2015年07月26日

私にだけ見える親友。(自作小説)

「嘘!!!そんなの絶対に嘘!!!」

その時の私は、素直に事実を受け止められなかった。

「結衣は本当に」

「わーわーわーわーわーわー!!!何言ってるの?今日はエイプリルフールじゃないんだよ?嘘をついても良い日じゃないんだよ?」

「友香・・・。」

私はただ、認めたくなかっただけなのかもしれない。昨日も一緒に遊んだ私の親友が亡くなっていたことを。




今年の夏は例年と比べて、とても暑く感じられた。セミは、ミーンミーンといまだに鳴き続けてはいるが、今日で8月も終わり、明日からは学校生活がまた始まる。

「今日から学校かー。」

友香は洗面所で顔を洗いながら、呟いた。それから朝食の準備をして、家族みんなで食事。そしてパジャマから、クーリニングを掛けておいた制服に着替え、登校の準備は整った。

「お母さん、行ってきまーす。」

いつもと変わらない母への呼びかけに、母は少し表情を曇らせ、それから、「いってらっしゃい」と笑顔で応えてくれた。

学校へ向かう途中にはいつも、親友が後ろから呼びかけてくるのだが、今日はどうやら寝坊をしたのか、声がかからない。そんな日もあるかと友香は思い、学校へと向かう。

学校の門をくぐり、靴を履きかえ、教室に着くと、そこにはいつもよりも早く、親友の姿があった。

「なーんだ、先に来てたんだ。私はてっきり寝坊でもしたかと思ったよ」

笑いながら友香は、親友の隣の席に着く。

「ねえ、聞いて、昨日弟がさー、私のプリン食べちゃったの!おまけに謝りなさいって言っているのに、謝らないし。本当にムカついたよー。」

「そうなんだ。プリン、食べられなかったんだ。」

親友の少し素っ気ない態度に、友香は少し疑問を持ち「どうしたの?」と聞いた。すると、「私にはあまり話しかけないほうが良いよ。」と返ってきたので、さらに疑問が深まる。

親友と話していたら、後ろからもう一人の親友である、理沙が声を掛けてきた。

「友香、どうしたの?独り言?風邪でも引いてるの?大丈夫?」

理沙が不思議なことを言ってきたので、「なに言ってるのよー、ちゃんと結衣と話してるじゃん。ねー、結衣。」と結衣に話しかけたら、あろうことか、結衣からは返事がなかった。

あれ?私、変なこといったかな。そう友香が思ったとき、クラスメイト全員が私に視線を向けているのを感じた。

友香は小学生のころ、クラスメイト全員から無視をされていた経験がある。その時の状況と、いまの状況がとてもよく似ていたため、結衣がクラスメイト全員から無視されているのではないかという結論に至った。

そして正義感に溢れる友香が、クラスメイト全員に向かい、大声を出そうとしたとき、隣の席に座る結衣から「やめて!!」という声が聞こえた。驚いた友香は、結衣に向かって「だって。」と言ったが、結衣は友香の顔を真剣な目で見ながらこう言ってきた。

「私、もう死んでるの。友香にしか私は見えてないの。だから、お願い。」

友香は一瞬、キョトンとするが、それが真実だとは到底思えなかった。なぜなら、結衣はここに確かに存在するし、私はちゃんと声だって聞こえる。だけど、結衣の姿が少しだけ、透けていることに気が付いた。

「私に触れてみたらわかると思う。友香は私には触れないから。」

結衣の言葉に半信半疑だったが、結衣に触れようとしたら、結衣の体を手がすりぬけてしまった。

「え?」

友香は何度も結衣に触れようとするが、何度も何度も何度も何度も・・・すりぬけてしまう。

その時、友香の目からは、一粒の涙がこぼれ落ちていた。

信じたくはなかった。だけどもう、信じないわけにはいかない。結衣は本当に死んでしまったんだ。そう思い、友香は立つことさえできなくなり、床に座り込んでしまう。それを見た理沙は、状況を察し、友香を抱きかかえる。

「私が死んだこと、やっと信じてくれた。私、友香に信じてもらうためにお願いして、時間をもらったんだ。だから、信じてもらえたから、もう行くね。大好きな友香がいつまで経っても、私の死と向き合おうとしなかったからいけないんだよ!まったく!」

結衣は笑顔で「バイバイ」と、手を振る。

「待って!!待ってよ結衣!!私、私、結衣ともっと話したい!!話したいから!!」

結衣は笑顔のまま、首を横に振り、最後の言葉を友香に渡した。

「友香、元気でね。」

その言葉を最後に、結衣はその場から消えてしまった。

友香はその後、理沙の胸で泣いていたが、やがて泣くのを止め、「結衣、バイバイ。」と言って、机に戻った。

終わり。



どうでしたか、この話。面白かったなーと思った方は、コメントをください♪

追記:色々と後から修正しました。途中から、友香という名前から美香になっていたので、そこを全て友香に変えました。
posted by ちょっとオタクなプー at 22:56| Comment(0) | 自作小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Charlotte(シャーロット)第四話『刹那の本気』を見た感想。

みなさんこんばんは。今日はとても暑かったですね。野球をやりたい気分になりました(*´ω`*)

ではでは早速、Charlotte(シャーロット)第四話『刹那の本気』を見た感想をお届けしようと思います。

今回の第四話を見て、改めて僕は思ってしまいました。

麻枝准さんってやっぱり、野球が大好きなんですね!!!(*´ω`*)

他のKey作品でも野球の話が出てきますし、やっぱり・・・これは疑いようがない気がします。

麻枝准さんって、昔は野球をやっていたりしたのでしょうかね。案外、高校野球をやっていて、甲子園を目指していたとか!!(*´ω`*)

その辺の話し、どこかネットに転がってないですかね。すごく気になります(笑)

あ!話しが逸れました!!( ゚Д゚)

では、本題に・・・今回は新しい能力者として、念動力を操るピッチャーが出てきましたね。

これってもしかして、球を操る以外にも使えるのではないかと僕は思ってしまいましたね。まあ、今回は球以外に使っている場面はなかったですし、そもそも星ノ海学園への転入には至りませんでしたからね。

それと今回、最後の場面で、奈緒が有宇に、念動力を使う人に向かって能力を使わせましたけど、あれが何を意味していたのかあまりわかりませんでした。何かを確認しようとしていたみたいでしたけど。う〜ん( ゚Д゚)

そして第四話で一番可哀想だったのが、間違いなく丈士朗ですね。顔面がひどいことになっていて、本当に不完全な能力過ぎて、笑えてきます(笑)毎回毎回、可哀想な人間が出てくるのは、視聴者サービスですか!?

ああ!!あと今回忘れてはならないのが、乙坂家秘伝のピザソース!!!あれは何だか商品化されそうな気がしてきました(笑)かなり推していますし。どこかで販売されるのではないでしょうか(*´ω`*)

ではでは、今回はこの辺にしておきます。

ちなみに柚咲・・・可愛いです。
posted by ちょっとオタクなプー at 19:12| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする