2015年07月16日

絶対に・・・。第三話

提案を受けた美香は、驚くほどあっさりと承諾した。僕としては、少々迷ってほしいという気持ちもなくはなかったが、何よりも時間が惜しい。

美香と僕は、正面を向いて、輪を作るような感じで両手を繋いだ。そして、僕の魔力が美香へと流れていく。

「俺、美香と一緒に修行した日々はとても楽しかった。もう、会えないかもしれないけど、元気でな。俺もこの世界で元気に暮らすから。」

僕の魔力のほとんどは美香へと渡り、魔力を失った僕は、立っていることができなくなり、その場に座り込んでしまった。

そして・・・美香は言った。

「うん。地球に戻っても元気にやりなよ。実は私、涼太のことが好きだったんだー。気づかなかったでしょー。」

え?

僕は聞き間違えたのだろうか。それとも美香が言い間違えたのだろうか。もう一度聞き返そうとしたとき、美香は魔法を使い始めていた。

「美香!待て!その魔法は違うだろ!!」

「うんん。これで合ってるよ。涼太は地球に戻って、みんなと仲良くやりなよ。私には、悟さんと涼太しか大切な人がいないもの。涼太は家族も友達も、たくさん大切な人がいるよね。私が向こうに戻るよりも、涼太が戻った方が絶対に良いって!!だから、ここでお別れ。バイバイ、涼太。」

美香の魔法が僕の周りに結界を作っていく。そして、僕は浮かび上がり、そして扉の方へと移動していく。

「馬鹿!!なにやってるんだよお前!!なんで俺がお前を残して帰らないといけねーんだよ!!だったら俺もここに残るから、早く魔法を解け!!」

「うんん。そのお願いは聞けない。」

「馬鹿・・・お前・・・お前・・・。」

美香はこう見えて、とても頑固な性格なため、一度言ったことを取り消すことがなかなかない。そして、このままだと確実に僕は地球へと戻ることになる。だから・・・

「わかった。俺が絶対に絶対にお前を連れ戻しにここにまた来るから!!それまで絶対に死ぬんじゃねーぞ!!約束だ!!それまでサヨナラだ。わかったな、美香。」

「うん。バイバイ・・・涼太。大好きです。」

僕の身にまとった結界が扉の結界と溶け合い、そして気づいたときには、見覚えのある場所に僕はいた。そこは、悟さんから修行として言い渡された洞窟の中だった。

もう一度、扉に触れてみるが何も起こらない。

「馬鹿・・・美香・・・。」

そこから、フラフラになりながらも洞窟から出ることができ、そして、洞窟の入り口には悟さんがいた。

その後、散々怒られたが、僕は真剣にその説教を受けた。そして告げた。

「俺、これから本気で修行に取り組みます。そして、絶対に美香を連れ戻してきます。よろしくお願いします。師匠。」

そこから、僕の厳しい修行が始まった。

・・・続く。

第一話へ移動。

第二話へ移動。

第四話へ移動。
posted by ちょっとオタクなプー at 19:34| Comment(0) | 自作小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GOD EATER(ゴッドイーター)のアニメ第一話を見た感想。

みなさん、こんばんは。今日は雨が強くなったり弱くなったりと、大変な一日でしたね。

ではでは早速、GOD EATER(ゴッドイーター)のアニメ第一話を見た感想をお届けしようと思います。

僕はこの作品のゲームをやったことはないのですけど、興味はあります。というか、一話をみたらやりたくなってきました。

以前にPS Vitaを買った記事を書いたと思いますが、実はそこから・・・ゲームソフトを買ってないのですよね。何だか宝の持ち腐れという感じで、とても勿体ない気分を味わっています(笑)

ということで、買おうか迷っている感じですね。いまは。

世界観はどうなのでしょうか。このアニメと同じ感じなのでしょうか。だとしたら、アラガミという存在が居て、それを倒していく・・・と。

それにしてもアニメ版の主人公である、空木レンカはかなり期待されていますね。

おまけに武器が変形したことに第一部隊の人が驚いていましたし。

う〜ん。なんだかこういうのって、少し中二病が残っている僕からしたら憧れますね。みんなから期待されている新人で、他の人とは違った武器を持っているという優越感。ふっふ〜ん♪という感じになります。

それにしてもですよ。それにしてもですよ。第一部隊のリーダー・・・すっげー格好良い!!!( ゚Д゚)

僕も将来、こんな格好良いオッサンになりたい!!( ゚Д゚)

やっぱり男って、こういう人に憧れますよね。何だか渋いというか、身にまとうオーラが違うというか。うんうん。こういう人を主人公の自作小説を作ってみたいかも(笑)

ではでは、今回はこの辺にしておきましょう♪
posted by ちょっとオタクなプー at 18:28| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空戦魔導士候補生の教官 第二話『最強の裏切り者』を見た感想。

今回は、『空戦魔導士候補生の教官』の第二話『最強の裏切り者』を見た感想をお届けします。

第二話でなんと、カナタが裏切り者と呼ばれている理由がはっきりとわかりましたね。

つまりカナタは、第一話で出てきた魔甲蟲との戦いが直接の原因で裏切り者と呼ばれていたわけではなく、その後の行動が原因で裏切り者と呼ばれてしまっている・・・というわけですね。

そこで、僕は思ってしまいました。カナタはOPでもそうですが、今回の話でもサーフボードみたいなものに乗ってE601小隊を指導していましたよね。ということはですよ。カナタは宙に浮くということができなくなったのではないかなと僕は想像してしまったわけです。

だから、それ故に、Sランクへのランキング戦を無断で欠席し、裏切り者と呼ばれるようになったと・・・。

あくまで想像なのですけど、恐らく当たっているような気がします。

話は変わりますが、今回のカナタによるE601小隊の指導はなかなかに面白かったですね♪

ミソラは今回で、体力バカというイメージが僕の中にできてしまいました。

レクティは、実は自分に自信がないというだけで、自信を持つことができれば相当な実力者になるのではないかというイメージをしました。

リコは、自分のことを女神だのと言っているけど、実は相当すごい人間なのではないか。努力をしたらすぐにでも頭角を現すのではないかと思ってしまいましたね。

つまり、何というか・・・実はそこまで落ちこぼれている娘たちじゃないのではないかと僕は思いました。

まあ、他の小隊と比べたわけではないのですけど、カナタの口振りからもそう伺えますし。

うんうん。この作品はなかなかに面白いですね。

ではでは、今回はこの辺にしておきます♪
posted by ちょっとオタクなプー at 12:19| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする