2014年11月05日

ブラック・ブレット 5巻感想

みなさんこんばんは。

今回は、ブラック・ブレットの5巻を読み終えた感想を書こうと思います。

5巻を一言で表すならば・・・『切ない』ですね。

蓮太郎は5巻では色々な意味でとても可哀想です。

あまり書くとネタバレになってしまうのですけど、とにかく新キャラがとてつもなく手強いです。

そして今回は、延珠とティナの出番はあまりありません。

その代わり、他のイニシエーターが活躍をします。どういう娘なのかは読んでからのお楽しみですけどね。

それから今回の話は、5巻だけでは完結しませんでした。6巻まで続いています。

今回はとても切ないけど、蓮太郎を応援してくれる人が少なからずいることに、僕も勇気をもらいましたね。

ではでは、今回はこの辺で。
posted by ちょっとオタクなプー at 20:56| Comment(0) | ライトノベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする