパーティーを開こうとしていたのは、何だかほんわかした気持ちになりました(*´ω`*)

ああ、ごちうさって・・・ごちうさって・・・癒される(*´ω`*)

それにしても、モカは本当にすごいですね。みんなを妹みたいにしてしまうし、あれだけ強そうなリゼちゃんを、あそこまで怯えさせるなんて(笑)。

あ!そうそう、モカに怯えているリゼちゃんを助けようと、シャロちゃんがモカに立ち向かおうとしたのは可愛かったですね(*´ω`*)

普段、リゼちゃんに守られる側のシャロちゃんが、逆にリゼちゃんを助ける。うんうん良いですね(*´ω`*)

それと、千夜ちゃんがモカにモフモフされなかったことで傷ついていたのは、面白かったです(笑)。

ではでは、今回はこの辺で♪

あ!今回、忘れてはいけない場面がありました。それは、ココアちゃんとモカの少しの喧嘩を見て、チノちゃんが『姉妹ってこういうものなんだ』と納得していた場面です。この場面を見て僕は、チノちゃんもココアちゃんの妹として、成長しつつあるなー。と感じたのです♪

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:00| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終わりのセラフ 第18話 感想

みなさんこんばんは。

今回は、終わりのセラフの第18話の感想をお届けしようと思います。

吸血鬼の貴族との戦闘を終えたシノア隊と、鳴海隊は、集合場所の噴水のところで、他の部隊の到着を待っています。

だけども、もうすぐで集合時間になるというのに、なかなか他の部隊は現れません。

そして、やっとのことで現れた他の部隊は、みんなボロボロで、おまけに人数が減っていました。

やっぱり、この戦いというのは、犠牲者が出るものなのですね。シノア隊と鳴海隊は、そう考えると、誰も犠牲者を出すことがなかったので、運が良いのかもしれません。

その後、ボロボロのグレン隊も到着し、次の作戦へと移行します。

それが、吸血鬼に人質にとられた他の部隊の救出作戦。

これからどうなるのでしょうね。本当に。みんなは無事に帰還を果たすことができるのでしょうか。

そして、グレン隊、シノア隊、鳴海隊がその場を去り、噴水に残ったのは、他の部隊への伝令を任された一つの部隊だけ。

そこに、遅れてもう一つの部隊が到着します。

ここで安心をしたのでしょうけど、上空には吸血鬼が乗ったヘリコプターが現れてしまいます。

あちゃー、ツイてないですね。

そして、吸血鬼どもに襲われていく二つの部隊。

もう、為す術もない状況となり、部隊長は自害の号令を出します。

仲間が次々と自害していくなか、それを見届けた部隊長は、自分も自害をしようとしたとき、百夜ミカエラに止められてしまいます。

もうこれ、部隊長はその後のことを考えて、とても辛くなったでしょうね。

自分の仲間は全滅したのに、自分だけ死ぬことができず、敵に捕まってしまう。

だけども、ミカの目的は違ったみたいです。

ミカが部隊長の自害を止めた理由は、百夜優一郎のことを聞きだすため。そのために、部隊長を生かそうとまでします。

本当にミカは、優しい吸血鬼・・・?ですよね。いや、人間を好きではないみたいですけど。優一朗のためにそうしたのはわかりますけどね。

そして部隊長は、吸血鬼の貴族二人の会話を聞き、次に吸血鬼が訪れる場所を聞いてしまいます。そのため、それを阻止するため、ミカに協力することとなります。

ここからは即席の二人の演技が続くわけですけど、二人ともとても真剣。なんだかこれを見ていて、悲しくなってきました。

部隊長は仲間のために、敵の力を借りなくてはならない。そして、死も覚悟している。

結局、この演技はとても上手く行き、吸血鬼の貴族二人は、部隊長の思惑通りに別の場所へと訪れることとなり、ミカは優一朗の場所を知ることとなります。

そして最終的に、部隊長はミカの手により殺されますが、最後に部隊長は『ありがとう』と言い、感謝をしているようでした。

ああ・・・ああ・・・すごく切ない。

それで今回の話は、終わりです。

次回は、どうなるのでしょうか。ミカは優一朗に会えるのでしょうか。

ではでは、今回はこの辺で。

ちなみに、シノアと三葉って、超可愛いですよね(*´ω`*)

この悲しい戦争の中でも、これだけ可愛い娘が二人もいたら、みんな頑張れちゃいますよね♪

特に三葉はゆかちが声を担当しているので、大好きなのです(*´ω`*)

だけど、シノアも大好きですよ?早見沙織さんが声を担当していますし。

あ!この書き方だと勘違いされそうなので一応書きますけど、声優でキャラクターを好きになったりはしませんよ!!

ではでは(*´ω`*)
posted by ちょっとオタクなプー at 17:14| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

ダンまちを見ました!

みなさんこんばんは。

今回は、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』を昨日から見始めたので、その感想を書こうと思います。

実は僕は、この作品を見るのが今回が初めてなのです。

ゆかちがOPを歌っているので、とても気にはなっていたのですが、見てはいませんでした。

だけど、バンダイチャンネルの見放題の中に入っているのに気付いたため、早速見始めました。

いやー、ラッキーラッキー♪

それで、6話まで一気に見たのですけど、すごく・・・すごーーーーく面白い!!(*´ω`*)

こんなに面白いなんて知りませんでした!!どうして今まで見ていなかったの!!と、自分を怒りたくなるくらいに。

主人公のベル・クラネルがとても優しい少年なため、心が温かくなってきます。

リリルカ・アーデとの話は、とてもとても感動しましたよ。

リリルカは、何度も何度もベルを騙す行動を取ったのに、それでもベルは、リリルカを嫌いにはなりませんでしたね。それどころか、リリルカが危機的状況の時に、助けにまで行くなんて・・・とても格好良いですよ。僕よりも年下なのに、僕もこういう男になりたいと思ったくらいです(*´ω`*)

それにしても、ヘスティアって、めちゃくちゃ・・・可愛い(*´ω`*)

かなりタイプです。声も容姿も性格も。

あ〜あ。なんで現実世界は、こんなにワクワクするような出来事が起きないのかなー。って、悲しくなってきます。モンスターとか本当にいないのかなーなんて(笑)。

ということで、これから続きを見ますので、この辺で♪

ではでは。

あ!ちなみに、OPのベルとヘスティアが歯磨きをしている場面は、とても癒されます(*´ω`*)

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 19:53| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする