2015年10月05日

TARI TARIを見たよ!!

みなさんこんばんは。

今回は、『TARI TARI』という作品を久々に3話まで見たので、そのことについて簡単に書こうと思います♪

まずは、『TARI TARI』とはどういう作品なのかを説明します。

簡単に言ってしまえば、宮本来夏(みやもとこなつ)という人物が部長を務める合唱部で、少年少女たちの成長を描いた物語・・・という感じでしょうか。

この物語の中心となるのが、合唱部での部活動で、そこには、来夏以外にも4人の部員が所属しています。

その4人とは、坂井和奏(さかいわかな)、沖田紗羽(おきたさわ)、田中大智(たなかたいち)、ウィーンです。

この合唱部の5人は、それぞれとても個性の強い人間です。

ちなみに、僕が一番好きなキャラクターは、とにかく元気いっぱいな女の子である、来夏ですね。

まだ3話しか見ていないため、来夏については詳しくは書けません。だけど、このキャラクターの声優である、瀬戸麻沙美さんの歌声はとても大好きです♪

また、少し話しは脱線してしまいますけど、瀬戸麻沙美さんは『ちはやふる』の主人公である、綾瀬千早も演じていますよ♪

では、話しは戻って、この『TARI TARI』という作品では、物語ももちろん魅力的ではあるのですけど、それに負けないくらいの魅力が、この物語の中に出てくる音楽ですね。

僕が一番好きな曲は、『radiant melody』という曲です。

確かこの曲は、最終回に出てきたもので、聴いているだけでとても元気になる曲です。

ちなみにTARI TARIという作品が大好きなため、この作品のアルバムも買いましたよ♪

確か、アニメイトで買ったのですけど、ポスターが付いてきたような気がします。

ということで、これから4話を見るので、この辺で終わりにしておきますね♪

ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:03| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。