2015年10月03日

ヘヴィーオブジェクト 第1話 感想

みなさんこんにちは。

今回は、ヘヴィーオブジェクトの第1話の感想をお届けしようと思います。

僕は、この作品についてアニメを見るまでは、内容を何も知りませんでした。そして、アニメを見ることによって、どういう作品なのかが何となくわかったという感じです。

それから、この作品についてインターネットでちょこっと調べてみたところ、どうやら原作がライトノベルらしいですね。

アニメ化をされたということは、読者の方がたくさんいる、人気作品なのでしょう。

ではでは、この作品の第1話の感想を書こうと思います。

どうやらこの作品では、『オブジェクトという兵器による、戦争』が話の中心らしいですね。

オブジェクトとはどういう兵器なのか。第1話を見る限りでは、人類の英知が結集した、最強の強度を誇る兵器であり、また、オブジェクトよりも勝る兵器は、その時代には存在しない・・・という感じですね。

そして、この兵器がどの国によって作られたのかは、今回は公開されませんでした。

また、オブジェクトが誕生したことによって、世界の戦争の形が変わり、『戦争とは、オブジェクトでやるもの』という感じになっていましたね。

そしてそして、肝心のキャラクター。

主人公は恐らく、クウェンサー=バーボタージュ、ヘイヴィア=ウィンチェル、ミリンダ=ブランティーニの3人なのでしょうね。

そして、この3人を中心に、物語が進んでいくものだと思われます。

クウェンサーは、技術屋てきポジションの人間。

ミリンダは、オブジェクトの操縦士。

ヘイヴィアは・・・ヘイヴィアは・・・なんでしょう(笑)。

まだまだ情報が少ないため、キャラクターが何をやるのかがあまりわかりません(笑)。

そして、主人公ではないけれど、僕が一番気になったキャラクターが、3人の上官にあたる、フローレイティア=カピストラーノですね。

こういう濃い感じのキャラクターは僕の大好物なのです(笑)。

仕事を放り出して、獲物を捕まえに行った部下を叱り、そして、その肉を一緒に食らう。それって、なんだか矛盾しているような、していないような感じで、結構仕事に対してラフなイメージがしました(笑)。

うんうん。なかなかこの作品は、人気が出るのかもしれませんね。

ではでは、今回はこの辺で♪

ちなみに、ヒロインであるミリンダは、ドストライクです(*´ω`*)

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 15:14| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。