2015年08月21日

ヤングガンガン bP7 感想 セキレイのみ

みなさんこんばんは。

それでは、8/21発売のヤングガンガン17の中の『セキレイ』187話で最終回である『キミト、キミタチト、生キテユク』の感想をお届けします。

187話では、最初からうつらうつらしている超可愛いくーちゃんが見れて、とても幸せです。

ここでの皆人のセキレイをとても大事に想っているセリフで、何だか皆人のモテる理由がわかるなー。と感じてしまいました。

くーちゃんのほっぺにチューは、まだまだ子供だけど、くーちゃんも女なんだなーと思わされます(*´ω`*)

皆人なら、いつまでもくーちゃんも、他のセキレイも大事にしてくれるし、セキレイは幸せだなーと感じますね。

次に、松に呼ばれた皆人が知ったのは、M・B・Iの社長であり、皆人の父親でもある御中広人が現在いる島が動いていたり、船に不審な動きがある・・・ということ。

そして、松が前話の、焔と風花が、皆人とキスをしていたところを、宙から見ていたということを知らされました。そして、口止め料として、松も・・・(*´ω`*)

さらに、その松ともキスをしたため、鶺鴒紋が反応してしまった月海がお皿を割ってしまい、その音を聞いた皆人が月海の前に。

月海は、鶺鴒紋が反応したため、『結が帰ってくるまでは、妻の座は休戦』という話なのに、誰かがぬけがけをしているのではないかと疑い始めます。

僕はこの場面で、結と月海の強い絆を感じましたね。やっぱり同じ想い人を取り合うライバルですからね(*´ω`*)

お皿を割ってしまった月海の前に現れた皆人は、お皿を拾い始めます。そして、月海にお弁当や宴への感謝を述べることに。

本当にこういうところは、なかなか言えない男も多いのではないでしょうか。

『いつもありがとう』その台詞だけで、僕は皆人がイケメンだと感じました(*´ω`*)

そして、そのごほうびとしてキスをねだる月海。この時の月海は、とても美しく感じました・・・ひゃっほーーう(*´ω`*)

ちなみに、月海・・・大好きです(*´ω`*)

そしてそして、ついに・・・結を乗せた嵩天に、先ほどの話で、不審な動きがあった船が近づいて行きます。

実はこれは、御中広人が10年分程の仕事をやり、計画したこと。

つまり・・・。

結が・・・結が・・・役目を終え、戻ってくる!!!!!!!!

やっと・・・やっと・・・結が・・・(*´▽`*)

そして、結と皆人の最初の出会いのように、結が空から落ちてきます。

それをちゃんと受け止めようとする皆人。

そしてやっぱり痛みを味わう皆人(笑)

だけど、戻ってこれたんですね。結。

これで、奇跡の恋物語(ラブストーリー)は終わりを告げました。




う〜ん。美しく説明しようとしたのですけど、うまく説明できませんでした。

セキレイは本当に面白い作品で、単行本も既刊全て持っています。

ああ、まだ続いて欲しかったけど、終わってしまったから仕方がないですね。

ではでは、今回はこの辺にしておきます。
posted by ちょっとオタクなプー at 19:29| Comment(0) | 漫画雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする