2015年07月18日

ヤングガンガン 15の感想

今日は久々に、ヤングガンガンの感想を書こうと思います♪

単行本派の方は、読まないほうが良いかもしれませんね。色々と知り過ぎてしまうと思いますので。

ではでは早速。

まずは、極楽院櫻子先生作の『セキレイ』から。

長く続いた戦いも終わり、セキレイと葦牙は、自分たちの道を歩み始めています。

今回の話で、懲罰部隊(鴉羽はいない)が、紛争地域にいることがわかりました。なぜそんなところに居るのかというと、葦牙である夏朗の大事な人が海外で亡くなっているため、その手がかりを探しに来ている・・・というわけです。

ただ、どうやら話の流れでは、有給を使って、また、セキレイも私的に連れてきている感じですね。

そして今回、先ほど『懲罰部隊(鴉羽はいない)』と書きましたが、鴉羽はまだ目覚めていません。戦いが終わり、結が嵩天の力でセキレイたちを復活させたのですが、鴉羽はどうやらそれに抗っているようで、まだ目覚めていないようです。

それと、今回の話で『一羽と一人』が目覚めていないと書かれていました。

一羽は先ほど説明した鴉羽で、もう一人は、『Dr.ASAMA』と書かれていて、おまけに、話の流れからも、浅間健人だということがわかります。

これからどうなるのでしょう。僕はそろそろ終わってしまうのではないかと思っていたのですが、あと半年は続きそうですね。

ああ、セキレイだけで文章がかなり長くなりました(笑)

次は、栗井茶先生作の『プラスチック姉さん』

今回は、THE高校という姉さんたちも通う高校の七不思議のお話。

ちょっと怖い話なのに、栗井先生が描くと面白い話になってしまうのが不思議ですね。

七不思議の三不思議を潰したおばちゃん、最強です(笑)

次は、金田一蓮十郎先生作の『ゆうべはお楽しみでしたね』です。

今回は何と、男友達はいるけど、女友達はいないというパウダーことパウさんが、なななななんと!!女友達とパンケーキを食べに行ったのです。

その女友達は、一緒に住んでいるゴローさんなのですけどね。

だけど、ゴローさんから友達だと認められているって、結構嬉しいですよね。

パンケーキ・・・僕も食べに行きたいな。

次は、原作:たかしげ宙先生、作画:DOUBLE-S先生が作る『死がふたりを分かつまで』という作品です。

この作品は、最初から読んでいるわけではないので、あまり詳しくはわからないのですが、どうやら色々な人間が行動を開始し始めているみたいですね。

今後どうなるのやら。単行本を買って内容を詳しく知りたいくらいです。

護は確かに最強の男なのに、ザシド・トゥルスと道連れ覚悟で戦い、結果、破れる。ただ、遥の予知により、確実に護が死んでしうまうことがわかったから、遥が止めに入ったことが原因で負けたのです。だけど、もし、遥が介入していなければ、ザシド・トゥルスも道連れにできた感じなのですよね。何とも悔しいですよね。

今後、護たちと遥の部隊が合流するのでしょうね。その後、ザシドにまた挑むのでしょうね。ああ、楽しみ楽しみ♪

今回は長くなったため、この辺で終わりにしておきます。ではでは♪
posted by ちょっとオタクなプー at 20:29| Comment(0) | 漫画雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テイルズオブシリーズのOPを久々に見たら。

みなさんこんばんは。

さっき久々にYouTubeで、テイルズオブシリーズのOPを見たのですけど、何だかゲームをやってきた時の感覚が戻ってきて、無性にやりたくなってきましたよ。

ああ、PS Vitaでヴェスペリアとか、シンフォニアとか、アビスとか、出てこないかなー。

実はPS Vitaしかゲーム機は持っていないのですよね。

ゲーム機を買えばいいのかもしれないのですけど、今さらって感じがして・・・( ゚Д゚)

そもそも、僕が今日、テイルズオブシリーズのOPを見始めたきっかけが、misonoさんの『二人三脚』という曲が聴きたくなったためです。

この曲は昔から大好きなのですよね。テイルズオブシンフォニア ラタトスクの騎士のOP曲でしたから。

おまけにmisonoさんは、day after tomorrowの時から好きだったので、世間からmisonoさんは嫌われているのかもしれませんが、僕は今でも好きなままなんです。

そして本当に今さらなのですけど、二人三脚をカラオケで歌いたくなってきまして、フルバージョンの曲が欲しくなりました。

Amazonとかで安く手に入るのでしょうか。それとも、スマホでその一曲だけをダウンロードするか。

いま調べてみたのですが、あまり安くはなっていませんでした( ゚Д゚)

う〜。どうしよう。どうしよう。

ダウンロードでも良いかなー。

それと、今日は久しぶりにmisonoさんの公式ホームページを見たのですけど、前々から話題になっていた、アルバムが1万枚売れなかった場合、misonoさんがCDをもう発売することができないということ。

どうやら、5000枚は越えたみたいなのですけど、それからあまり売れていないみたいですね。

何だか・・・何だか・・・う〜ん。

正直に言ってしまえば、二人三脚が入っていれば、今すぐ買っていたのですけどね。どうやらその前のミニアルバムに入れていたみたいで、今回は入ってませんでした。

misonoさんは好きは好きなんですけど、う〜ん。

悩みます。助けたいという気持ちが出てきています。

ではでは、今回はこの辺で。
posted by ちょっとオタクなプー at 17:22| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がっこうぐらし!第二話を見た感想♪

みなさんこんにちは。今日はゾンビな気分ですね!!ではでは早速、がっこうぐらし!第二話『おもいで』の感想を書こうと思います。

この作品、明るい作品なのか、暗い作品なのか、よくわからない独特な雰囲気を持った作品ですよね。

第一話を見たとき、「え?」って思いましたよ。恐らく、この作品を知らない方ならみなさんそう思ったのではないでしょうか。

どうして由紀だけ制服が違うのか、どうしてゾンビがいるのか・・・わからないことだらけで、この作品のことを考えると、なんだか不思議な気持ちになってきますよ。

そして、第二話で思ったことがあります。

めぐねえこと、佐倉慈って・・・幽霊?

なんだか由紀以外のみんなの先生に対する反応が違いますよね。

え?ちょっと・・・とても怖いのですけど。

そして、今回なんで慈が一人だけでバリケードの外で待っていたのか。そこも、かなり気になります。

というか慈って、由紀だけに見えているのでしょうか。

第一話でクラスメイトが出てきましたけど、それはどうやら由紀の幻覚だったみたいだし。

いや、そもそもの話、くるみ、りーさん、みーくんってちゃんと生きてるの?それとも、ゆきが生きてないの?

えええええ???

わからない。わからない。わからない。謎が多すぎる。

だから、何だか面白いですね。

ああ、次回がとても気になる。原作を買いたくなってしまう。

ではでは、今回はこの辺にしておきましょう。ぱっとしない記事を書いてしまい、申し訳ないです(笑)
posted by ちょっとオタクなプー at 14:04| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

そのうち紹介するかもしれない作品をとりあえず。

みなさんこんばんは。みなさんの住んでいるところでは、台風はどうでしたか。こちらは少し面倒でした。

ではでは、今回はタイトル通り、そのうち紹介するかもしれない作品をとりあえず書こうと思います。

実は、ブログを更新していなかった期間にも結構マンガやライトノベルを読んでいたのですよね。

今日はその一部を後にブログで書くかもしれないので、書いておこう。という趣旨の記事です。こうでもしないと、面倒くさがりな僕はなかなか書き始めませんからね( ゚Д゚)

まずは、テレビアニメ化が決定している『ワンパンマン』という作品。

実は、この作品はアイシールド21を描いた先生でもある村田雄介先生が作画を担当した作品なのですよ。

強くなり過ぎた主人公であるサイタマが、敵を一発のパンチのみで倒してしまうというお話です(笑)

次は、精神科医でもあるゆうきゆう先生が原作を担当した『マンガで分かる心療内科』という作品。

主人公のメガネを掛けた彼・・・名前を忘れました(笑)は、心理士という設定です。そしてなぜ名前を忘れてしまったのか・・・それは、毎回毎回、話が始まる度に自己紹介のコマがあるのですが、ヒロインである官越あすななどに毎回邪魔をされてしまうため、原作を全て持っている僕でも忘れてしまったというわけです(笑)

この作品は本当に心のことについて色々なことがわかるので、勉強になりますよ。

実は僕も心理学については少しかじっているので、知らなかったことを知られるので、単行本が出ることを毎回楽しみにしているんです。

次は、アニメ化もされた『ヤマノススメ』ですかね。

もちろん、全巻持っていますよ。そして、アンソロジーコミックも実は持っていたり。

この作品の説明を一応しますと、女の子たちが山を登っていくというお話です。

みんな可愛くて良い娘たちばかりですよ♪

その他には、昔から買っている『セキレイ』や、『バガボンド』や、ライトノベルだと『なれる!SE』や、『きんいろカルテット』や、『アオイハルノスベテ』や、テイルズシリーズなど、たくさんあります。

中には一度紹介した作品もあるかもしれませんが、記憶にないので(笑)

ではでは、今回はこの辺にしておきましょう。
posted by ちょっとオタクなプー at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

絶対に・・・。第三話

提案を受けた美香は、驚くほどあっさりと承諾した。僕としては、少々迷ってほしいという気持ちもなくはなかったが、何よりも時間が惜しい。

美香と僕は、正面を向いて、輪を作るような感じで両手を繋いだ。そして、僕の魔力が美香へと流れていく。

「俺、美香と一緒に修行した日々はとても楽しかった。もう、会えないかもしれないけど、元気でな。俺もこの世界で元気に暮らすから。」

僕の魔力のほとんどは美香へと渡り、魔力を失った僕は、立っていることができなくなり、その場に座り込んでしまった。

そして・・・美香は言った。

「うん。地球に戻っても元気にやりなよ。実は私、涼太のことが好きだったんだー。気づかなかったでしょー。」

え?

僕は聞き間違えたのだろうか。それとも美香が言い間違えたのだろうか。もう一度聞き返そうとしたとき、美香は魔法を使い始めていた。

「美香!待て!その魔法は違うだろ!!」

「うんん。これで合ってるよ。涼太は地球に戻って、みんなと仲良くやりなよ。私には、悟さんと涼太しか大切な人がいないもの。涼太は家族も友達も、たくさん大切な人がいるよね。私が向こうに戻るよりも、涼太が戻った方が絶対に良いって!!だから、ここでお別れ。バイバイ、涼太。」

美香の魔法が僕の周りに結界を作っていく。そして、僕は浮かび上がり、そして扉の方へと移動していく。

「馬鹿!!なにやってるんだよお前!!なんで俺がお前を残して帰らないといけねーんだよ!!だったら俺もここに残るから、早く魔法を解け!!」

「うんん。そのお願いは聞けない。」

「馬鹿・・・お前・・・お前・・・。」

美香はこう見えて、とても頑固な性格なため、一度言ったことを取り消すことがなかなかない。そして、このままだと確実に僕は地球へと戻ることになる。だから・・・

「わかった。俺が絶対に絶対にお前を連れ戻しにここにまた来るから!!それまで絶対に死ぬんじゃねーぞ!!約束だ!!それまでサヨナラだ。わかったな、美香。」

「うん。バイバイ・・・涼太。大好きです。」

僕の身にまとった結界が扉の結界と溶け合い、そして気づいたときには、見覚えのある場所に僕はいた。そこは、悟さんから修行として言い渡された洞窟の中だった。

もう一度、扉に触れてみるが何も起こらない。

「馬鹿・・・美香・・・。」

そこから、フラフラになりながらも洞窟から出ることができ、そして、洞窟の入り口には悟さんがいた。

その後、散々怒られたが、僕は真剣にその説教を受けた。そして告げた。

「俺、これから本気で修行に取り組みます。そして、絶対に美香を連れ戻してきます。よろしくお願いします。師匠。」

そこから、僕の厳しい修行が始まった。

・・・続く。

第一話へ移動。

第二話へ移動。

第四話へ移動。
posted by ちょっとオタクなプー at 19:34| Comment(0) | 自作小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする