2015年08月05日

別れって、本当に悲しい。

みなさんこんばんは。

今日は、ゼーガペインという作品を11話まで見たのですけど、本当に別れって悲しいですね。

11話では、アークというキャラクターが、事実上、死んでしまいました。

どういう風に死んだのかとか、アークとはどういう人物なのかは、見ていない人にはわからないと思います。だけど、僕の悲しい気持ちを、今回は自己満足で書こうと思います。

愛する人がいるのに、死ぬのって本当に辛い。

だけど彼女は、クリスに出会えて本当に幸せだったと思う。

僕も、アークとクリスのような恋愛をしたい。夫婦となりたい。そう、思いました。

アークが消えることはとても辛いこと。だからクリスは、共に死ぬことを選んだ。だけど最後に、アークによってそれは止められた。もし、クリスも死ぬようなことがあれば、オケアノス、いや、人類にとってもとても大きな損失となった。アークは本当に、良い嫁さんですよ。

僕は11話で、泣いてしまいました。だって、悲しすぎるから。

うんうん。

スッキリした(*´ω`*)

僕の自己満足を読んでくださった方は、ありがとうございます♪

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 18:29| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする