2015年08月31日

井口裕香のむ〜〜〜ん ⊂( ^ω^)⊃ 久々に見たよ!!8月31日放送

トゥトゥトゥットゥトゥトゥトゥットゥトゥトゥトゥットゥトゥトゥトゥットゥ井口裕香のむ〜〜〜ん ⊂( ^ω^)⊃

みなさんこんばんは。今日は久々に井口裕香のむ〜〜〜ん ⊂( ^ω^)⊃を見ることができたので、日記に書こうと思います。

ゆかち・・・やっぱり可愛いよ・・・やっぱりあなたは天使だ!!⊂( ^ω^)⊃

今回は、途中から見た感じなのですけど、なんと、ゆかちと電話できるコーナーの日だったのです!!

そして、いつから流行っているのか、下の名前をゆかちに読んでもらう・・・という何とも羨ましいファンの行動。う〜ん。僕も読んでもらいたいですよ、優しく。

それにしても、今回はゆかちファンの方がとてもドギマギしていて、見ていてとても面白かったですね。

そりゃー、憧れのゆかちと会話をしているんですから、あんな感じになるのも仕方ないですよ⊂( ^ω^)⊃

僕なら電話に出たは良いけど、一言も話せないと思いますね(笑)頑張ったよ。君は⊂( ^ω^)⊃

そして、もう一つ気になることが・・・最後の電話に出てきた女の子・・・ゆかちとプライベートの会話をできるなんて、羨ましすぎる!!

番組終了間際の電話で、あんな奇跡が起こるなんて、とってもツイてるよ。

ああ、羨ましい。羨ましい。ゆかちとプライベートな会話。

あ!これは見ていない方にはわからないですよね。

どういうことかというと、その女の子に電話を掛ける前に、違う女の子に電話を掛けていたんです。

だけど、電話がプルプル鳴っていたのに、まさかの切られるという事態・・・そして、先ほどの女の子の方に電話が行ったわけなのです。

そして、番組が終了する直前、ゆかちの『番組終了後も会話をする』宣言。

どういうことかわかりましたか。そこから恐らく・・・ゆかちとのプライベートタイムが⊂( ^ω^)⊃

⊂( ^ω^)⊃⊂( ^ω^)⊃⊂( ^ω^)⊃⊂( ^ω^)⊃⊂( ^ω^)⊃⊂( ^ω^)⊃

僕も、番組にメール出そうかな⊂( ^ω^)⊃

ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 23:18| Comment(0) | 声優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のだめカンタービレを全巻読みました!!

みなさんこんばんは。

いつから読み始めたのか・・・もう忘れてしまいましたが、電子書籍のみで、のだめカンタービレを全巻読み終わりました!!(*´ω`*)

ああ、すごい面白かった。こんなに素敵な物語が、ドラマやアニメ化するのって・・・必然でしょ!!と言いたくなるくらい面白かったです!!

だけど・・・だけど・・・僕は、のだめと千秋の結婚式の場面とかも見てみたかったなーと思いました。

けれども、結婚式を描かないというのも、物語の一つの終わり方だとも僕は思うわけです。

う〜ん。モヤモヤするような、スッキリしたような。複雑な気持ちで・・・ムキャーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!( ゚Д゚)

ごめんなさい。奇声を発してしまいました。

まあ、とにかく・・・オペラ編の最後で、のだめが千秋から指輪を受け取ったというのは・・・とても感動しましたけどね。

のだめは本当に頑張りましたよ。本当に努力しました。そして、憧れである千秋を抜いてしまった(笑)

そして、のだめカンタービレを読んで、改めて思ったことがあります。

それは、例え天才だったとしても、努力もせず、ただ怠惰な日々を過ごしているだけでは、輝けない。

輝くためには、それ相応の努力をしなければならない。

努力をしたから、のだめは千秋と結ばれたんだと僕は思います。のだめの、変態の力の勝利です!!

そして、のだめとの出会いは、千秋にとってもとてもプラスになりました。

のだめと千秋。この二人は、運命の赤い糸で結ばれていたのかなー。と感じましたね。

それにしても、僕は前々から疑問に思っていたことがあります。それは、これは実話なのかどうかということ。

マンガのあとがき?を見る限りでは、リアルの人間も多々登場していますし、そして、のだめという人物も確かに存在している。いまはピアノ教室をやっているみたいですが。

う〜ん。気になりますね。まあ、インターネット情報を見る限りでは、ほとんどフィクションなのでしょうけどね( ゚Д゚)

ではでは、今回はこの辺で。

ちなみに僕は・・・のだめと千秋のような恋をしたいです!!!!!(*´ω`*)

さあ、僕と共に燦々と輝く太陽のような女性はいつ現れるのか!!そして、その女性は僕にどのようなハーモニーを奏でてくれるのか。それは、神のみぞ・・・いや、女神のみぞが知る未来!!さあ、ここで立ち止まっているな!!走り出せ!!僕の明日はライジング!!

ごめんなさい。のだめカンタービレのノリを少し拝借しました(笑)

ではでは。
posted by ちょっとオタクなプー at 22:15| Comment(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

のだめカンタービレをコンプリート!!

みなさんこんばんは。

今回は作品紹介ではなく、ただの日記です。なので、読みたくない方はどうぞスルーしてください(*´ω`*)

ではでは早速。

この前、hontoストアで電子書籍が50パーセントオフになるクーポンを貰ったので、のだめカンタービレの残りの巻を全て買いました(*´ω`*)

そして、今日だけで2巻分を読んだのですけど・・・やっぱり面白い!!のだめカンタービレ面白い!!

僕は確か、ドラマからのだめカンタービレが好きになり、さらにそこからアニメを見て、マンガに興味が出てきて、いつかは単行本を買うぞーと思っていたのですが、まさか電子書籍で全巻買うとは思いませんでしたね。

実際に読んでみると、ドラマやアニメにはなかった部分がかなりあって、かなり楽しめます。

そして、外国に話が移ってからののだめカンタービレは、すごく面白い!!

何が魅力的かというと、音楽に真剣に向き合っている登場人物たちの姿ですね。

特にのだめは、すごく頑張っていますよ。本当に。

まだ、20巻を読み終えたところですけど、ラストがどうなるのか、すごく楽しみですね♪

ちなみに、番外編も一緒に買ったので、読めます♪

ああ、僕も何かに一生懸命に取り組みたい。情熱を持ちたい。そんな気持ちが芽生えてきて、いま、記事を書いている感じです(笑)

小説・・・一生懸命に取り組んでみようかな。僕は、物語を書くのが好きですし。

うんうん。ではでは、今回はこの辺で♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Charlotte(シャーロット) 第9話 『ここにない世界』 感想

みなさんおはようございます。

ではでは早速、Charlotte(シャーロット)の第9話『ここにない世界』の感想をお届けしようと思います。

今回の話では、有宇と奈緒が、ZHIENDのライブを見に行くという『デート』から始まりましたね。

服選びに悩んでいる有宇は、青春しているなーという感じで、とても微笑ましかったです(笑)僕はこの時、奈緒が近くに居て、有宇を馬鹿にするんじゃないかと思ってしまいました(笑)

そして、待ち合わせ場所に行くと、奈緒ちゃんも気合いの入ったとても可愛らしい格好で、有宇はドギマギ(*´ω`*)僕もドギマギ(*´ω`*)

やっぱり、有宇と奈緒ちゃんはお似合いだなーと感じましたよ。

そして、ZHIENDのライブが始まり、有宇が突然大声を出し、失神。その間、有宇は過去?の夢を見ていたようです。

ここからがとても重要な話ですよね。

どうやら、その有宇が見ていた夢というのは、別の時間軸の、本当にあった話らしいのです。

つまり、いま有宇がいる世界というのは、もと居た世界とは異なる時間軸の場所、つまりパラレルワールドにあたるところというわけなのです。

その話の中では、歩未もちゃんと生きていました。だけど、有宇も歩未も、どこかの研究施設に捕まっているという状況。

そして、その研究施設というのが恐らく、奈緒の兄が捕まっていたというところなのではないでしょうか。

その研究施設では、有宇も歩未も、検査を受けていたみたいです。おまけに、支給される食べ物には、能力を促進させる薬が入っていたり・・・。

それから検査は終わり、歩未は一人だけ呼び出しにあい、有宇とは離れることに。

そして、自室に居た有宇の部屋で、地震のような揺れが起こり、歩未が能力を発動させたことを有宇は知ることになるのです。

もう、この時点で物語の展開が多すぎて、僕はかなり驚いているような状態なのです。なのに、そこからさらに驚くことがありました。それは、その『崩壊』という強すぎる歩未の能力を、危険と判断され、歩未は殺される・・・ということ。

それを知った有宇は、行動に出ます。自身が持つ能力『略奪』を使い。

実は、有宇の能力は、相手を5秒間乗っ取れるという簡単に説明できる能力ではなかったのです。

本当の能力は、『略奪』であり、恐らく、能力者の能力を奪うことができるのです。そして、それはコピーなどではなく、奪われた相手は、能力を失ってしまいます。故に奪略。

そして、その能力を使い、タイムリープという能力を持つ兄に会うため、まず始めにテレパシー能力を奪います。

そこから、テレパシー能力を使いながら兄と会話をし、走り続け、そして、友人らしき人物と会います。そこから、その者の透過能力を奪います。

この時点で有宇は、自身の能力も合わせると、4つ能力を持っているようでした。それは『略奪』『テレパシー』『透過』そしてあともう一つが、衝撃波みたいなものを出せる能力。

恐らくそのおかげで、負荷がかかり、ドッと疲れたのではないかと考えられます。

そして、兄のもとへとたどり着き、兄の体を拘束していたものを取り去り、兄がタイムリープの能力を発動・・・。

ここで、有宇は夢から覚めてしまうのです。

夢から覚めると、有宇は病室に居て、奈緒も近くにいました。そして、ある男が現れるのです。いつも水でずぶ濡れになっていた、熊耳という人物が。

その熊耳が、長髪から顔を出すと、すごくイケメンだということがわかり、意外性がありましたね(笑)

そして、その熊耳に連れられ、とある場所へ。

そこは、厳重なセキュリティを掛けられたとある研究施設。

そこで会ったのが、視力を失い、盲目となった有宇の兄、乙坂隼翼(しゅんすけ)。

恐らく、次回の展開としては、有宇が隼翼の能力を奪い、歩未を助けに行くのでしょうね。

ああ、なんだか段々とすごい話になってきましたね。過去に戻ることのできる能力って、最強過ぎでしょ。そして、有宇の能力は・・・強すぎ。

乙坂家って、有宇も隼翼も歩未も、みんな揃って最強じゃないですか。やっぱり・・・乙坂家秘伝のピザソースが・・・なんでもないです(笑)

それにしても、これで一つ疑問が解消されました。

今回の話で、16歳くらいの女の子が出てきましたけど、恐らく、歩未が死んでしまった話の時にも出てきた女の子ですよね。

この女の子はどこで出てくるのかな?と、ずっと疑問に思っていたのですけど、仲間・・・でしたか。

うんうん。

ではでは、今回は少々長くなりましたが、この辺にしておきますね♪
posted by ちょっとオタクなプー at 10:34| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

テイルズオブヴェスペリア〜The First Strike〜を観ました。

今回は、テイルズオブヴェスペリア〜The First Strike〜を観た感想をお届けしようと思います。

この映画が公開されてから、大分時間が経ったのですが、昨日今日と、初めて見ることができました。

実は、バンダイチャンネルで面白い作品がないかな〜なんて適当に探していたら、たまたま見つけたのですけど、本当に観て良かったと思います。

だけど残念ながらこの映画は、バンダイチャンネルでは8月31日には配信を終了してしまうため、あと二日しか観られません。そして、今日から登録したとしても、元が取れる可能性は低いので、止めといた方が良いと思います。

ならば、TSUTAYAとかで借りた方がお得ですし♪

バンダイチャンネルに登録している方は、今のうちにご視聴ください♪

それでは、このテイルズオブヴェスペリア〜The First Strike〜の感想を簡単に書こうと思います。

ネタバレはあまり無しという形で(*´ω`*)

この物語の舞台は、ユーリがまだ、帝国騎士団に所属していた時のお話。

ナイレン・フェドロック率いるナイレン隊に、ユーリとフレンは所属していました。

ナイレンという人物は、とても民から愛されている人物で、騎士団ではない僕から見ても、とても格好良く思えました(*´ω`*)

そして、その部隊が駐屯しているシゾンタニアの町付近で、エアルの異常が発生し、物語が進行していきます。

ざっとこんな感じですね。これ以上話すとネタバレになってしまうので。

それにしても・・・泣いてしまいました、ラスト。悲しすぎますよ。

ではでは、今回はこの辺にしておきますね。
posted by ちょっとオタクなプー at 21:38| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする