2015年08月25日

87CLOCKERSの7巻を買いました。

みなさんこんばんは。

先週の8月19日に、『87CLOCKERS』の第7巻を買ったので、その感想を簡単に書こうと思います。

あ!ちなみに、『87CLOCKERS』を読まれたことのない方は、何のこっちゃ!と思う可能性があります。ご注意を(*´ω`*)

それでは・・・僕が7巻で驚いたのは、やっぱり一ノ瀬奏の耳の良さですね。

液体窒素を使ったオーバークロックをやるのに、物語を見る限りでは、温度計は絶対に欠かせないアイテムですよね。それなのに奏は、耳の良さだけで温度計を使わずにワールドレコードを出してしまいましたから・・・すごいですよね。

これだけでも、MIKEに勝る武器を持っている感じがして、奏を格好良く感じました。

そして奏は、新人ながら、プロに誘われたりして、認められて、僕は羨ましく思いました。僕も誰かに認められたい。

第7巻は、奏が大活躍の巻でしたけど、次巻ではMIKEとぼっさん、奏、ハナのドリームチームが大活躍しそうですね(*´ω`*)

いや、そういえば、いま確か・・・MIKEとハナは喧嘩中?でしたよね。う〜ん。8巻では仲直りから始まるのかな?気になります。8巻は・・・まだまだ読めそうにないし、これが単行本の欠点ですね。

ではでは、今回はこの辺にしておきましょう。

ちなみに、今回でてきたeekはなんだかすごかったです。

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 22:32| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

僕らはみんな河合荘を久々に読みました。

みなさんこんばんは。

そろそろ『僕らはみんな河合荘』のコミック7巻が発売されますね!!(*´ω`*)

ということなので、僕は久々に6巻までコミックを読みました!!

僕は、コミックやライトノベル、アニメの記憶力がすごいものだと自分では思っていたのですけど、久しぶりに読んでみると、忘れていることが多々あって驚きました。

そして・・・チャーミーさんの威力に再び大爆笑してしまいました(笑)

チャーミーさんって、7巻でもたくさん出てきてもらいたいですね。怖すぎて面白い。そして、なぜかバックに入っていたりとか、軽くホラーですよね(*´ω`*)

だけど、チャーミーさんの声は律なのですけど(笑)

そういえば、6巻まで読んで思い出したのですけど、6巻の終わりがなかなか・・・衝撃的でしたね。7巻ではどうなるのでしょう。

僕は、宇佐には律と幸せになってもらいたいと思っていますけどね。

だけど、椎名の方が・・・律には悪いですけど、お似合いのように見えてしまいます。

ああ、7巻が早く読みたい!!気になる!!!待てない!!!!!( ゚Д゚)

きっと、アニメイトで買ったら特典が付いてきそうですし、僕は発売日にアニメイトに買いに行く予定です♪

ちなみに僕は、律が一番・・・好きです。というか、律が可愛すぎて僕は萌え萌えしてしまいました。恋する乙女の表情が一番可愛いですね。

それと・・・化粧・・・怖いです。
posted by ちょっとオタクなプー at 22:01| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

Charlotte(シャーロット) 第8話 『邂逅』 感想

みなさん、おはようございます。

ではでは早速、Charlotte(シャーロット)の第8話『邂逅』の感想を書こうと思います。

8話の予告が明るくて、ブーブー言っている人もいましたけど、やっぱり内容を見るまではわかりませんよね。

今回の話では、妹である歩未の死によって、とても優しくなった有宇の姿が見られました。

今回出てきたZHIENDのボーカルである、サラ・シェーンとの出会いは、有宇を元気づけてくれましたね。

それにしても、まさかサラが盲目の女性だとは思いませんでした。最初、白杖をついて歩いていたから驚きましたよ。

最初のサラとの出会いで、有宇とサラは、サラが希望するモダン焼きではなく、広島焼きを食べに行くことになったのですけど、そこで、有宇の声の特徴によって、有宇がいまどんな状況にあるのかが、サラにはわかってしまいましたね。

視覚機能を無くすということは、その感覚を補おうと、他の感覚が強くなる・・・とどこかで読んだことがあります。だから、目が見えなくても、耳だけで有宇の気持ちに気が付くことができたのですね。

サラは世界的ポストロックバンドのボーカルなのに、一般的な日本人である有宇に分け隔てなく接して、おまけに、歩未の話しをしたら、歩未の仏壇に線香まであげてくれて、本当に優しい人だと感じました。

また、サラにも辛い過去があったみたいで、だから『いま』があるのかなーって。

そして、さらにサラは、有宇のお願いまで聞いてくれることに。

それは、奈緒の兄である一希に会ってもらうということ。

それから二人は病院にへと行き、一希の病室についたサラは、一希の前で歌を歌ってくれることに。

本当に何だか、英語で意味はわからなかったけど、とても美しい歌声でしたね。

そして、一希の病状に変化が・・・。

サラの歌が、彼に変化を起こさせたのですね。本当にすごい。

サラとの出会いは、有宇や奈緒、一希にとって、とても良いものとなりましたね。

それと、今回はZHIENDだけではなく、柚咲がボーカルをつとめる、How-Low-Helloの歌も聴くことができましたね!!

一話で2曲!!素晴らしい!!(*´ω`*)

ハロハロの曲もなかなか良かったです!!

おまけに・・・今回は、柚咲のおまじないシリーズbPも見ることができましたし(笑)

ではでは、今回はこの辺にしておきます。
posted by ちょっとオタクなプー at 08:05| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

ヤングガンガン bP7 感想 セキレイのみ

みなさんこんばんは。

それでは、8/21発売のヤングガンガン17の中の『セキレイ』187話で最終回である『キミト、キミタチト、生キテユク』の感想をお届けします。

187話では、最初からうつらうつらしている超可愛いくーちゃんが見れて、とても幸せです。

ここでの皆人のセキレイをとても大事に想っているセリフで、何だか皆人のモテる理由がわかるなー。と感じてしまいました。

くーちゃんのほっぺにチューは、まだまだ子供だけど、くーちゃんも女なんだなーと思わされます(*´ω`*)

皆人なら、いつまでもくーちゃんも、他のセキレイも大事にしてくれるし、セキレイは幸せだなーと感じますね。

次に、松に呼ばれた皆人が知ったのは、M・B・Iの社長であり、皆人の父親でもある御中広人が現在いる島が動いていたり、船に不審な動きがある・・・ということ。

そして、松が前話の、焔と風花が、皆人とキスをしていたところを、宙から見ていたということを知らされました。そして、口止め料として、松も・・・(*´ω`*)

さらに、その松ともキスをしたため、鶺鴒紋が反応してしまった月海がお皿を割ってしまい、その音を聞いた皆人が月海の前に。

月海は、鶺鴒紋が反応したため、『結が帰ってくるまでは、妻の座は休戦』という話なのに、誰かがぬけがけをしているのではないかと疑い始めます。

僕はこの場面で、結と月海の強い絆を感じましたね。やっぱり同じ想い人を取り合うライバルですからね(*´ω`*)

お皿を割ってしまった月海の前に現れた皆人は、お皿を拾い始めます。そして、月海にお弁当や宴への感謝を述べることに。

本当にこういうところは、なかなか言えない男も多いのではないでしょうか。

『いつもありがとう』その台詞だけで、僕は皆人がイケメンだと感じました(*´ω`*)

そして、そのごほうびとしてキスをねだる月海。この時の月海は、とても美しく感じました・・・ひゃっほーーう(*´ω`*)

ちなみに、月海・・・大好きです(*´ω`*)

そしてそして、ついに・・・結を乗せた嵩天に、先ほどの話で、不審な動きがあった船が近づいて行きます。

実はこれは、御中広人が10年分程の仕事をやり、計画したこと。

つまり・・・。

結が・・・結が・・・役目を終え、戻ってくる!!!!!!!!

やっと・・・やっと・・・結が・・・(*´▽`*)

そして、結と皆人の最初の出会いのように、結が空から落ちてきます。

それをちゃんと受け止めようとする皆人。

そしてやっぱり痛みを味わう皆人(笑)

だけど、戻ってこれたんですね。結。

これで、奇跡の恋物語(ラブストーリー)は終わりを告げました。




う〜ん。美しく説明しようとしたのですけど、うまく説明できませんでした。

セキレイは本当に面白い作品で、単行本も既刊全て持っています。

ああ、まだ続いて欲しかったけど、終わってしまったから仕方がないですね。

ではでは、今回はこの辺にしておきます。
posted by ちょっとオタクなプー at 19:29| Comment(0) | 漫画雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

Charlotte(シャーロット)第七話『逃避行の果てに』感想

みなさんおはようございます。

今日もセミがミンミンしていますね。

では早速、Charlotte(シャーロット)の第七話『逃避行の果てに』の感想をお届けしようと思います。

前回の話から考えてみても、歩未が生きているという可能性はかなり低かったと思います。

そして今回、案の定、歩未は亡くなっていた。

予想はしていたことだけど、やっぱり事実を目にするのはとても辛い。

歩未は兄思いのとても優しい妹でした。

そして、妹の死を知った有宇は、最初は自宅に引きこもり、カップ麺ばかりを食べる日々。

ひたすら・・・ひたすら・・・食べるものがなくて、カップ麺を食べ続ける。

途中で丈士朗や、西森姉妹が家に来たり、有宇の好きだった女性である、白柳弓が家に来たりなどしましたが、全員に追い返すような形を取っていましたね。

それから、食料の尽きた有宇は、自宅から出ることになるのですけど・・・ここからがとても見ていられない感じになりました。

能力を使い、残虐の限りを尽くす。

有宇の能力は本当に強いですね。5秒間も相手を乗っ取れるから、あれだけ危ない連中にも、身一つで勝てちゃう。

そして最終的には、不良を倒した後、危ないものを見つけてしまい、それにまで手を出そうとしてしまう。

だけどそこで初めて、奈緒に止められる。

奈緒は休学をして、有宇をずっとずっと・・・近くで見守っていたのですね。

奈緒の能力は、任意の一人の人間から姿を消せるというもの。だから有宇は奈緒の存在には気づかなかった。

だけどそれが、有宇にとってはとても助けになりましたね。本当に本当に、アレにまで手を出していたら、人間として終わっていましたから。

それと、奈緒が有宇にずっと付いていたということは、漫画喫茶でのあの野菜は、奈緒の優しさだったのですね。

それから、有宇と奈緒は丈士朗の実家へと上がり、乙坂家秘伝のピザソースが入った、オムライスを食べることに。

このシーンは感動しました。

歩未がオムライスを作り続けた理由は、それが有宇の大好物だったため。彼女は妹なりに、兄を心配していたのでしょうね。

このオムライスがきっかけで、有宇は立ち直ることができました。

料理は・・・心が病んでいる時には良いのかもしれませんね。

ああ、だけど・・・歩未・・・。

僕は歩未が亡くなったことで、柚咲の能力でなんとかまた会えないのかな。と考えましたけど、恐らく無理なのでしょうね。

柚咲は、姉である美砂しか憑依させられない不完全な能力だから。

少し、長くなりましたけど、今回はこの辺にしておきます。

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 08:00| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする