2015年08月23日

Charlotte(シャーロット) 第8話 『邂逅』 感想

みなさん、おはようございます。

ではでは早速、Charlotte(シャーロット)の第8話『邂逅』の感想を書こうと思います。

8話の予告が明るくて、ブーブー言っている人もいましたけど、やっぱり内容を見るまではわかりませんよね。

今回の話では、妹である歩未の死によって、とても優しくなった有宇の姿が見られました。

今回出てきたZHIENDのボーカルである、サラ・シェーンとの出会いは、有宇を元気づけてくれましたね。

それにしても、まさかサラが盲目の女性だとは思いませんでした。最初、白杖をついて歩いていたから驚きましたよ。

最初のサラとの出会いで、有宇とサラは、サラが希望するモダン焼きではなく、広島焼きを食べに行くことになったのですけど、そこで、有宇の声の特徴によって、有宇がいまどんな状況にあるのかが、サラにはわかってしまいましたね。

視覚機能を無くすということは、その感覚を補おうと、他の感覚が強くなる・・・とどこかで読んだことがあります。だから、目が見えなくても、耳だけで有宇の気持ちに気が付くことができたのですね。

サラは世界的ポストロックバンドのボーカルなのに、一般的な日本人である有宇に分け隔てなく接して、おまけに、歩未の話しをしたら、歩未の仏壇に線香まであげてくれて、本当に優しい人だと感じました。

また、サラにも辛い過去があったみたいで、だから『いま』があるのかなーって。

そして、さらにサラは、有宇のお願いまで聞いてくれることに。

それは、奈緒の兄である一希に会ってもらうということ。

それから二人は病院にへと行き、一希の病室についたサラは、一希の前で歌を歌ってくれることに。

本当に何だか、英語で意味はわからなかったけど、とても美しい歌声でしたね。

そして、一希の病状に変化が・・・。

サラの歌が、彼に変化を起こさせたのですね。本当にすごい。

サラとの出会いは、有宇や奈緒、一希にとって、とても良いものとなりましたね。

それと、今回はZHIENDだけではなく、柚咲がボーカルをつとめる、How-Low-Helloの歌も聴くことができましたね!!

一話で2曲!!素晴らしい!!(*´ω`*)

ハロハロの曲もなかなか良かったです!!

おまけに・・・今回は、柚咲のおまじないシリーズbPも見ることができましたし(笑)

ではでは、今回はこの辺にしておきます。
posted by ちょっとオタクなプー at 08:05| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする